目標達成のための神社参拝!認知度0.1%の神社の秘密について

 

標達成の神社参拝には秘密があります。日本人でいままで一度も神社に行ったことがないという人はいないでしょう。にもかかわらず、正しい神社参拝の方法を知っている方は、0.1%にも満たないかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

ただ神社で祈るだけでも効果はありますが、神社参拝はレバレッジをきかすことが出来ます。すなわち、神社参拝の効果を100倍、1000倍、10000倍に増やすことが可能なんです。

 

神社とは何か?

 

宇田川です!

 

今回は、目標達成のための神社参拝で、最低限知っておかなければならない知識を紹介していきたいと思います。この知識があるかないかだけで、効果に雲泥の差が現れてしまいます。

 

すなわち、神社参拝のやり方1つで、目標達成できるかどうかが変わってしまうという事もあるという事です。神社参拝のテーマは僕が最もパッションがるある分野の1つです。

 

なぜ、そもそも僕が認知度0.1%の神社の秘密を知っているかというと、日本神霊研究の草分けである桑原啓善氏に5年以上にわたって直に教えをこうて来たからです。

 

日本神霊研究の半分が実は、古神道です。そして神社も古神道です。つまり、桑原氏に5年以上常人が知り得ることのない神社や神の秘密について聞いてきたのです。

 

そもそも神社とは、神の社と書くとおり、神様を祀っているところです。これを知らない限り目標達成の神社参拝も何もありません。

 

つまり、神様の家が神社であり、神社には神様がいるという事です。「そんなの当たり前だろ?」と思われるかもしれませんが、そう思う方に、「じゃあ、祀られている神様の名前は何ですか?」と聞くと、ほとんどの人が答えられないでしょう。

 

「神社には神様がいる」そんなことは当たり前だと思われるでしょうが、そこにリアリティを持っている方というのは、実はほとんどいないでしょう。そして、そこにリアリティをもってはじめて神社参拝が意味のあるものになってくるんです。

 

神は果たして存在するのか?

 

 

目標達成の神社参拝で効果が表れるパターンは2つです。

 

1.当たり前の様に神がいると信じて参拝する場合

2.その目標達成に恐ろしいまでのパッションがあり、本気で祈った場合

 

2のパターンは最後まで読んで頂ければその意味が分かるでしょう。問題は、1のパターンです。神がいると思って参拝するのと、神を信じてない人が参拝するのとでは、大きすぎる違いが生じてきます。

 

つまり、目標達成の神社参拝を掘り下げていくと、必ず「神はいるのかいないのか?」という問題にぶち当たるんです。もしも神がいないとすると、神社はタダのハリボテに過ぎません。

 

神社に神がいないのであれば、神社参拝も全く意味がないという事になります。交番に警察官がいないのと一緒なわけです。それも、一か所の交番だけじゃなくて、全国すべての交番に警察官がいないのと一緒という事です。

 

もしも交番に警察官がいないのであれば、誰も交番に行かなくなるでしょう。神が存在しないのに神社参拝するというのは、警察官のいない交番に熱心に通い続けるようなものです。

 

神社の歴史ははっきりとわかっていません。つまり、それだけ古いという事です。少なくとも、縄文の時代からその様な文化があったと言われています。

 

もしも神が存在しないというと、日本人は縄文時代から今の今まで全く意味のない事をし続けていることになります。そんな無駄な事があるでしょうか?

 

結論から言うと、神は存在するんです。戦後GHQが入ってきて日本の文化はすっかり変えられてしまいましたが、日本という国は世界でも類を見ない程、神や仏に近い民族なんです。

 

神の存在は証明できるか?

 

「神が存在する」と言っても、人間の5感では感知できないので、その存在を証明するのは困難です。しかし、不思議な事に世界各国のどの民族だろうと、信仰心というものを持っています。

 

それも数千年前から持ち続けています。この信仰心はどこからやってくるのでしょうか?また、人によって信仰の度合いも様々です。

 

熱心な〇〇信者という方もいれば、宗教なんて一切興味が無い方もいます。ちなみに僕は無宗教ですが、神の存在は信じています。というよりも、神はいると断言できます。

 

例えば、電波というものを人間は感知することは出来ませんが、確かに存在しているから、スマホが使える訳です。この様に、エネルギーとして神は存在しているという訳です。

 

よく九死に一生を得た人は神仏の存在を信じるようになると言いますが、神の存在を認識するには経験しかありません。では、神の存在を信じていない人が目標達成の祈願で神社に行っても効果がないかというと、そんなこともありません。

 

神を信じている人の方が高い効果が得られるのは事実ですが、神社参拝を意味あるものにするには法則が存在します。その法則をこれから書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

神社参拝の法則1:祀られている神を調べてから参拝する

 

目標達成の神社参拝の法則の1つ目は、「祀られている神を調べてから参拝する」です。実は、全国の神社全てに同じ神様が祀られている訳ではないんです。

 

例えば、有名な伊勢神宮でしたら、天照大御神。出雲大社でしたら、大国主神、〇〇八幡宮とつく神社でしたら、八幡神など、神社によって祀られている神さまが違うんです。

 

目標達成の神社参拝をする際は、最低限その神社に祀られている神様を調べてからいく様にして下さい。例えば、骨折した時に脳神経外科に行く人はいないでしょう。

 

医者には専門分野がそれぞれあります。そしてそれは神社においても全く一緒なんです。ネットで調べれば、神社に祀られている神様のストーリーを知ることができます。

 

そのストーリーをしり、その神様がどんなことをした神なのか知ることにより、逆に、自分が達成したい目標に合わせて神様を選びその神様が祀られている神社に参拝に行くといった、当たり前のことも出来るようになります。

 

受験勉強で数学の問題がわからない時に、数学の先生に聞きに行くのと同じ事です。

 

神社参拝の法則2:自分のために祈らない

 

目標達成の神社参拝の法則の2つ目は「自分のために祈らない」です。例えば、神社で「〇〇がムカつくから病気にさして下さい」なんて祈る人はいないでしょう。

 

これは不思議な事ですが、人間のDNAに神のヤバさが刻まれているからかも知れません。祈りというのは諸刃の剣です。良い祈りであれ、悪い祈りであれ、直に影響を及ぼします。

 

悪い祈りというのは、すでに書いた通り、「〇〇を病気にしろ」とか、恨みとか呪いの念です。そのような感情を祈りとして発していると、その祈りは悪魔に通じます。

 

結果、その人はどんどん人相が悪くなり、病気になるでしょう。もちろん神に届かせるには、逆の祈り、人の為を思ったり世界が良くなることを祈らないとなりません。

 

つまり、自分のために祈らないのが、目標達成のための神社参拝の鉄則なんです。ですが、「それは難しい」と多くの方が思うでしょう。

 

「目標達成のための祈願なのに、自分のために祈らないなんてどうやるんだ?」と思われるでしょう。その場合は、祈る際に理由をつけるといいです。

 

例えば、「○○の目標を達成したいので力をお貸しください、〇〇の目標を達成したい理由は、こんな風に人々の役に立ちたいからです」と言った形で、誰かの為、世の中の為というのを最後に持ってくるんです。

 

神社参拝の法則3:普段の日常生活が何より大切

 

目標達成の神社参拝の法則の3つ目は、「普段の日常生活が何より大切」です。神社に参拝した時だけ調子のいい事を祈っておいて、日常が伴っていないのでは、幸徳は働きません。

 

神様は頑張ってる人が何より好きです。つまり、目標達成のために祈願したならば、その目標を達成するために最大限努力する必要があるんです。その際のフィーリングも大切です。ポジティブな気持ちで目標達成までのプロセスを踏む様にしましょう。

 

まとめ

 

今回は、「目標達成のための神社参拝!認知度0.1%の神社の秘密について」ということで、多くの人が知らない目標達成の神社参拝の法則を書いてきました。

 

難しいことは考えずに、神社には神が必ずいるという事だけ意識して頂けたらと思います。人間が木の葉っぱの一枚一枚だとすると、神は樹の幹と思っておくといいでしょう。つまり、人間と神は繋がっているんです。

 

目標達成の基本は下記の記事を参照ください。⇒

 

>>「目標達成の秘訣とコツ7つ【これだけで叶います!!】」

>>「目標達成で意識しなければならない7つのポイント」

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

またお会いしましょう(^^)

 

スポンサードリンク