自分の性格に二面性のある人のあまり知られていない才能発掘法

 

記事は、「自分の性格に二面性のある人のあまり知られていない才能発掘法」という事で、性格の二面性について書いて生きたおと思います。

 

あなたは、二面性のある自分の性格に悩んでいないでしょうか?安心して下さい。そんな二面性のある自分の才能をとびっきり魅力たっぷりにしていく方法が存在しているんです。

 

自分の性格に二面性を持つ人の知られざる悩み

 

 

性格に二面性を持っている人は、あまり知られていない様々な悩みを抱えています。性格に二面性がある人は、周りの人達からは「とてもいい人」に見られているケースが多いので、その悩みには気付かれにくいんです。

 

八方美人に見られやすい

 

自分の性格に二面性のある方は、対人関係においては物腰柔らかで柔軟な対応が出来る方が多いです。ですが、非の打ち所がないほどにあまりにも完璧すぎてしまうために、八方美人に見られたり、その完璧さが逆に不自然にみられてしまう事が多くあります。

 

本当の自分をさらけ出せない

 

自分の性格に二面性を持つ人というのは、対人関係においての顔を完璧に使い分けます。ですが、それは他人に素の自分をさらけ出せないという事でもあります。それ故に自分の性格に二面性を持つ方は、あまり人に知られていない孤独感というものをかかえています。

 

本性を見られるのではないかといつもビクビクしている

 

自分の性格に二面性を持つ方というのは、ふとした拍子に外に見せている顔の内側にある本当の顔を他人に見られるのではないか?とビクビクしています。それ故に気の休まる暇があまりなく、気疲れしてしまいやすいんです。

 

自分の性格に二面性を持つ人がふんだんに才能を発揮する方法

 

それでは、そんな自分の性格に二面性を持つ人がどうやったら、独自の才能を発揮していけるのか?をかいていきたいのですが、その前に、性格の二面性について書いていきたいと思います。

 

二面性をもつ性格とは?

 

二面性とは、相反する2つの性質の事です。つまり、自分の性格に二面性を持つ人というのは、自分という1つのパーソナリティーの中に、相反する2つの性質を持っている人の事です。

 

例を出すと分かりやすいと思うので、例を出して説明していこうと思います。僕の親しくしている友人がいます。彼の名前を仮にAとしましょう。

 

Aには2歳年下の妹がいます。Aの妹を仮にB子としておきます。僕とAとB子の3人で遊ぶことがたまにあるのですが、B子はこれでもかという位良く出来た妹なんです。

 

具体的には、人当たりが良く物腰柔らかで、礼儀正しく笑顔も良く、「きっと誰からでも好かれるんだろうな」と思っていました。ですが、ある日Aから聞かされた話によると、それは外に対して使い分けている顔であって、家庭でのB子は性格が180度違うのだそうです。

 

とにかくワガママで聞き分けが悪く、それが母親に対して特にひどいのだそうです。「まさかあのB子が!?」と、かなりビックリしたのを覚えています。

 

二面性がある性格とは、こういう事なんです。性格に二面性を持つ人は、普段さらけ出している顔と全く別の顔を特別な場所で発揮してるんです。その別の顔は普段付き合いのある人たちからは見えないため、だれもそんな顔がある事に気付かないんです。

 

性格の二面性は誰もがもつ性質

 

この二面性、実は誰もが持っています。当たり前ですが、誰だって家庭での顔と、職場での顔と、学生時代の同級生と遊んでいる時の顔は、違った顔ですよね。

 

心理学的には、この様に環境によって使い分ける顔の事をペルソナといいます。すなわち、二面性は誰もが持つ人間の当たり前の性質なんです。

 

じゃあ、二面性があるって言われる人は普通の人と何が違うかというと、その使い分けが極めて極端なんです。

 

ですが、それ故に性格に二面性があると言われる人は、他の人には出来ない芸当ができます。それは才能とも呼べるものですが、その才能発揮の方法を書いていきたいと思います。

 

自分の性格の二面性を最大限の才能に変える方法

 

長所と短所は一枚のコインの様に表裏一体であるという、不変の法則を使う事により、自分の性格に二面性を持つ方の才能はふんだんに発揮されていきます。

 

一枚のコインは表が見えている時には裏は決して見えず、裏が見えている時には表は決して見えません。長所と短所も一枚のコインの裏表なので、全く同じことが言えるんです。

 

すなわち、性格の長所がふんだんに発揮されている時というのは、短所は長所の影になって隠れています。逆に、性格の短所が前面に現れている時というのは、長所が短所の影になってしまい隠れてしまうんです。

 

なので、自分の性格に二面性を持つ方が、ふんだんに才能を発揮していく方法は、その二面性の長所を前面に出していくしかありません。

 

その詳しいやり方に関しては、下記の記事に書いてありあますので、ぜひ参照して下さい!⇒

 

「自分の性格の短所を一瞬にして最強の武器に変えてしまうテクニック」

 

さらに深い内容は下記の記事に詳細に書きました!!ぜひ参照して下さい⇒

 

「自分の性格を直したい方へ【ありのままの性格で大多数の人から好かれてしまう不思議なメソッド】」

 

自分の性格に二面性をもつ人の才能とは!?

 

それでは、自分の性格に二面性をもつ人がその長所をふんだんに発揮したら、どんな才能になるか書いていきたいと思います。

 

世渡りが上手い

 

自分の性格に二面性をもつ人は、人に対するペルソナの使い分けが上手すぎるほど上手いので、世渡りがとても上手です。

 

職場の誰もから嫌わるるような癖のある上司すら、手のひらの上で転がすかのごとく、柔軟に扱えるでしょう(笑)また、性格に二面性を持つ方は、ノリのいい方も多いので、異性からも好かれやすいでしょう。

 

頭の回転が速く仕事が出来る

 

自分の性格に二面性を持つかたは、頭の回転が速く器用な方がとても多いです。そもそも器用で頭の回転が速くないと、上手に人によって対応を使い分けることが出来ないからです。

 

その器用さと頭の回転の速さを仕事で発揮していけば、他の人にはまねできない様な優れた仕事のこなし方が出来るでしょう。

 

いろいろな人の気持ちが分かる

 

性格に二面性があるという事は、様々なタイプの人達と柔軟に付き合っていくことが出来るという事でもあります。つまり、いろいろな人の気持ちがわかるという事でもあります。

 

また、様々な人たちの意見をまとめて1つにしていく事も出来るでしょう。

 

性格に二面性を持つ人が必ずしなければならない事

 

ここでは、自分の性格に二面性を持つ方が、よりこの現実を生きやすくするためにすべきことを書きていきたいと思います。それは、たった一つだけです。

 

何かと言うと、自分の理解者を作るという事です。自分の性格に二面性を持つ方は、人により様々な顔を使い分けるので、孤独になりやすいんです。時にはその孤独に押しつぶされてしまう事もあるでしょう。

 

なので、自分の表の顔も裏の顔もすべてひっくるめてありのままの自分自身を受け止めてくれる、真の理解者を作ることをぜひおすすめします。

 

すでにいる方はいいですが、自分の性格に二面性があるけれど、その二面性を知る人間は自分以外に1人もいないという方は、あなたのありのまま全てをさらけ出せる人をぜひ探してください。

 

家族だろうと、恋人だろうと、親友だろうとOKです。そういう人がいるのといないのとでは、あなたにかかる負担は天と地ほども違ってくることになり、ひいては、自分の性能を最大限発揮し、現実をよりよく生きていくことにもつながります。

 

まとめ

 

今回は、「自分の性格に二面性のある人のあまり知られていない才能発掘法」という事で、性格に二面性がある方の知られざる悩みや、その解決法、そして、その悩みを才能に仕立て上げる方法について書いてきました。

 

自分の性格には二面性があると自覚している方も、自分の身の回りに二面性の性格を持つ方がいる場合も、参考にして頂ければと思います。

 

自分の性格をこれ以上ないほどに魅力たっぷりに一言で表す方法は、下記の記事に書いてあります。ぜひ参照して下さい!!⇒

 

「自分の性格を一言で言うコツ(例文付き)【悪用厳禁!!コピーの禁断テクを使用したメソッド」

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!!

 

スポンサードリンク