自信がない自分の性格を根本から改善させる3つのステップ

 

信がない自分の性格は一刻も早く手放してください。自信がない性格というのは、生きていく上でマイナスにしかなりません。

 

あなたは、今まで自分に自信をつけようと、様々なメソッドを試してきたかも知れません。そんなあなたに問わせて下さい。

 

「自信がない自分の性格は克服できましたか?」

 

もしも答えがNOであるならば、今すぐこの記事を最後まで読んで下さい。実はちまたに溢れている「自信をつける方法」には決定的な部分が欠けていたんです・・・

 

自信がない自分の性格がマイナスにしなからない3つの理由

 

 

自信がない自分の性格をかかえていると、生きていく上でマイナスにしかなりません。人生は様々な分野が複雑に絡み合って出来ています。例えば、仕事、人間関係、家庭、恋愛、趣味、などなどです。

 

自信がない自分の性格をかかえていると、その全てが上手くいきません。あなたはもしかしたら十分承知しているかも知れません。ですが、現状把握が最も大切なので、それをまず一番に確認させて下さい。

 

自信がない自分の性格はなぜダメか➀自分を表現出来ない

 

自信がない自分の性格をかかえていると、自分を表現することが出来ません。それは、恋愛においても仕事においても、あなたが学生だどすると進路を決めるにしろそうです。もしもあなたが脱サラを本気で目指しているなら、自信がない自分の性格は必ず克服しなければなりません。

 

自分を表現できないという事は、他人の言いなりという事です。ですが、あなたの人生はあなたのものです。誰かのものではありません。

 

それを、進路は親に決められる。就職は学校の先生や友人に勧められた会社。仕事は同僚や上司の言いなり。これではあなたは自分の人生を生きることが出来ません。

 

自信がない自分の性格はなぜダメか➁新しい事にチャレンジできない

 

自信がない自分の性格をかかえていると、新しい事にチャレンジすることが出来ません。すべてはチャレンジから始まります。恋愛にしろ、仕事にしろ、ビジネスにしろ、趣味にしろそうです。

 

うまくいくかいかないか、自分に向いてるか向いてないかは、チャレンジの後に初めてわかる事なんです。ですが、自信がないと初めの一歩であるチャレンジにすら踏み切ることが出来無いんです。

 

それではせっかくの一度きりの人生をただ無駄に時間を消費しているに等しい行為です。また、成功者というのはチャレンジの量が桁外れです。すなわち、うまく良くいかないは別にして、チャレンジの量と人生の成功度は比例するという事です。これは数字で出ている法則です。

 

自信がない自分の性格はなぜダメか➂人間関係が築けない

 

自信がない自分の性格をかかえていると、人間関係を築くことが出来ません。なぜなら、人間関係は主張し合うところから始まるからです。そこから始めて合う合わないがわかっったり、付き合い方の調整が始まるんです。

 

ですが、自信がない人はそもそも主張が出来ません。人間関係のスタートにすら立てないという事です。もしもあなたが男性だとすると、主張がない男性を好きになる女性はまずいません。すなわち、自信がないと恋愛にも発展しにくいという事です。

 

ほとんどの人が知らない自分の自信がない性格の根本原因とは!?

 

では、自信がない自分の性格が形成されてしまった根本原因は一体何だと思いますか?この根本の原因を追究することなくして、本当の自信を築くことは金輪際出来ません。

 

自信をつける方法として、「小さな思考体験を踏む」「外見を変える」「1つの事を継続する」などいろいろとあります。ですが、自分の自信がない性格の根本原因を解決せずにこれらに取り組んでも、苦しいだけで効果は見込めないんです。

 

逆に、自信がない自分の性格の根本原因さえ解決できてしまえば、あえてちまたに溢れる「自信をつけるメソッド」とかに取り組まなくても、自然に自信はついてしまうんです。つまり、自信がない根本さえ解決できれば、一切努力をしなくても自動的に自信はついてしまうという事です。

 

では、その根本原因とは何なのか?答えを言いたいと思います。それは、

 

「自己評価の低さ」

 

です。自信がない人というのは、根本的に自分は価値がない人間だと思っているんです。自己評価が低いまま、いろいろな自信をつけるメソッドに取り組んでも、待っているのは苦痛だけです。

 

自己評価というのは、自己愛が高まった時に自然についてくるものです。つまり、根本から自分の性格に自信をつけるには、自己愛を高める必要があるんです。

 

僕の友人は、「ある手法」で自己愛を高めることに成功し、驚くほど人生が激変しました。根本から自分に自信がついたことにより、初めて彼女を作ることに成功しました。ファッションも明るくなり、いろいろな人と交流するようにもなり、何より笑顔が増え、今までの何倍も人生を謳歌できるようになりました。

 

では、どうすれば根本から自信をつける最大のポイントである、自己愛を高めることが出来るのか?ステップバイステップで書いていきたいと思います。

 

根本から自信をつける3つのステップ

 

自信がない自分の性格を克服するために、自己愛を深め自己評価を高めていく具体的な方法は、下記の3ステップによりなされます。

 

ステップ1:過去を再確認し自分の性格の成り立ちを把握する

ステップ2:自信のなさが刻まれてしまったポイントを把握する

ステップ3:そのポイントを癒す

 

ステップ1:過去を再確認し自分の性格の成り立ちを把握する

 

>>「矛盾する自分の性格の不思議を解き明かせば120倍生きるのが楽になる」

 

ステップ1では、上記の記事を読み自分の性格の成り立ちを把握して下さい。性格は下記4つのファクターにより形成されます。

 

➀遺伝

➁育った環境

➂本人の努力

➃偶然の出来事

 

すなわち、あなたの自信がない自分の性格は、これら4つのファクターのいずれか、あるいは、複合で形成されているという事です。ですが、「➀遺伝と➂本人の努力」は除外されます。

 

生まれつき自信がない人は存在しませんし、努力が自信のなさに繋がるという事もあり得ないからです。

 

すなわち、あなたの自信がない自分の性格が形成された原因は、「➁育った環境➃偶然の出来事」のどっちかもしくは両方です。

 

その事実を把握するためにも、上記の記事をしっかりと読み、性格の成り立ちというものを把握して下さい。

 

ステップ2:自信のなさが刻まれてしまったポイントを把握する

 

ステップ2では、自信がない自分の性格が作られてしまった核を見つけて下さい。あなたは、育った環境が悪かったか、もしくは偶然不幸な出来事が起こったかして、自信のない自分の性格が形成されてしまったんです。

 

自分に自信がないのは、あなたのせいではありません。環境か、運が悪かったんです。これは事実ですので、しっかりと見つめなければなりません。

 

性格の形成には、家庭環境が大きな影響を与えます。つまり、あなたの性格は両親の教育により大部分が作られるという事です。自信のない性格は、両親により形成されることが極めて多いのです。

 

心のチキンスープという本に、子供の性格の形成にいかに両親の教育が影響を与えるかという事が書かれていますので、抜粋したいと思います。

 

子どもは、批判されて育つと、人を責めることを学ぶ。

子どもは、憎しみの中で育つと、人と争うことを学ぶ。

子どもは、恐怖の中で育つと、オドオドした小心者になる。

子どもは、憐れみを受けて育つと、自分を可哀想だと思うようになる。

子どもは、馬鹿にされて育つと、自分を表現できなくなる。

子どもは、嫉妬の中で育つと、人をねたむようになる。

子どもは、ひけめを感じながら育つと、罪悪感を持つようになる。

子どもは、辛抱強さを見て育つと、耐えることを学ぶ。

子どもは、正直さと公平さを見て育つと、真実と正義を学ぶ。

子どもは、励まされて育つと、自信を持つようになる。

子どもは、ほめられて育つと、人に感謝するようになる。

子どもは、存在を認められて育つと、自分が好きになる。

子どもは、努力を認められて育つと、目標を持つようになる。

子どもは、皆で分けあうのを見て育つと、人に分け与えるようになる。

子どもは、静かな落ち着きの中で育つと、平和な心を持つようになる。

子どもは、安心感を与えられて育つと、自分や人を信じるようになる。

子どもは、親しみに満ちた雰囲気の中で育つと、生きることは楽しいことだと知る。

子どもは、まわりから受け入れられて育つと、世界中が愛であふれていることを知る。

                       「こころのチキンスープ」より抜粋

 

つまり、あなたの自信がない自分の性格が作られてしまったのは、両親からバカにされたり、恐怖を植え付けられたり、強く非難されたり、人と比べられたりしてきたことが原因である可能性が極めて高いんです。

 

もう一度言いますが、あなたのせいではありません。

 

あるいは、両親などの環境に原因がないとすると、偶然の出来事が原因である可能性もあります。偶然の出来事というのは、学校でいじめられ続けてきたとか、失敗が重なったとかです。

 

ステップ2では、自信がない自分の性格が作られてしまった原因は一体何だったのか?を、しっかりと勇気をもって見つめて下さい。

 

ステップ3:そのポイントを癒す

 

ステップ3では、いよいよ自信がない自分の性格が形成されてしまった根本原因を取りのぞく段階です。これが出来れば、自然と自己愛を高めることができ、自己評価も同時に高めていくことが出来ます。

 

その方法は大きく分けて二種類のやり方があります。それは、「➀自力でやるか➁他力でやるか」です。下記の記事にそのやり方も紹介してますので、ぜひ参照して下さい。

 

>>「自分の性格の歪みを根絶させる方法」

 

特に重要な事ですが、自己愛は、自分の力だけで高めることは出来ません。なぜなら、自己愛の高さというのは、自分が幼少期どれだけ周りから愛されてきたか?で決まってしまうからです。

 

では、大人になった今自己愛を高める方法は存在しないのかというと、そんなことはありません。心や感情というものは時空を超えるものです。なので、大人になった今でも、精神のみを過去に逆行させ、両親から本来貰うべきだった愛情をもらう事というのは可能なんです。

 

そのお手伝いをしてくれるのが、セラピストやカウンセラーなので、セラピストやカウンセラーのお世話になるというのも、いいでしょう。

 

自信がつくとどのような性格に生まれ変わることが出来るか?

 

上記3つのステップを踏み、自信がない根本原因を癒すことに成功したらどんな未来が待ってるかという事を少し書いていきたいと思います。一言で言うと、人生が自分でもびっくりするくらい好転していきます。

 

何故かというと、下記のようなことが当たり前に何の努力もなしに出来るようになるからです。

 

➀何にでも感謝できる

 

自分に自信がついてくると、当たり前の様に感謝が出来るようになります。経営コンサルタントの巨匠である故船井幸雄氏は、人生を好転させるコツを1つだけ上げるとするとそれは感謝だと、言い切っています。

 

感謝はいい人をどんどん惹きつけます。感謝をすると、あなたをうまくいかせるのに必要な人がどんどん集まってきます。結果的に当然のごとく人生がうまくいくと言う訳です。

 

➁全ての人と対等に付き合うことが出来る

 

自分に自信がつくと、全ての人と対等に付き合う事が出来るようになります。自分に自信がないとすでに書いた通り、変にへりくだったり、自分より下の人達には逆に極端に上から目線になったりします。

 

そんな人間を好きになる人はいません。自信がついて初めてフラットで良好な人間関係が築けるようになるんです。

 

➂何にでもチャレンジできる

 

自分に自信がつくと、チャレンジを踏みとどまるという事をしなくなります。チャレンジの量が成功確立に比例することはすでに書きました。

 

自分に自信がつくと失敗を恐れなくなるんです。そもそも「失敗」という概念自体、自分自身で作り出した妄想に過ぎないのですから。

 

まとめ

 

今回は、「自信がない自分の性格を根本から改善させる3つのステップ」という事で、自信がない自分の性格を根本から改善させる方法を紹介しました。

 

特に、あまり触れられることのない、自分に自信がない根本原因である、自己評価の低さを改善する根本の方法を紹介しました。

 

ここさえ解決できれば、金輪際自信のなさに悩むことはなくなります。そして、どんな人間でも自信のなさは克服できます。つまり、どんな人間でも自己評価や自己愛を高めていくことは可能なんです。

 

ぜひ今すぐ取り組んで下さい、最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

スポンサードリンク