目標達成のためのプロセス9ステップ

 

標達成には正しいプロセスが存在するのをご存知でしょうか?正しい目標達成のためのプロセスを踏まなければその目標を達成できないのみならず、逆効果にもなりかねません。

 

スポンサードリンク



 

今回は、ヤバすぎる目標達成のためのプロセスを紹介したいと思います。このプロセスを踏めば、あなたはもはや目標達成から逃れられなくなるでしょう。この方法を忠実に実行すれば、泣いて頼んでも目標達成せざるを得なくなってしまうからです。

 

ステップ1:自分で自分を把握する

 

 

目標達成のためのプロセスの1つ目は、自分で自分を把握するという事です。どういうことかというと、そもそも自分に向いた目標でないと達成は難しいという事です。

 

向いてるというのは、下記のいずれかに該当するという事です。

 

1.その分野が好きでたまらない

2.その分野が得意である

3.その分野に強いあこがれを感じる

4.あなたをよく知る人物にすすめられる

5.楽しくてワクワクする事

 

例えば、イチローは野球があるからこそのイチローなんです。イチローがあれだけ次々と記録を打ち立てられたのは、その分野が野球だからです。

 

あなたにとっての何がイチローにとっての野球に相当するでしょうか?このような分野を選択するという事です。間違っても、嫌いとか、自分には向いてないと思うような分野を選択してはいけないという事です。

 

例えば、脱サラして自分でビジネスを展開していくのに向いている人もいれば、会社勤めが向いている人もいます。その自分の適性を120%把握する必要があるという事です。その方法は下記の記事を参照して下さい。⇒

 

>>「自分の性格を理解すればするほど理想の現実が手に入る理由」

 

ステップ2:大きな目標設定を行う

 

目標達成のためのプロセスの2つ目では、大きな目標設定を行います。大きな目標設定は、未来に対する大まかなイメージや希望でいいんです。

 

ただ、人生におけるどのような分野の目標か?は把握しておいた方がいいでしょう。僕の場合は人生を8つの分野に分けてそれぞれの目標をたてるようにしています。8つの分野とは、下記になります。

 

1.お金

2.仕事

3.スキル・知識

4.家族

5.人間関係

6.健康・美容

7.精神・スピリチュアル

8.趣味・娯楽

 

例えば、ダイエットでの目標達成でしたら、6の健康美容にあたります。3年後に年収1500万円になりたいとかでしたら、1のお金にあったります。

 

お金面では、未来においていつくらいにどうなっていたいか?スキル・知識面では未来においていつぐらいにどうなっていたいか?といった大まかなイメージを組み立てていきます。

 

そのステップが、目標達成のためのプロセスの2つ目になります。

 

スポンサードリンク



 

ステップ3:大きな目標設定の期限を決める

 

目標達成のためのプロセスの3つ目では、大きな目標設定の期限を決めます。例えば、今あなたが会社勤めをしていたとして、「だいたい5年後くらいには独立して自分でビジネス展開をしていて、年収2000万円くらいにはなっていたいな」といった大きな目標を持っていたとします。

 

この場合、人生における分野は〈お金と仕事〉になりますが、5年なら5年、3年なら3年といった形で期限を決めなければならないと言いう事です。なぜなら、期限のない目標は達成できないからです。

 

何故かというと、期限がないと目標達成に向けたプランがたてられないからです。この場合においても、5年の場合と3年の場合とでは、アクションプランが変わってきます。

 

なにも、目標達成の期限を決めたからと言って、必ず守らなければならないと言う訳ではありません。この後詳しく説明しますが、進み具合をモニタリングしながら最適な期限に修正を施していけば良いんです。

 

なので、深く考えずに、このプロセスでは自分の人生を見すえたうえで、現時点で最適なものにしましょう。

 

ステップ4:大きな目標設定に向けた小さな目標設定と期限を決める

 

目標達成のためのプロセスの4つ目は、ステップ3で決めた目標設定に向けた小さな目標設定を行っていきます。

 

大きな目標は小さな目標をへてはじめて達成できます。例えば、イチローの3000本安打も、1年1年の安打が積み重なって達成できたものです。

 

あなたが現在サラリーマンをしていて、「5年後には独立していて年収が2000万円ある」といった目標設定を行ったならば、その目標を達成するためには、プロセスとしてどのような目標達成をしていかなければならないかを考えるんです。

 

どの様なプロセスが必要かというと、まず必ず会社を辞めなければなりません。それはいつなのか?また、自分でビジネスを始めなければなりません。いつどんなビジネスを展開するのか?キャッシュは最低でもいつ頃発生していなければならないか?

 

こんなことを具体的に整えていくんです。それが目標達成のためのプロセスの4つ目となります。目標設定に関しては下記の記事を参照して下さい。⇒

 

>>「例文つき!目標設定の書き方」

 

ステップ5:目標達成に向けたリソースを整える

 

目標達成のためのプロセスの5つ目は、プロセス3、プロセス4で決めた目標設定を達成するために必要なリソースを整えるステップとなります。

 

例えば、あなたがインターネットビジネスで5年後に年収2000万円になっているといった目標をたてたならば、必ずパソコンが必要になってきます。また、タイピングやサイトを作ったりなどの知識や技術も必要になってきます。

 

コンサルを受けるならば、先生を見つけなければなりません。また、目標達成に向けたモチベーションをあげてくれる環境も必要になってきます。

 

目標達成のためのプロセスの5つ目は、それらのリソースを整えるステップになります。本や名言も目標達成に向けた大きな資源になります。特に極上のミラーニューロンを受けられるものを選んでください。下記の記事を参照して下さい。⇒

 

>>「おすすめの目標達成の本の選び方ベスト8」

>>「名言から目標達成のエキスを吸い取る極意」

 

 

ステップ6:実行する

 

目標達成のためのプロセスの6つ目は、とにかく実行することです。当たり前ですが、行動なくして目標を達成することは100%不可能です。

 

行動しやすくするように、目標達成のためのプロセス4で出来るだけ詳細に目標設定しておく必要があります。例えば、大きな目標が5年後にインターネットビジネスで年収2000万円になっていることだとします。

 

そして、小さな目標設定が、最初は副業としてブログビジネスを始め、2年間で月収50万円に到達することだったとします。ブログビジネスの収入源が広告収入だったとすると、例えば、1年間で200記事書くという目標にします。

 

1年間に200記事という事は、ひと月17記事です。とすると、土日合わせて3記事、平日2記事は必ずブログを書くという風にどんどん細かくしていくんです。

 

細かくて具体的であればあるほど、行動しやすくなります。

 

ステップ7:モニタリングを行う

 

目標達成のためのプロセスの7つ目は、モニタリングを行う事です。モニタリングとは、ステップ5で決めた目標達成をどれくらい実行できているか分析する作業になります。

 

このモニタリングは定期的に行ってください。例えば、ひと月に1回とか3ヵ月に1回とかです。そしてモニタリングの結果に従って、小さな目標設定をより良いものに変えていきます。

 

例えば、ひと月に17記事という目標設定に対し25記事位書けているのであれば、目標設定をひと月に25記事にしてもいいでしょう。逆に10記事位しか書けて無いのであれば、目標設定を下げるか、ひと月17記事を達成できる工夫を施さなければなりません。

 

モニタイングの効果的なやり方は、下記の記事で詳細に書いています。ぜひ参照して下さい。⇒

 

>>「目標達成率の計算方法と効率的な使用法」

 

ステップ8:小さな目標設定の改善を行う

 

目標達成のためのプロセスの8つ目は小さな目標設定の改善になります。これはすでに書いてしまいました。ステップ7の通りに行って下さい。

 

ステップ9:ステップ5に戻る

 

目標達成のためのプロセスの9つ目は、ステップ5にもどり、ステップ8で見直したプランを実行するようにして下さい。ステップ5~ステップ9は、リピートになります。

 

このプロセスを繰り返すことにより、目標プランがブラシュアップされていくとともに、どんどん自分の目標達成能力も向上していきます。

 

自分で自分を操作する方法もつかめて来るでしょう。どういうことかというと、自分がどんな時にモチベーションが上がったり下がったりするかや、向き不向きを詳細に把握できるという事です。

 

自分を知れば知るほど、目標は達成しやすくなり、人生は成功しやすくなります。その事に関しては下記の記事を参照して下さい。⇒

 

>>「自分の性格を理解すればするほど理想の現実が手に入る理由」

 

また、小さな目標の達成に伴い、大きな目標のプランニングも定期的に行って下さい。小さな目標達成率にしたがって大きな目標設定もより最適なものにしていかなければならないという事です。

 

目標設定をたてる段階では当然、経験もなく、知識も浅い状態です。実行していくに従い、知識や経験が増えていきます。それに伴い、最初に目標設定をした時とは、視野や実感が変わってくるはずです。成長に従って目標設定もどんどん修正していけば良いんです。

 

つまり、ステップ2やステップ3の段階では、あるていど見切り発車でいいという事です。この段階で熟考に熟考を重ねたところで、どっちみち修正することになるからです。

 

目安はフィフティフィフティです。目標設定50パーセント、修正50パーセントで合わせて100くらいがちょうどいいでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「目標達成のためのプロセス9ステップ」という事で、目標達成せざるを得なくなるような目標達成の方法を紹介しました。

 

ぜひ試してみて下さい。また、目標達成には正しいプロセスと共に、秘訣とコツも存在します。目標達成の秘訣とコツに関しては、下記の記事で詳しく説明しています。ぜひ今回の記事と合わせて参照して下さい。⇒

 

>>「目標達成の秘訣とコツ7つ【これだけで叶います!!】」

 

目標達成に向けた行動計画の立て方はぜひ下記の記事を参照して下さい。⇒

 

>>「目標達成に向けた行動計画の正しいたて方」

 

スポンサードリンク