ドーパミンで目標達成!合法的にドバドバドーパミンを分泌させる方法

 

ーパミンは目標達成における合法的なドーピングです。あなたには何か目標達成したい事はあるでしょうか?もしもあるとするならば、意図的にドーパミンを分泌させることにより、目標達成を何倍も早めることが出来るでしょう。

 

スポンサードリンク



 

今回は、そんな、ホワイトな方法でドーパーミンを意図的に分泌させる方法を紹介していきたいと思います。ぜひあなたの目標達成に活かしてください。

 

そもそもドーパミンとは?

 

 

宇田川です!

 

今回は、意図的にドーパミンを分泌させ目標達成に活かす方法を紹介していきますが、まずはドーパミンってなに?ってところから書いていきたいと思います。

 

ドーパミンという単語自体は多くの人が知っていることと思います。なんとなーくドーパミンが分泌されると元気になる、活発になるといったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

 

ドーパミンとは、脳内の神経伝達物質の1つであり、同じ神経伝達物質である、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体になります。

 

ドーパミンは神経伝達物質で、アドレナリン・ノルアドレナリンの前駆体です。
簡単に言うとすると、「快感や多幸感を得る」、「意欲を作ったり感じたりする」、「運動調節に関連する」といった機能を担う脳内ホルモンのひとつです。

引用:教えて!認知症予防

 

神経伝達物質というのは、脳の細胞間で生成され、分泌される微小の化学物質のことです。この化学物質の作用により脳内で化学反応が起き、人間はさまざまな感情を感じたり体調すらも左右されるのです。

 

すなわち、意図的に目標達成を加速させてくれる様な脳内神経伝達物質を意図的に分泌することが出来れば、脳の状態を目標達成に最適な状態にする事ができ、フィーリングや体調もベストな様態に持つていくことが可能なのです。

 

そしてその作用を担当する脳内神経伝達物質こそ、ドーパミンと言う訳です。では、ドーパミンが分泌されることにより、僕達のフィーリングや体調はどのように変化するのでしょうか?

 

ドーパミンの凄い作用とは

 

ドーパミンの作用は下記のようなものがります。まさに、目標達成のために存在していると言っても過言ではない神経伝達物質です。

 

□快感を与える

□意欲的にさせる

□物事への執着を増やす

□動機付けをする

□学習能力を向上させる

□記憶力を向上させる

□疲労感を減少させる

□ストレスをおさえる

 

➀意欲向上、快感、動機づけ

 

目標達成には、そもそもどんな目標だろうと、意欲が上がったり、快感を得られる必要があります。ものすごく簡単に言うと、やる気を出す必要があるという事です。

 

ドーパミンにはやる気の向上という、目標達成のファーストステップをフォローしてくれる働きがあります。ドーパミンが正常に分泌されていることで、「やらなきゃいけないことは分かってるのに、どうしてもやる気が出ない、今日はいいか」なんてことは、無くなるでしょう。

 

➁学習能力、記憶力の向上

 

目標達成には、必ずと言っていいほど学習がつきものです。特に受験なんかはその代表格と言えるでしょう。ドーパミンが分泌されることで、やる気の向上に加えて、学習能力、記憶力も向上させてくれる働きがあるのです。

 

受験や資格獲得の目標達成のために勉強に励んでいる方々には、この作用は嬉しい限りでしょう。「どうしても覚えられない・・・集中力があがらない・・・」そんな状況にはドーパミンがこの上ない助けとなるでしょう。

 

➂疲労感の減少、ストレスの軽減

 

さらに嬉しい事に、ドーパミンには疲労感やストレスをおさえる作用があります。疲労やストレスも目標達成の天敵です。どうしても作業しなければならないことがわかっているのに、疲れていて作業が進まない、あるいはストレスが気になって進まない。

 

こんなことはよくある事でしょう。ドーパミンが分泌されるだけでその様な悩みからは、数歩遠ざかることが出来るのです。

 

ドーパミンの副作用とは!?

 

この様に、ドーパミンはいいことづくめの様に見えますが、どんな薬にも適切な使用量があるように、ドーパミンもただ大量に分泌させれば効果が高まると言う訳ではありません。

 

ドーパミンには依存症の副作用があります。煙草やアルコールやギャンブルからもドーパミンを得ることが出来るため、ドーパミン欲しさにたばこ依存症、アルコール依存症、ギャンブル依存症などなどが、引き起こされてしまうのです。

 

依存症の原因はドーパミンだったのです。また、ドーパミンの過剰分泌により、過度の興奮状態に陥り時には危険な状態に陥ってしまう事すらあります。

 

ドーパミン副作用とは、どのような状態かというと、例えば子供がゲームやテレビの漫画などに夢中になり、興奮し、口から泡を出し、軽い痙攣を起こす。時には倒れて気絶することもある。命に関わることは少ないが、これらの状態を何度も精神的な障害を起こすこともある。

引用:五感プロデュース研究所

 

自然な方法でドーパミン分泌を促している限り、この様な危険な状況に陥ってしまう事は考えられないので、おかしな方法でドーパミン分泌を促すのはやめましょう。

 

スポンサードリンク



 

ドーパミンを分泌させる方法

 

目標達成の最大の助手ともいえるドーパミンですが、果たしてどうすれば分泌されやすくなるのでしょうか?誰にでもできる合法的な方法でドーパミンを意図的に増加させる5つの方法を紹介していきます。

 

1:食べ物から摂取する

 

目標達成のためにドーパミンを意図的に分泌させる方法の1つめは、「食べ物から摂取する」です。当たり前ですが、ドーパミンは物質です。すなわち、ドーパミンが合成されやすい食品を意図的に摂取することで、ドーパミン量を増やすことが出来ます。

 

では、どのような食品にドーパミンが合成されやすい物質が含まれているかというと、下記の様な食品になります。ドーパミンの原料はアミノ酸になるので、たんぱく質が多く含まれている食品が有効です。

 

ドーパミンが合成されやすい食べ物

□肉類(豚肉 鶏肉 牛肉)

□魚類

□大豆食品

□ニンニク

 

2:ときめきを感じる

 

目標達成のために意図的にドーパミンを分泌させる方法の2つ目は、「ときめきを感じる」です。ときめきと言うのは、異性関係でのときめきです。

 

美男美女にふれ、ドキドキすることで、ドーパミンの分泌が促されることがわかっています。何も、毎回意図的に美男美女に触れる機会を作らなくても、写真や映像でときめきを感じるだけでもドーパミンの分泌が促されることがわかっているので、ご安心ください。

 

3:運動

 

目標達成のためにドーパミンを意図的に分泌させる方法の3つ目は、「運動」です。運動をすることでドーパミンの分泌が促されることも分かっています。

 

運動した後にうつになったり落ち込んだりするなんて人はいないでしょう。誰もが運動をしたことがあるはずなのでわかるとおもいますが、運動中、運動後は、誰もがすがすがしい気分になるかと思います。

 

そのすがすがしい気分にさせてくれる作用こそ、ドーパミンなんです。毎日の日課に程良い運動を取り入れることで、ドーパミンを日常的に分泌されやすい状態に持っていくことが出来ます。

 

また、運動にはドーパミンを分泌させる以外にも、血行促進や免疫力の向上など様々な恩恵があります。それらの運動から得られる恩恵については下記の記事に詳しくまとめています。さらに、運動が面倒な人でも効率よく運動を習慣化していく方法も下記の記事で述べていますので、ぜひ参照ください⇒

 

>>「運動を今年の目標にしたい方必読!失敗しない運動の目標達成法」

 

4:笑う

 

目標達成のために意図的にドーパミンを分泌させる方法の4つ目は、「笑う」です。「笑う門には福来る」のことわざがあります。

 

このことわざは、脳科学的にみても、正しいと言えるでしょう。なぜなら、笑う事はドーパミンの分泌を促すことが分かっているからです。

 

何も楽しい事がなくても、意図的に笑う事でドーパミンの分泌が促されることも分かっています。ぜひ、些細な事で笑うクセをつけてみてはいかがでしょうか?

 

5:ご褒美を用意する

 

目標達成のために意図的にドーパミンを分泌させる方法の5つ目は、「ご褒美」です。ご褒美にも意図的にドーパミンを分泌させる効果があることが分かっています。

 

詳しくは下記の記事を参照ください。⇒

 

>>「目標達成にご褒美は有効!?あまり知られていない最高のご褒美の秘密」

 

目標達成の秘訣とコツについて

 

ここまでで、ドーパミンには目標達成に欠かせない凄い効果がある事はお分かりいただけたことと思います。しかし、当然、ドーパミンを効率よく分泌させるのみでは、目標達成は叶いません。

 

目標達成には、それ以外にも秘訣とコツがふんだんに存在するのです。例えば、以下の様なものです。

 

🔴何のためにその目標を達成したいのか、動機を明確にする(動機が曖昧だと、そもそも目標を達成しようとするモチベーションが続かないのです)

 

🔴ゴールを明確にしそのゴールからプランを逆算するスキル。

 

🔴いつまでに目標を達成したいのか、期限を明確にしスケジューリングをするスキル。

 

🔴目標達成のために「①やる事②やり方③継続」を明確化し実行するスキル。

 

🔴PDCAサイクルについて。

 

🔴1つの目標を達成するために、その目標からは関係ないモノを一時的に捨てるスキル。

 

🔴目標達成のために良い習慣を習慣化し、悪い習慣を習慣から減らしていくスキル。

 

🔴目標達成のために付き合う人を意識するスキル。

 

etc、、、

 

1つの目標は、これらの要素が絡み合いバランスがとられることにより、達成されるのです。ドーパミンというのはその要素の1つに過ぎません。

 

すなわち、ドーパミンんを効率よく分泌させていく事で目標達成に影響を得たえるのは事実に違いないですが、それ以外の要素をないがしろにしていては、目標達成は難しいでしょう。

 

上記のそれ以外のファクターについては下記の記事で詳しく述べていますので、ぜひ参考にして頂ければと思います⇒

 

>>「目標達成の秘訣とコツ9つ【これだけで叶います!!】」

 

具体的行動の大切さ

 

さらに一歩進んで、目標達成に向けた具体的な行動について書いていきたいと思います。すでに紹介してきたい通り、ドーパミンには、疲労軽減、モチベーションアップ、記憶力向上などなど、様々な効果があります。

 

しかし、それらの効果も目標達成に向けた具体的行動に活かされなければ意味がありません。この具体的行動が、目標を達成するためのキモになってきます。

 

具体的行動というのは、目標を達成するために何をして何をしないかという、取捨選択です。例えば、プロボクサーになりたいのに柔道の稽古を一日10時間こなしても永遠に不可能でしょう。

 

せっかくドーパミンを効率よく分泌できたとしても、その様な間違った行動にドーパミンを使ってしまうのはもったえない限りです。

 

目標達成には具体的行動がキモというのはこういう事ですが、ではどのようにやることを取捨選択すれば良いか?と言った、問題が出てくることと思います。それについては、下記の記事で詳しく説明しています。ぜひ参照ください⇒

 

>>「目標達成は具体的行動で決まる!7倍目標達成を早める具体的行動選定法」

 

まとめ

 

今回は、「ドーパミンで目標達成!合法的にドバドバドーパミンを分泌させる方法」ということで、目標達成におけるドーパミンの凄い作用と、意図的にドーパミンを分泌させる方法を紹介してきました。

 

誰もが、日常生活をちょっと工夫するだけで、ドーパミンの分泌を促すことが出来ますので、やったもの勝ちと言えるでしょう。ぜひ参照して下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

スポンサードリンク