日記で目標達成!10倍目標達成を早める日記の書き方とは!?

 

なたには目標達成したいことがありますか?もしあるとしたら、あなたは毎日日記を書いているでしょうか?日記は目標達成に直結します。

 

スポンサードリンク



 

かといって、やみくもに毎日日記を書けばいいというものではありません、間違った日記の書き方では、目標達成できないどころか逆効果にもなりかねません。今回は、目標達成を10倍は加速させる正しい日記の書き方を公開したいと思います。

 

日記は目標達成に本当に効果があるか?

 

 

こんにちは!脱サラコンサルタントの宇田川です。

 

あなたは「日記」と聞いて、どんなイメージが湧きますか?「日記」という言葉は小学生でも知っています。夏休みの宿題でいやいや書いた記憶があるかたもいるのではないでしょうか?

 

ですが、この日記、じつはあなどれません。目標達成に直結するんです。もしもあなたに実現したい目標があるのであれば、今すぐに日記を始めるべきです。

 

それは例えどんな目標だとしてもです。あなたが脱サラをして自分でビジネス展開をしていくことを目標として居ようと、1000万円貯めることを目標として居ようと、彼女(彼氏)をつくることを目標としていようとです。日記はあるとあらゆる目標を実現するのに効果があります。

 

ですが、日記にそんな力があることをあなたはにわかには信じられないかもしれません。「たかが日記だろ?」「目標を達成できてる人はもともと出来が違うんだろ?」この様に思われるかもしれません。

 

ですが、次々と目標達成を実現している方の習慣の1つに「日記」があるのをあなたはご存知でしょうか?これは統計として出ているデータです。日記という習慣がある人の方が、日記という習慣がない人に比べて、目標達成の割合が高いんです。

 

あなたが必ず名前を知っているトップアスリートも日記という習慣を持っています。では、証拠をあげようと思います。

 

1.本田圭佑選手

 

誰もが知っているサッカー選手の本田圭佑選手もその一人です。

 

本田のサッカーノートはすでに100冊以上ある。
書き始めたのは岡田監督のもと、日本が初めてW杯へ出場した98年からだ。
当時小学6年だった本田は、父司さん(50)の叔父で、カヌー日本代表として東京五輪に出場した本田大三郎氏と大阪府内の自宅で対面した。

「スポーツ選手は毎日、ノートを取れば、うまくなる。日記のように書けばいい」と言われ、感銘を受けた。
この時から毎日、ノートに日記を書くようになった。初めは3食に何を食べたという程度のものだったが、徐々にサッカーの技術を書いた。
細かい練習メニューとその反省点を書き、成長につなげた。

 今でも毎日、欠かさない。

その中身はサッカーで勝つための要素が詰まっている。
中でも世界最高峰の舞台で対戦したライバルの情報は岡田ジャパンにとって、何よりの財産になる。

出典:南高魂~熱くなれ~

 

2.羽生結弦選手

 

フィギュア界のプリンスこと、羽生結弦選手も、日記をつけることを習慣としています。最も彼は「発明ノート」と呼んでいますが。

 

ソチ五輪フィギュアスケート男子で金メダルに輝いた羽生結弦選手の“強さ”を支えたのは「発明ノート」。そんな興味深い記事を朝日新聞が報じた。

発明ノート……。うん、実に面白い名前だ。

実はこのネーミングは、羽生選手自身。

発明ノートには、毎日、練習で気になったことや思いついたことを、とにかく書く。スピード、タイミング、感覚、試したいこと、悪かったこと、疑問点……。頭に浮かんだことは、なんでも書く。翌日リンクに立った時、ひらめきを試し、その成果をまたまた書く。

人に見せるものでもないので、殴り書き。自分のためにとにかく書く。それが、「発明ノート」だ。

羽生選手は同世代の選手よりも、3回転ジャンプを跳べるようになるのが遅く、意外にもジャンプが大の苦手だったそうだ。

ところが、発明ノートを書き続けたら、ジャンプが“強み”となった。いや、「なった」のではない。彼の中にあった強さの種を、発明ノートが開花させたのだ。

出典:ヤフーニュース

 

なぜ日記には目標達成の効果があるか?

 

統計として、日記の習慣がある人の方がない人と比べて目標達成の割合が高いというデータがこの様に、確かに存在しています。結果として、現実に日記の効果が表れているので、信じない訳にはいかないと思います。

 

では、なぜ日記に目標達成の効果があるのでしょうか?じつは、最新心理学や脳科学の分野からも、日記に目標達成の力があることがわかっています。

 

日記を書くと潜在意識に刻まれる

 

日記をつける作業は、潜在意識に深く刻まれます。そして、目標達成には潜在意識を活用する必要があるのです。今ブームとなっている「引き寄せの法則」も、潜在意識を活性化させた結果、望むものが引き寄せられるといった現象です。

 

すなわち、日記を書くことは潜在意識を活性化させる作業であり、引き寄せの法則に直結するという事です。もう一度、羽生選手の記事から引用したいと思います。

 

書いたものを一冊のノートにすると、さらに効果は高まる。

自分の書きなぐった文字でを何度も読み返すと、思考回路が刺激をうけ、潜在意識に潜む見えていなかったことや、本当の気持ち、あるいは自分らしさ、などがどんどん引き出されるのである。

人は誰もが、“強み“を持つ。と同時に、“なりたい自分“の願望もある。10人いれば、10通りの強みと願望が存在する。羽生選手は「発明ノート」で自己と対話することで、自分の強さと、なりたかった自分に近づいたのだろう。きっと4年後には、今以上に“羽生選手らしい“滑りが、私たちを楽しませてくれるにちがいない。

出典:ヤフーニュース

 

スポンサードリンク



 

正しい日記の書き方6つのステツプ

 

日記が目標達成に効果があることがデータとして現れている。そして、そのデータを裏付ける科学的根拠も発見されている。これで、日記が目標達成に効果があることを疑う余地はなくなったのではないでしょうか?

 

もしもあなたに何らかの目標達成したい分野があるのであれば、日記という習慣を持てばいいのです。それだけで、目標達成の効果を倍加させてくれます。

 

ですが、正しい書き方でないと効果がないのみならず、逆効果にさえなりかねません。そこで今回、多くのトップアスリートのノート術や、市販の日記術の効果の高いエキスのみをミックスさせた、6つのStepを公開したいと思います。

 

Step1:ゴールを必ず記入する

 

まず、お気に入りのノートを購入したら、日記のタイトルを考えて下さい。あなたのモチベーションが最高潮に達する最高にイカしたネーミングにしましょう。ここまではStep0です。

 

では、実際にどのような書き方をしたら効果が高いのか、まず、必ずゴールを明確に書くようにして下さい。例えば、あなたが脱サラし、自分でビジネス展開を行っているのであれば、いつ脱サラを実現しているのか?を書くようにしましょう。

 

Step2:今日出来た事と出来なかったことを書く

 

Step2では、その目標実現のために上手く出来た事と、出来なかったことを書いてください。この作業は、あなたが目標実現に向けたどの地点にいるのか?や、あなたの強み弱みを知るポイントになります。

 

なぜうまく出来たのか?なぜうまく出来なかったのか?も書きましょう。そして、うまく出来た事や、うまく出来なかったことを根本から分析し、次は「どうやったら?」を考えます。

 

うまく出来た事はどうすれば継続することが出来るのか?うまく出来なかったことは、どうすれば出来るようになるか?この「どうやったら」思考が、現実を好転させ、目標達成を早めるポイントなんです。

 

Step3:発見をかく

 

Step3は、発見です。これはStep2の延長線上になります。発見の連続が目標達成に直結します。どんな些細な事でもいいので、新たに発見したことを記入する様にしましょう。

 

Step4:課題をかく

 

Step4では、Step2とstepをふまえ、課題を書き出してください。課題とは、目標達成のためにやるべきことと、やめるべき事になります。

 

多くの人はやるべきことにはフォーカス出来ますが、やめるべきことにはノータッチです。ですが、やめるべきことの方が実は重要なんです。

 

目標達成からあなたを遠ざける悪い習慣は、雑草と一緒です。出来るだけ早いうちに抜き取りましょう。そして、目標達成のためのやるべき課題は、あなたの将来に向けた種になります。

 

Step5:未来のあなたからのアドバイスを書く

 

Step5では、未来のあなたからのアドバイスを書いてください。未来のあなたとは、目標達成を実現しているあなたです。どうすれば目標達成できるかというと、目標達成している未来のあなたからアドバイスを貰えばそれが最上級の助言となるんです。

 

もちろんこれはイメージになりますが、目標達成を実現できている数年後の理想のあなたから、ぜひ極上のアドバイスを頂いてください。

 

Step6:今日の点数をつける

 

点数は、10段階でつけていきます。なぜこんなことをするかというと、毎日の点数をつけることにより、点数の高かった日と点数の低かった日を比較出来るんです。

 

そして、点数の高かった日は何が良かったのか?点数の悪かった日は何がいけなかったのか?を分析することにより、自らの行動を改善し、一日一日の質を高めることに直結するんです。ぜひ取り組んで下さい。

 

まとめ

 

今回は、「日記で目標達成!10倍目標達成を早める日記の書き方とは!?」という事で、なぜ日記が目標達成に効果があるか?と言った証拠や科学的な根拠、そして、目標達成の効果を倍増させるもっとも効率のいい日記の書き方を紹介しました。

 

日記を書くことにはメリットしかありません。誰もが手軽に始められます。かかるものと言えば、せいぜいノート代の数百円くらいです。

 

ぜひ、今すぐ日記を始めてみましょう!日記を始めるにあたって参考になりそうな記事をいくつか紹介しておきます。ぜひ参照ください!

 

関連記事⇒

 

>>「手帳で目標達成!目標達成を10倍加速させるおすすめの手帳術」

>>「カレンダーアプリで目標達成!10倍目標達成を早めるカレンダーアプリの使い方とは!?」

>>「目標達成で意識しなければならない7つのポイント」

>>「目標達成の秘訣とコツ7つ【これだけで叶います!!】」

>>「目標達成のためのプロセス9ステップ」

 

スポンサードリンク