目標達成で意識しなければならない7つのポイント

 

標達成には意識するべきポイントがあります。今回はその意識するべきポイントをおさえ、何倍ものスピードで目標達成を実現する方法を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク



 

もしもあなたが脱サラして、自分でビジネスを展開することを考えているのであれば、ビジネスで成功し自由な時間と自由なお金を最速で手に入れるのにこの上なく役立つことでしょう。

 

目標達成で意識すべきこと1.何のための目標かをはっきりさせる

 

 

目標達成で意識すべきポイントの1つ目は、何のための目標かをはっきりさせることです。

 

何のための目標か?という、その目標を達成したい理由はあなたが目標を達成していく過程における背骨の様な役割を果たしてくれます。逆に言うと、「何のためか?」が曖昧だと、その目標を達成していくにあたり、軸がぶれてしまうんです。

 

そしてこの何のための目標か?といった要素は、深く掘り下げれば掘り下げるほど本質に近づき、あなたを支えてくれるより強固なバックボーンになります。

 

例えば、あなたは会社の脱サラを目標としていたとします。そこで、脱サラを目標として追うのではなくなぜ脱サラしたいのか?と言った本質を目標とするという事です。

 

例えば、会社が嫌だからとりあえず逃れたいのか?サラリーマンでは達成できない様な高額収入が欲しいのか?何か世の中のためにやりたいビジネスがあるのか?では、心のエネルギーというのもが全く変わってくるんです。

 

また、目標達成の理由はあなたの本心でなければ意味がありません。例えば、よく年収1億円を目標にしている方がいるのですが、「年収1億円稼いで何がしたいんですか?」という質問にほとんどの人が答えられないんです。

 

それは、その人が本心から1億円が欲しいのではなく、1億円というなんとなくの響きに洗脳されてるんです。僕たちは日常的にプロのマーケッターに洗脳され、自分の本当の心の声を失ってます。

 

「高級車に乗っているとカッコいい」「高級時計をしているとカッコいい」「美女を連れているとカッコいい」などです。ですが、自分の心の声ではなく、すり込まれた目標は無意味です。

 

ぜひ自分の心の声を目標として下さい。

 

目標達成で意識すべきこと2.期限をはっきりさせる

 

目標達成で意識すべき2つめは、期限をはっきりさせるという事です。期限がない目標は達成できません。例えば、「いつでもいいの生きてる間に五千万円貯めて下さい」と言われて、本気になれるでしょうか?

 

「2年後に現役で東大に合格したいから」「来年の夏家族で海外旅行に行きたいから」「再来年の3月までに脱サラして自分のビジネスを展開したいから」この様に期限があるからあなたは頑張れるんです。

 

期限がない目標は、ゴールがないマラソンと同じです。いつゴールがあるか分からないのに走り続けられるでしょうか?頂上が永遠に来ない山を登り続けられるでしょうか?

 

ゴールが見えるから、頂上が見えるから頑張れるんです。そして目標達成のゴールは自分で自由に決められるんです。なぜならあなたの人生ですから。

 

目標達成で意識すべきこと3.目標プランをしっかりたてる

 

目標達成で意識すべき3つ目は、目標プランをしっかり立てることです。目標プランがない目標も達成することは出来ません。

 

目標プランは、家を建てる時の設計図に相当します。目標プラン無しに目標達成を行おうとすることは、設計図無しに家を建てようとすることと一緒なんです。

 

中学高校の期末テストで、毎回必ず好成績をとる友人がいました。彼がなぜ毎回好成績がとれるのか気になって、こっそりと聞いてみた事があります。

 

彼が言った言葉は、勉強のプランを綿密に立ててその通りに行うのだそうです。多くの人がしてしまいがちなのが、プランに時間をかけず。がむしゃらに勉強をし続けることに時間を費やすことです。

 

ですが、彼はプランにこそ時間と労力を費やすんです。そしてそれこそ目標達成のコツなんです。どの分野でも目標を達成しようとがむしゃらに努力するのはいいのですが、どのように努力するか?そのプランをたてるのに意識を集中しましょう。

 

目標プランのたて方は下記の記事を参照して下さい。。⇒

 

>>「目標達成に向けた行動計画の正しいたて方」

 

>>「例文つき!目標設定の書き方」

 

スポンサードリンク



 

目標達成で意識すべきこと4.ブレイクダウンを行う

 

目標達成で意識すべき4つ目は、ブレイクダウンをしっかり行う事です。ブレイクダウンとは、細かくするという事です。ブレイクダウンは、目標プランとセットで行ってください。

 

なぜ細かくする必要があるのかというと、大きすぎる目標は曖昧でどの様に行動していいか分からないんです。その大きすぎてアクションプランがわからない目標を細かくして行動レベルにまで落とし込む作業が、ブレイクダウンなんです。

 

例えば、あなたは年収1000万円を目標としたとします。ですが、年収1000万だけでは何をどのようにしていったらいいかわからないですよね?そこでブレイクダウンの出番なんです。

 

年収1000万円は月収にするとやく84万円です。年収1000万になるには、月収84万円になればいいんです。月収84万円は日給約2万8千円です。年収1000万円稼ぐには、毎日日給2万8千円を一年間続ければいいんです。

 

という事は、1万円の商品だったら一日に約3個、10万円の商品だったら、月に8個から9個、100万円の商品だったら、ひと月に一個でも売れば目標は達成できるんです。

 

これは収入の例ですが、考え方は全て一緒です。大きな目標を細かくして行動レベルにまで落とし込み、それを目標プランにするという事です。

 

ブレイクダウンは下記に記事で詳しく説明しています。ぜひ参照ください。⇒

 

>>「営業の目標達成方法7ステップ」

 

目標達成で意識すべきこと5.PDCAサイクルをしっかり行う

 

目標達成で意識すべきことの5つ目は、PDCAサイクルをしっかりと行う事です。PDCAサイクルとは、プラン(計画)ドウ(実行)チェック(評価)アクト(改善)の頭文字を取ったものになります。

 

プランとは目標プランの事です。これはすでに説明した通りです。しっかりと行動レベルにまで落とし込んだ目標プランを練って下さい。

 

ドウは実行です。行動しないで目標を達成することは出来ません。目標プラン通りに実行してください。目標プランとは部活動などで言う練習メニューに相当します。

 

練習メニューが出来ていればその通りに行うだけです、難しい事はありません。サッカー部で言ったら、「準備体操→リフティング→パス回し→シュート練習」とかです。メニュー通りに行えばいいんです。

 

チェックとは、ブレイクダウンした細かい目標をどれ位の割合で達成できているかのチェックです。例えば、リフティングを一日連続100回行うという目標をたてたならば、それがどれ位出来ているか、目標達成率を計算して下さい。目標達成率の計算方法は下記になります。⇒

 

「目標達成率の計算方法と効率的な使用法」

 

例えば、大きな目標が県大会で優勝する事だったとすると、そのための毎日の練習メニューがブレイクダウンさせた細かい目標設定に相当します。

 

P(プラン)で練習メニューを作成したら、D(実行)でそのメニューをこなします。定期的にC(チェック)をおこない、全体のレベルを、強み弱みなどを把握し、県大会優勝の目標が達成できるようにどんどん練習メニューを洗練させていきます。

 

この一連の流れがPDCAサイクルです。これはどんな目標達成にも最大限の効果を発揮します。ぜひ意識して下さい。PDCAサイクルについては下記の記事でも紹介しています。⇒

 

>>「目標達成のためのプロセス9ステップ」

 

目標達成で意識すべきこと6.目標からブレない工夫をする

 

目標達成で意識すべきことの6つ目は、目標から意識がぶれない様な工夫をすることです。人間というのは弱い生き物です。目標そっちのけですぐ目の前の欲望に流されてしまいます。

 

これは人間の本能に基づいた行動なので仕方ありません。例えば、ダイエットで減量する目標をたてていたとしても多くの人がなかなかプラン通りに食事制限できません。なぜなら、人間とは遺伝子的に目の前にあるものをとにかく食べる様に出来ているからなんです。

 

なぜなら、原始時代はいつ食料がとれるか分からないので、食料が手に入った時にとにかく食べますよね。いつ獲物がとれるか分からないですし、気象変動などで食物が育たない可能性もあるからです。

 

なので、その時代の人達は目の前のものをとにかくお腹いっぱいになるまで食べていたんです。そして、その原始時代の期間は近代文明が始まった何倍もの期間続いていたんです。

 

なので、その時代の遺伝子が根強くあなたにも残ってるんです。これはあなたのせいではありません。生き残るために遺伝子にインプットされていることなんです。

 

ですが、いまは原始時代ではありません。あなたが目標達成していくためには、ダイエットのみに限らず、本能を超えていかなければならないんです、その工夫こそ意識すべきおおきなポイントなんです。

 

例えば、ダイエットが目標ならば、スタイル抜群のモデルの写真を部屋の目につくところに貼っておく、スマホの待ち受けにするなどして、常に目に入るようにしておいてください。

 

これは、プライミング効果と呼ばれる脳の機能を有効に使った方法です。プライミング効果については下記の記事で詳しく書いています。⇒

 

「名言から目標達成のエキスを吸い取る極意」

 

目標達成で意識すべきこと7.目標達成のイメージをもつ

 

目標達成で意識すべきことの7つ目は、イメージを有効に使っていくという事です。明確にイメージ出来た目標は達成でき、イメージが出来ない目標は達成できません。

 

全てはイメージしだいです。これは、いくつもの証拠もあり、脳科学的にも説明されている事実です。ぜひイメージを意識していって下さい。

 

イメージを目標達成に有効に使う方法は下記の記事で書いています。ぜひ参照して下さい。⇒

 

>>「イメージが目標達成に超効果的な理由と使い方」

 

まとめ

 

今回は、「目標達成で意識しなければならない7つのポイント」ということで、目標達成に向けて最低限意識するべき7つのポイントを紹介しました。

 

ただやみくもに進んでいても目標達成は出来ません。船で太平洋を横断し、アメリカを目指してもやみくもに進んでいたのでは金輪際つかないのと一緒です。

 

海図が必要になり、羅針盤が必要になり、航海術が必要になったきます。海図や羅針盤や航海術が、今回紹介した目標達成で意識すべきポイントに当たるんです。

 

ぜひ参考にして、効果的に目標を達成していって人生をエンジョイして下さい。目標達成には下記の記事も参照して下さい。⇒

 

>>「目標達成の秘訣とコツ7つ【これだけで叶います!!】」

 

スポンサードリンク