イメージが目標達成に超効果的な理由と使い方

 

なたはイメージを目標達成に使ってるでしょうか?もしも目標達成にイメージを使ってないのでしたら、イメージの力は絶大です。使うメリットが大きすぎるんです。

 

スポンサードリンク



 

恐ろしい現実があります。それは、イメージ出来たことは目標達成でき、イメージ出来ないことは目標達成できないという現実です。これは、数えきれない程の事例があり、最新の脳科学でも証明されている事実です。

 

目標達成にイメージが有効とはどういうことか?

 

 

イメージは日本語では心象といわれます。イメージの説明は今更不要だと思います。あなたも、青をイメージして下さいとか、イルカをイメージして下さいとか言われれば、出来るはずです。

 

今回紹介する内容は、ものすごく簡単に言うと、自分が目標を達成している状態をイメージしましょう。そうすれば目標は叶いますよ。と言ったものです。

 

これって不思議だと思いませんか?「イメージするだけでその通りになるなら苦労はしない」もしかしたらそのようにあなたは思うかもしれません。

 

ですが、「なんとなーく上手くいきそうだなと思っていたら本当にうまくいった」あるいは逆に、「失敗するんじゃないかってビクビクしていたら本当に失敗した」と言った経験は誰にでもあるのではないでしょうか?どちらかというと、後者の経験のが多いかもしれません。

 

この様な経験こそ、現実はイメージ通りになるという実体験です。実はあなたは意識していないだけで、日常的にイメージの力を使っているんです。

 

ですが、それを意識的かつ科学的に使っていくことで、イメージの力を何倍にも膨れ上がらせることが出来ます。これこそ多くのトップアスリートが実際に使い、結果も出しているイメージトレーニングなんです。

 

脳科学から証明されたイメージが目標達成に有効な理由

 

とはいえ、「イメージ」という影も形もないものが実際に現実に影響を与えるという事を、あなたは信じられないかもしれません。ですが、イメージが物質に影響を与えるというのは脳科学的にも証明されている事実です。

 

脳の機能の1つとして、イメージと現実の区別がつかないというものがあります。イメージと現実の区別がつかないとはどういうことかというと、脳はイメージしたものを現実だと錯覚してしまうという事です。

 

そしてその錯覚により、脳は肉体に指令をだし、筋肉を収縮させたりホルモンを分泌させたりします。すなわち、イメージで肉体機能を操ることが可能なんです。これは多くの方が簡単に体感することが出来ます。

 

例えば、梅干を食べているところを想像すると、唾液が出てきませんか?あるいは腹ペコの時に料理番組を見ていると、お腹がなったり唾液が出たりしませんか?あるいは、過去の悲しい出来事を思い出すだけで涙が出てくることはありませんか?

 

本当に梅干を食べてる訳ではないのに、料理を食べている訳ではないのに、悲しい出来事を実際に体験してる訳ではないのに、肉体ははあたかも現実に体験してるかのように反応してますよね?

 

イメージだけで恐るべき目標達成をした方々

 

イメージが実際に現実に影響を与えるという事が体感として分かって頂けたと思います。このイメージだけでぶっ飛んだ目標達成をした方々がいるので、そのケースを紹介していきたいと思います。

 

イメージだけで脳腫瘍を消滅させた少年

 

このケースはにわかには信じられませんがまぎれもない事実です。重度の脳腫瘍で死を待つばかりだったアメリカ人の少年が、イメージの力のみで脳腫瘍を消滅させたんです。

 

この事例は、末期の脳腫瘍で、回復の見込みが極めて低いとされた九歳の少年が、イメー
ジによって「脳の腫瘍」が消えた話です。

少年の脳の悪性腫瘍は、神経を圧迫して左半身の麻痺を引き起こし、その上、腫瘍が深い
所にできていたため、手術もできない状態でした。そのとき少年が出会ったのがアメリカ・
カンザス州で、クリニックを開業する臨床心理学博士「パトリシア・ノリス」という医者でした。
ちょうどその頃、映画やゲームでは、「スターウォ―ズの戦い」がはやっていて、また少年が
スターウォーズの大ファンであることを知って、このイメージ療法を取り入れたのである。

博士は、「スターウォーズの戦い」を脳腫瘍との闘いに見立て、少年に脳腫瘍を退治するイ
メージの絵を描かせたのである。それは、宇宙船が白血球と協力して、癌細胞を攻撃して
やっけていくというイメージでした。そして、イメージをふくらませるために、書いた絵は、回
を重ねるごとに具体的にしていった。

さらに、ノリス博士は闘いの様子をテープにおさめ、敵が簡単に倒せる相手ではないことも
少年に知らせ、集中力を高めていった。少年は毎日テープを聴いて、それは一日も欠かす
ことなく続けられたのである。★そして1年後である。CTスキャンで調べてみると、脳の中
にあった腫瘍の影はすっかり消えていたのである。

ノリス博士は言う、「メージ療法は誰にでも効果があるわけではないが、イメージを高めて、
前向きの姿勢で生きていけば、驚くような効果が現れるということを、この事例は教えてく
れた」と。プラス思考は、これほどまでに人間の体に大きな影響力を与えるのである。この
事例は奇跡のような話ですが、このような事例は数多く見られる。

出典:病気治癒と潜在意識の活用!

 

イメージにがんすら治してしまう力がある事は下記の記事でもぜひお確かめください⇒

 

>>「がんになるのは生き方を変える為!?奇跡の事例とその検証!!」

 

羽生結弦はイメージでソチ五輪で金を取っていた

 

羽生結弦選手がソチ五輪で金をとり、自身の目標達成を成功させたのはあなたもご存知の通りです。ですが、どのようにして彼が金を取ったかはあまり知られていません。その方法こそ、イメージを使った目標達成の方法だったのです。

 

 10時間以上のフライトの間、“永遠に”繰り返したという4回転のイメージトレーニング。その成果は翌4日の練習に現れた。

「目をつぶると(4回転)サルコウとトウループのことしか頭にありませんでした。そのまま寝たので、ジャンプを跳ぶ同じシーンが永遠に繰り返されて、全部跳べていました。機内で身体を休ませながら、やるべきことをやったという感覚です」

出典:Number Web : ナンバー

 

激しい練習の合間にちょっと一息、
そんな時間、椅子に座ってくつろぐ羽生選手が
なにやらスマホをいじっています。

てっきりたくさん届く励ましメールのチェックか、
友だちにメールでも書いているか、
もしくはブログでもアップしているか…
なんて思ってしまうわけですが、
テレビ画面に映ったスマホの画面は
メールとは関係ないものでした。

羽生選手が休憩の時間にじっと見ていたスマホの画面、
そこに映っているのは、なんと
ソチ五輪のゴールドメダルの写真でした。

羽生選手がスマホの画面でヒマさえあれば見ていた金メダル、
ご存知のように、現実となって彼の首にかけられました。

出典:無限の彼方へ 宇宙の法則を感じよう!

 

イメージはがんを治すのにも有効

 

さらに、イメージの力はがんを治すのにも効果があることが分かっています。がんと言えば、日本人トップの死亡率をほこる疾患ですから、もしもイメージががん理療に有効だとすると、社会的にみてもかなり大きな意味があることになります。

 

しかし、実際に生き方を変えたりイメージが変わることでがんを克服している人が数多くいるのです。その詳細は下記の記事でお確かめください⇒

 

>>「がんになるのは生き方を変える為!?奇跡の事例とその検証!!」

 

スポンサードリンク



 

イメージで目標達成する具体的な8つの方法

 

それでは、どのようにしたらイメージを目標達成に効果的に使えるのか、行動レベルで具体的なところを書いていきたいと思います。イメージで目標達成するにはコツがいります。今回は、イメージを目標達成に使う8つのコツを紹介したいと思います。ぜひ実践して下さい。

 

1.目標設定を超明確にする

 

イメージを目標達成に使うコツの1つ目は、目標設定を超具体的にするという事です。具体的であればあるほど、イメージしやすくなります。

 

具体的に目標設定を行うにはコツがあります。ぜひ下記の記事を参考にして目標設定をするようにして下さい。⇒

 

>>「目標達成に向けた行動計画の正しいたて方」

 

>>「例文つき!目標設定の書き方」

 

2.静かな部屋でイメージする

 

イメージを目標達成に使うコツの2つ目は、イメージする空間をしっかり整えるという事です。集中してイメージに取り組める静かで安心する空間でイメージをするようにして下さい。

 

イメージには集中力が必要になります。周囲からの雑音で集中が途切れない様に工夫する必要があります。スマホもマナーモードにするか電源を切るなどして、気にならない様にしておいてください。

 

3.リラックスしてイメージする

 

イメージを目標達成に使うコツの3つ目は、リラックスしてイメージするという事です。リラックスすると脳波がα波になります。このα波が潜在意識と直結する脳波なんです。

 

リラックスするコツは呼吸を整えることです。深く深呼吸するなどして、リラックスしてイメージするようにして下さい。

 

4.成功しているところをイメージする

 

イメージを目標達成に使うコツの4つめは、目標を達成して成功しているところをイメージすることです。イメージは両刃の剣です。どういうことかというと、失敗をイメージすると、それが現実になってしまうんです。

 

そうならない様に、ネガティブなイメージは払拭するようにしましょう。成功しているところのみをイメージするようにして下さい。

 

5.目標の人物をイメージする

 

イメージを目標達成に使うコツの5つめは、目標とする人物をイメージすることです。この方法は、観察イメージ法と呼ばれるイメージトレーニングの手法です。

 

ぜひ自分の目標とする人物を見つけて、その方の講演ビデオをみるなどして自分に重ねてイメージする様にしてみて下さい。これは、脳科学の視点からみてもミラーニューロンの効果が得られるので有効な方法です。ミラーニューロンについては下記の記事を参照ください。⇒

 

>>「おすすめの目標達成の本の選び方ベスト8」

 

6.何度もイメージする

 

イメージを目標達成に使うコツの6つ目は、何度もイメージすることです。繰り返されることは潜在意識に深く刻まれるという脳の機能があります。

 

ぜひ何度も何度も同じ成功の場面をイメージするようにして下さい。一日だけイメージを集中しても効果はありますが、その効果を何倍にも上げる方法が、毎日おこなうことです。

 

7.五感を使ってイメージする

 

イメージを目標達成に使うコツの7つ目は、五感を使ってイメージすることです。五感を使うと現実に影響を与える効果が上昇すると言われています。

 

目標にもよると思いますが、例えばピアノで新しい曲をマスターすることが目標だとすると、どんな音色で弾けているか明確にイメージするようにしましょう。そのイメージ通りの音色になるはずです。

 

8.感情を使ってイメージする

 

イメージを目標達成に使うコツの8つ目は感情を使ってイメージすることです。目標達した自分はどんな感情を抱いているか、明確にイメージするようにして下さい。

 

人間は感情動物です。感情で物事を判断しています。なので、感情というものが目標達成に向けた道のりにおいて、進むべき方法を示してくれるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「イメージが目標達成に超効果的な理由と使い方」という事で、イメージが目標達成に効果的である事例と、具体的なイメージのポイントを紹介しました。

 

イメージを効果的に使っていく方法は、まだ社会にはあまり浸透していません。ですが、スポーツの分野やビジネスの分野では、イメージトレーニングが当たり前になりつつあります。

 

これからそれ以外の分野でもどんどん取り入れられてくることでしょう。ぜひ今すぐ効果的にイメージを使う方法を実践していき、先取りしちゃいましょう!

 

目標達成にイメージを使うという方法は、目標達成のコツの1つでしかありません。それ以外の効果的な目標達成のコツは下記の記事で紹介しています。ぜひ参照して下さい。⇒

 

>>「目標達成の秘訣とコツ7つ【これだけで叶います!!】」

 

目標達成に向けた全体の流れは下記の記事を参照して下さい!⇒

 

>>「目標達成のためのプロセス9ステップ」

スポンサードリンク