努力で目標達成するには!?意味ある努力でないと意味がない理由

 

なたには何か目標達成したい事があるでしょうか?もしもあるならば、必ず何かしかの努力をしていることだと思います。

スポンサードリンク



 

ですが、目標達成に向けて努力しているにもかかわらず、大変残念ならが一向に結果が出ない人がいます。実は、恐ろしい事に、その様な人は「意味のない努力」をし続けていたのです。

 

目標達成に向けた「努力は裏切らない」という言葉の嘘

 

 

宇田川です。

 

「努力は裏切らない」という言葉を聞いたことはありますか?スポーツ界やアイドルグループなどいろいろなところで使われているので、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ところで、あなたは「努力は裏切らない」と聞いてどのように思うでしょうか?この言葉を好きな人もいれば、嫌いな人もいるでしょう。

 

特に、目標達成のために血のにじむ努力を続けてきたにも関わらず、結果が出なかった人は、二度と聞きたくない言葉かもしれません。

 

「好きか嫌いか」の感情論ではなく、「正しいか正しくないか」でこの言葉を考えてみたいと思います。「努力は裏切らない」は、果たして正しいのか、正しくないのか?どとらでしょう?

 

正解は、「ある意味において正しく、ある意味において正しくない」です。どういうことかというと、「努力は裏切らない」という言葉の前には、「正しい」という言葉が本来こなければならないのです。

 

実質のところ、「正しい努力は裏切らない」が正解なんです。なので、「正しくない努力」は、平気で人を裏切ります。しかし、「裏切る」という言葉は適切ではありません。

 

正しくない努力を続けていても、結果が出ないのは当然のことだからです。それは、目標達成したい分野がどんな分野だろうと、共通して言えることです。

 

ダイエットにしろ、資格獲得にしろ、お金を貯めるにしろ、ビジネスで成功するにしろ、全てにおいて、正しい努力は決して裏切らず、正しくない努力は平気で裏切るのです。これは法則なので仕方ありません。

 

なので、あなたが目標達成のためにすべきことは1つだけです。当然ながら、その一つとは、「正しい努力」になります。

 

正しい努力1:「やる事」を正しく

 

目標達成できるかどうかは、努力が正しいか正しくないかにかかっています。なので、ここを間違えてしまっては、金輪際目標達成することは出来ず、残念ながら努力に裏切られてしまいます。

 

では、「正しい努力」とは、何なのか?間違えなく言える「正しい努力」の1つ目は、「やる事」を正しく努力するという事です。

 

「やる事」が間違えていたのでは、どんなに努力したとしても、金輪際目標達成できません。これは目標達成したい分野がどんな分野だろうと、共通して言えることです。

 

例えば、恋愛で例をとってみたいと思います。あなたは現在恋人がいなく、恋人をつくることを目標としていたとします。そこで、あなたが恋人をつくるために「やる事」が、「24時間家で恋愛本を読み続ける」だったとします。

 

果たしてこれは、恋人をつくるためにやる事として、正しいでしょうか正しくないでしょうか?答えは言うまでもなく、「正しくない」です。家から一歩も出ないで恋人をつくれるはずはないからです。

 

この様に聞くと馬鹿らしく感じられるかもしれませんが、実はこれは多くの人が実際に陥っている罠です。家にこもって恋愛テクニックの本を何冊も読みつつ、「なんでこんなに勉強してるのに俺には彼女が出来ないんだ?」って人が、実際のところ、結構いるんです。

 

あなたは当然、「家から一歩も出ないのに恋人ができる訳ないじゃないか?」と思う訳ですが、当の本人からすると、それが一向に分からないんです。

 

では、「恋人をつくる」という目標を達成するための正しい努力は何かというと、「異性と出逢う機会を増やす」です。当然のことですが、異性と出会いがなければそもそも恋愛に発展する確率は0%なわけです。

 

この様に、目標を達成するためには、「やる事」を間違えて努力していても、金輪際目標達成することは出来ません。「やることを正しく」は、目標達成のための努力の、第一条件です。

 

スポンサードリンク



 

正しい努力2:「やり方」を正しく

 

次に目標達成のための努力として、正しい条件は「やり方」です。正しい努力の第一条件の「やる事」をクリアしたとしても、「やり方」を間違えていても、残念ながら、目標達成することは出来ないんです。

 

「やり方」とは、どういうことかというと、例えば、勉強法というのもやり方の1つです。あなたは受験生で、大学受験を目標としていたとします。

 

当然、正しい「やる事」は勉強となります。これがバイトとかだったとします。それだといくら努力してもおこずかいは増えますが、大学受験に合格することは当たり前ですが、出来ません。

 

しかし、いくら勉強したからと言って、そのやり方が間違えていたら、金輪際成績が伸びることもなく、大学に合格することも出来ません。

 

例えば、英語だったら英単語を覚えるというのは絶対条件になってきます。暗記は苦手だからと言って、単語を覚えることなく英語を勉強し続けていても、英語の成績が金輪際伸びることはありません。

 

「やり方を正しく努力する」というのは、勉強のみならず、どんな分野にも言えることです。ダイエットにしろ、ビジネスにしろ、やり方が間違えていたら、金輪際結果は出ません。

 

正しい努力3:継続する

 

目標達成のための努力の正しい条件として、「やる事」「やり方」の2つを紹介しました。これが正しい努力の2大条件です。ですが、残念ながら、この2つだけでは、結果を出すことが出来ないんです。

 

この2つにもう一つある条件を足すことにより、3本の柱がそろい、初めて「正しい努力」として完成するんです。その最後の条件とは、「継続」です。

 

人間は、「継続」をしない限り、結果につなげることは出来ません。どんな分野だろうとそうです。勉強にしろ、一日だけ猛勉強したからといって、英語をしゃべれるようにならないでしょう。

 

もちろん、簡単な試験の一夜漬けとかなら、結果を出すことは出来るかもしれません。ですが、これが難関大学合格とかなってくると、一夜漬けだけで合格できるほど、甘くはありません。

 

恋人を作るにしろそうです。一回だけ合コンに参加してうまくいかなかったからと言って諦めてしまっては、恋人を作ることは出来ないでしょう。

 

どんな分野にしろ、目標を達成するためには、「継続」という条件が必要になってくるんです。「やる事を正しく」「やり方を正しく」「継続する」この3つがそろって初めて、努力は意味ある努力となるんです。

 

逆に言えば、この3つさえしっかりと間違えずに努力すれば、大抵のことは目標達成できてしまうという事です。

 

どうすれば、「やる事」「やり方」「継続」を間違えず努力できるか?

 

これであなたの成功は約束された様なものです。「やる事」「やり方」「継続」この3本の柱さえ間違えなければ、後は努力するだけで相当突拍子もない目標でないかぎり、達成できてしまうからです。

 

ですが、あなたは違和感を感じているかもしれません。「やる事」「やり方」「継続」この3つさえ間違えずに努力すれば、大抵のことは目標達成できるのは分かった。

 

だけど、それが間違えか間違えじゃないかわからないから多くの人は困ってるんじゃないのか?そうです。その通りなんです。たいていの人は、自分の努力が間違ってるなんてもちろん思ってません。

 

正しい努力と思って努力してるんです。だけど、「やる事」「やり方」「継続」のどっかしかが間違ってしまっているために、結果を出すことが出来ずにいるんです。

 

では、どうすれば、この3つの条件を間違えることなく選択することが出来るのか?ここにこそ、目標達成の全てがかかっていると言っても過言ではありません。

 

なので、これらの正しい努力の条件を決して間違えずに選択できる方法をお伝えしようと思います。それは、「人に聞く」です。

 

人と言っても、誰でもいいわけではありません。自分が達成したい目標をすでに達成している人です。一番いいのは、メンターを作る事です。

 

目標達成の一番の近道は、先生を作り先生の指導を受ける事なんです。先生を間違えない限り、これほど努力を間違えない方法はありません。ぜひ、先生がいない方は、先生を作り、先生の指示のもと正しい努力を実践して下さい。

 

まとめ

 

今回は、「努力で目標達成するには!?意味ある努力でないと意味がない理由」ということで、目標達成のための努力の仕方について書いてきました。

 

「努力は裏切らない」は、半分は嘘で半分は本当です。正しくは、「正しい努力は裏切らない」です。意味のない努力程無駄なものはありません。

 

ぜひ、努力するからには必ず結果の出る努力をするようにしましょう。目標達成の基本は下記の記事を参照ください。⇒

 

>>「目標達成の秘訣とコツ7つ【これだけで叶います!!】」

>>「目標達成で意識しなければならない7つのポイント」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)/

 

スポンサードリンク