目標がない!名言から目標を授かろう

今回は、「目標がない!名言から目標を授かろう」という事で、タイトルの通り目標がないという方に、数々の名言から自分に合った目標を探してもらおう、というものです。

「そもそもなんで目標を持った方がいいの?」って話ですが、今まで何度も書いてきてますが、今回も口をすっぱく、目標を持つことのメリットから入っていきたいと思います。

 

そもそもなんで目標が必要か?

meigenn2

そもそもなんで目標があった方がいいの?って話から入っていきたいと思います。

結論から言ってしまうと、目標があるのとないのとでは、手にする結果に何倍もの違いが出てきてしまうんですね。

この例は他の記事でも取り上げてますが、しつこくまた紹介したいと思います。

ハーバード大学が卒業生に対して、「あなたは目標があって、それを紙に書き出してますか?」って聞いていったんです。

何人に聞いたのかはわからないのですが、その割合はこうでした。

3パーセント「目標があり、それを紙に書き出している」

13パーセント「目標はあるが、紙には書き出してない」

84パーセント「目標は無い」

そしてその10年後、その卒業生達がどうなってるか、追加調査がされたんです。

その結果が、かなり驚きのものだったんですね。

何と、「目標はあるが紙には書き出してない13パーセントの卒業生達」は、「目標無しの84パーセントの卒業生達」の、約2倍の収入を得ていたんです。

さらにさらに、「目標を紙に書き出していた3パーセントの卒業生達」は、「残り97パーセントの卒業生達」の、約10倍の収入を得ていたんです。

目標があるのと目標がないのとでは、こんなにも差がでてきてしまうんですね。

ここ重要なんですが、人間が結果を出すのに必要なのは、能力じゃないんです。

ふつう、なんにでもそうですが、スポーツの世界でも学問の世界でも、芸術の世界でも、裏社会だろうと、結果を出す人って、明確な目標を設定してそれを紙に書いてる人なんですね。

スポーツの世界だったら身体能力でしょ?とか、学問の世界だったら知能指数でしょ?とか思っちゃいますよね。あとは才能でしょ?とか。

もちろんそれもあると思います。ですが、人間の能力って、そこまで個人差って無いんですね。

それよりも遥かに大切なのが、目標を決めたらどこまでその目標にコミットメント出来るかってとこなんです。

 

結果を出してる人の目標設定法とは?

これはある時テレビで見たんですが、フィギュアスケートの羽生結弦選手、いますよね?

僕それ見てびっくりしたんですが、羽生結弦選手って、子供の頃から練習ノートってものをつけてるんですね。

その日出来なかったこととか、出来るようにしたい事とか、なんで出来なかったかとか、どうすれば出来るかとか、そんなことを毎日書いてるんです。

あと、羽生結弦選手だけじゃなくて、ボクシング世界チャンピョンの、井岡一翔選手っていますよね?

井岡一翔選手も、これびっくりなんですが、やっぱり練習ノートって子供の頃からつけてるんです。それも、毎日欠かさず書いてるそうです。

ここで、もう一度ハーバード大学が行った調査を思い出してほしいんです。

目標を紙に書き出していた3パーセントの卒業生達って、残り97パーセントの卒業生達の約10倍の収入を得てましたよね?

羽生選手、井岡選手、ハーバード大学の3パーセントの卒業生達、共通してるのって、「目標を紙に書いてるかどうか」なんです。

人間成功したり、結果を手にしたり、目標を達成するのに必要なことってなに?っていうと、「目標を紙に書く」それも「出来れば毎日書く」なんです。

これは誰が何と言おうと、理屈がどうなってるかとかそういうの抜きにして、事実、そうなってるんです。事実が物語ってるんです。

 

1000万円で開催された驚きのセミナーの内容とは?

1000万円のセミナーっていうのがあったそうなんです。

10万円じゃないですよ?100万円じゃないですよ?1000万円です!

これはあるところから入手した情報なんですが、日本人の方で、参加した人がいたらしいんですね。

1000万のセミナーですよ?

その内容って気になりません?僕は気になって仕方なかったんです。で、その内容っていうのが分かったんですね。

その内容が、なんと、「秘教に篭もって何日も何日もひたすら自分の目標を紙に書く」だったらしいんです。

驚きじゃないですか?なんと、1000万のセミナーの内容が、羽生選手がやってることと、井岡選手がやってることと、ハーバード大学3パーセントの学生がやってることと、同じじゃないですか!

で、その参加した人今どうなってるかっていうと、その目標全部叶えてるらしいんです(笑)

やっぱりこれって真理なんですね。

「毎日目標を紙に書く」

人間が成功する最大の方法であり、なんと1000万のセミナーの内容です。

これ以上の方法は無いらしいんです。是非やって下さい!

 

羽生結弦選手の名言

これまでひたすら目標を紙に書くことの凄さを語ってきましたが、そもそも目標がなければ始まりませんよね?

「目標がない!名言から目標を授かろう」が、今回のタイトルですし。

そこで、やっと名言の登場です。

名言っていうと、ずっと紹介してきた羽生結弦選手の名言って結構有名ですよね。

どんなこと言ってるかっていうと、こんなこと言ってるんです。

「一番の敵は自分自身じゃないかなぁ」

「僕は僕。羽生結弦以上でも、以下でもない。ありのままの自分が出来ることを、五輪でもしっかりやりたい」

「プレッシャーを感じても乗り越えることが出来れば、自分が強くなれる。」

「できることを出し惜しみしてやっていてもつまらない。それは一生懸命ではない。」

「王者になる。まずはそう口にして、自分の言葉にガーッと追いつけばいい。」

「期待される感覚が好き。それはプレッシャーじゃなくて快感なんです。」

「一からやり直して、自分で壁をしっかり爪の先でもいいからのぼりきりたい。」

「課題を乗り越えたらまたその上がある。」

「自分が今高みに立とうとしているのかしていないのか、そっちの方が今すごく重要視してる方なのかなっておもいます。」

まさに名言ですよね?21歳ですよ。(この記事を書いてる時点で)

どうしてこんな名言が言えるんでしょう?僕なりに少し考えてみました。

 

成功者が名言を放てる理由

まず、名言を放ってる人物って、成功者の方々ですよね?

名言には、有名人物や成功者の名言ってやつと、映画や漫画やアニメの名言ってやつがあるんですが、ここでは有名人や成功者の名言を取り上げます。

成功者って、何もしないでただで成功者になった訳じゃないんですね。

まず、目標があったはずです。「目標を紙に書く」これが成功の絶対条件なんで、これは分かりませんが、名言を残してる人物って、多かれ少なかれそういう事ってしてきてると思うんです。

で、目標って簡単に達成できるかっていうと、達成できないから目標なんですよね。

そもそも簡単に達成できちゃう事って、目標にすらなり得ないんです。

努力したりとか、壁にぶち当たったりとか、必死に自分と闘ったりとか、時には挫折しながら、もうダメなんじゃないかって思いながら、それでもそういうのを全て乗り越えてきて、目標を達成してきてるんです。

で、その過程で気づきとか、悟りっていっぱいあると思うんですよ。

先程の羽生結弦選手の名言1つとっても、「一番の敵は自分自身じゃないかなぁ」これなんかも、練習をサボりたいって気持ちとか、自分には出来ないんじゃないかって恐れとかと闘ってる時に、ふと気づいた事だと思うんです。

なので、要するに成功者って、何も目標がなくのほほんと生きてる人に比べて(それが悪いと言ってるわけじゃなくて)時間の濃度が濃いんですね。ギュっと凝縮されてるんです。

なので、学びの量もハンパなく多いんで、そんな中から名言って生まれて来ると思うんです。

イチロー選手の名言なんかも有名ですよね。

 

名言から目標を授かろう

ではとうとう本題に入っていきたいと思います。

名言から目標を授かる方法です。

「成功するには目標をたてそれを毎日紙に書き出す事」

これはしつこいくらい今まで書いてきたので、これを読んでる方もいい加減嫌になってるかもしれません(笑)

何度も言いますが、これこそが成功の絶対法則です。

ですが、そもそも目標がないと始まりませんよね?

そこで、数々の名言から目標を授かっちゃいましょうって話しです。

その前に言っときますが、生きていくうえで別に目標なんていらないって方は、無理して目標を持つことは無いと思います。

ですが、こんな言葉があるのはご存知でしょうか?

「目標を持たない者は、持つ者の為に働くよう、一生定められている」

分かりやすく言うと、一生目標がない人は目標がある人の手足として働くことになるんですよーって事です。

ですが、人の下で働きたい人もいますし、目標を持たずゆったりとした人生を歩みたい人もいますよね。

それはその人の人生なので、いいと思います。

目標を持ちたいって方は聞いてください。

では、名言から目標を授かる方法、いきたいと思います。

ステップ1.自分の理想の人物の名言を探す。

ステップ2.その名言を毎日「読む」「見る」「聴く」

これだけです。

本当にこれだけで十分です。

これは、ミラーニューロンというものを用いた方法なんです。

ミラーニューロンとは物まね細胞と呼ばれていて、人間は目の前にくりひろげられている出来事を無意識的に真似てしまう習性があるんです。詳しくはこちらの記事を参照下さい。

だからこそ「理想の人物の名言」である必要があるんです。

例えば、あなたの理想の人物がまた登場して頂きますが、羽生結弦選手であったとします。羽生選手の名言集を毎日読み、部屋のいたるところに貼って置き、羽生選手の名言音声を電車の中で聞き続けるだけで、あなたの思考、言動、行動が、羽生選手に似てくるはずです。

そうこうしているうちに、あなたにマッチした目標がやってくるはずです。

まずは、名言からミラーニューロンの影響を受け、その人物に近づくことが大切です。

 

まとめ

今回は、「目標がない!名言から目標を授かろう」という事で、いろいろ書いてきました。

「目標を紙に書くことの大切さ」

「なぜ成功者から名言がうまれるのか」

「名言から目標を授かる方法」

ぜひ、活用してみて下さい。

もしも目標がないのであれば、ファーストステップは、理想の人物に囲まれることです。

「この人いいな」って思う人の動画を観まくったり、本を読みまくったり、とにかくミラーニューロンの影響を受けて下さい。

そのうえで、名言から目標を受け取ってほしいと思います。

何度も言いますが、目標が見つかったら、出来れば毎日紙に書き出すことも忘れないでください!

名言に関しては、こちらの記事も参考になると思います。

スポンサードリンク