目標がないバイト生活から経済的自由への道

 

回の記事は「目標がないバイト生活から経済的自由への道」という事で、基本的にはフリーターや学生さんなど、バイト生活を送っている方向けの記事になります。

 

スポンサードリンク



 

恐らくですが、「一生目標がないバイト生活でいい」という方はいないのではないでしょうか?目標がないバイト生活から脱却し、ステージを上げていく方法を紹介していきます。

 

あなたはどんな毎日を送ってますか?

 

baito-1

 

 

あなたの目標がないバイト生活とは、どんなものでしょうか?この記事を見てくださっている方には、大学生の方もいるかもしれませんし、20歳前後の若いフリーターの方もいるかもしれませんし、40代50代の、中高年のフリーターの方もいるかもしれません。

 

共通しているのは、”目標がない”事だと思います。僕も一時期目標がないバイト生活をしていたので、良く分かります。僕の場合は、20歳前後の学生時代をずっとパチンコ店でバイト生活を送っていました。

 

目標がなく。自分が一体何をしていいのか全く分からない状態でした。朝、出勤の時間になると自動的に起きだし、「あー今日もバイトか嫌だな」と愚痴をこぼしながら歯をみがき、バイクで通勤している最中は、親が金持ちで仕送りをふんだんに貰っていて遊びほうけている友達が羨ましくて仕方ありませんでした。

 

ある日、お客さんから「お前死んだ魚の目をしてるな」と言われたこともあります(笑)バイトが終わると、特に目標がないまま、ツタヤで映画を借りて帰るか、友達に飲みに誘われれば目標がないまま飲んで騒ぐといった日々でした。

 

あなたの場合はどうでしょうか?似た人もいるかもしれませんし、全然違った境遇の方もいるかもしれません。貯金はいつもすれすれ、頭の中もお金が無くなる事への恐怖でいっぱいでした。多分この記事を読んで下さっている方も、同じような思いをいだいている方が多いのではないかと思います。

 

経済的自由への道

 

この様な生活を20代の半ばまで送ってきた僕は、貴重な時間をかなり無駄にしてきたと言えるでしょう。ですが、今は目標を持つことが出来、その目標に向かい、10年前とは比べ物にならないくらい張りのある毎日を送っています。

 

こんな他人の話は聞きたくないと思うので、僕が目標がないバイト生活を送っていたころから、どのようにしてマインドを変化することが出来たのかについて、シェアしていきたいと思います。

 

人間は本来究極の自由

 

僕が目標がないバイト生活から脱却できた一番のポイントとして、”人間は本来究極の自由である”という事に気付いてからでした。どういうことかというと、例えばあなたは今、ヨットに乗っていて、太平洋のど真ん中にいたとします。

 

あなたはどこに行こうと自由なんです。アメリカにも行けますし、中国にも行けますし、オーストラリアにも行けます。太平洋というのはたとえ話で、これはあなたの人生とも言えるんです。あなたは何をしてもいいんです。

 

おなかが空いたらポテトチップスを食べてもいいし、食べなくてもいい。居酒屋でアルバイトをしてもいいし、塾講師をしてもいい。北海道に住んでもいいし、東京に住んでもいい。選べますよね?

 

もちろん今のままバイト生活をしてもいいし、どこかの企業で正職として働いてもいいし、起業して自分でビジネスをはじめてもいいんです。選択自由ですよね?

 

この事に気付いてから、僕は目標がないバイト生活からおさらばすることが出来たんです。何をしてもいいというのは極端な例で、もちろん犯罪や人を傷つけるような行為はダメです(笑)

 

スポンサードリンク



 

自由であるにも関わらず行動できないのはセルフイメージが低いから

 

人生は究極的には自由であるって話をしました。目標がないバイト生活を永遠と死ぬまで続けるのも良いですし、起業して自分でビジネスをはじめて経済的自由を手にするのも自由です。

 

ですが、それにもかかわらず、みんな出来ないですよね?多くの人は、自由に自分で生きたいように生きていいんだという事に気付いてるんです。それにもかかわらず、

 

「起業して自分でビジネス始めればいいじゃん?」

「えー俺なんかが無理だよ」

「あの子が好きなら告白すればいいじゃん?」

「いやーきっともう彼氏がいるにきまってるよ」

「仕事がないなら東京にこして来ればいいじゃん?」

「俺なんかがやっていけるかなー」

 

こんな会話になってしまうのはなぜでしょう?その究極の秘密はセルフイメージというものにあるんです。セルフイメージというのは、自分で思う自分像の事です。実は世の中で成功しやすい人というのはセルフイメージが高い人なんです。

 

つまり、人生を思うように操るという事は、セルフイメージを自由に操るという事なんです。セルフイメージを操るには潜在意識について知る必要があります。下記の記事が参考になりますので是非参照下さい!

 

>>「自分が嫌い!変わりたいあなたへ」

 

人生の大原則は”等価交換”を知ること

 

ここまで読んで下さった、目標がないバイト生活を送っているあなたは、「人生は究極的に自由なんだ」「そして自由な人生を操るにはセルフイメージを操ればいいんだ」という事を知って頂けたことと思います。

 

ですが、これは本当の事なので言っておくのですが、人生を自由に操り理想を手にすることは可能なのですが、決して楽ではないんです。目標がないバイト生活って、ある意味楽ですよね?

 

中には「そんなことない!」と怒られる方もいるかもしれません(笑)なので、僕の例ですが、今思い返すとある意味楽でした。バイトなので責任は無いですし、仕事も休みやすいですし(実際に何度もずる休みをしました)嫌になったらすぐ辞めれますし。

 

目標がないバイト生活を送っていたころから何年かして、正職で訪問介護の管理者の仕事をしたのですが、そっちの仕事の方が数倍大変でしたね。

 

ですが、自分で仕事をクリエイト出来るという点で、バイトの仕事よりも断然やりがいがありましたし、楽しかったのも事実です。話しが少しずれましたが、人生は等価交換の原則が成り立っているって話です。

 

これはどういうことかというと、例えば東大に入りたいと思えば、それ相応の勉強をしないと不可能という事なんです。これが3流大とかになれば、その3分の1くらいの勉強量でも入れるかもしれません。これは何にでも当てはまるんです。

 

柔道で言えばオリンピックの金メダリストと、県大会優勝の人では、練習量もかけてる想いも比較にならないほど違いますよね。県大会優勝ももちろん凄いですが(笑)

 

どういうことかというと、それなりの結果を手にしたいと思えば、その結果を得るに値するだけの代価を払わないとならないんです。これが嫌だという人は、残念ながら成功は出来ません。

 

その理想が高ければ高いほど、支払わなければならない代価も増えるという事です。代価とは何かというと、時間だったり、労力だったり、お金だったりですね。「目標がないバイト生活はもうこりごりだ、よし、ネットビジネスで収入を得よう」

 

と思えば、当然ビジネスやネットの事を勉強しないとならないので、時間も労力もかかりますし、教材やコンサルなどでお金もかかります。ですが、時間と労力とお金をかけてスキルが身に付き、ようやくビジネスで結果を出せるようになるんです。

 

目標がないバイト生活から経済的自由までの4つのステージ

 

ここまで読み進めて下さった、目標がないバイト生活の方は、「人生は極論を言ってしまうと自由なんだ」「その自由な人生を操れるかどうかはセルフイメージにかかってるんだ」「結果を出すには必ずそれ相応の対価が必要なんだ」

 

という事を知って頂けたことと思います。次にやることは、”目標を見つける事”です。目標に関しては、今までの記事でさんざん書いてきてるので、今回は割愛します。目標のそもそもの意味について知りたい方は下記の記事を参照ください⇒

 

>>「目標がない!目標は人生の便利すぎるアイテムだからゲットした方がいい件」

 

目標には収入を10倍にする驚くべき力がある事実を知りたい方は下記の記事を参照下さい。⇒

 

>>「目標がない若者へ!目標を持つだけで年収が10倍になる事実・・・」

 

今回のタイトルが、「目標がないバイト生活から経済的自由への道」なので、最後になりましたが、目標がないバイトの状態から、経済的自由を手にするまでのステージを、4つに分けて紹介していきたいと思います。

 

第1ステージ:借金のステージ

 

このステージはそのまんまで、収入よりも出費が多く、借金が増えている状態です。

 

この状態で必要な事は、消費にお金をかけるのではなく、資産にお金をかけるという事です。

 

消費というのは、価値を減らすお金の使い方の事であり、資産というのは価値を増やすお金の使い方の事です。資産にお金を使う事を投資と言います。

 

具体的に言うと、明らかに無駄だなもの(ギャンブルやお酒や女遊び)に使うお金を、貯蓄や、返済や、ビジネスの勉強等にあてるという事です。

 

第2ステージ:収入と支出がとんとんの状態

 

この状態は、借金は無いけど貯蓄もない状態です。目標がないバイト生活の方は、このステージの方が一番多いのではないでしょうか。このステージで必要な事は、出費を減らし、収入を増やすことです。そうすれば結果的に貯蓄が増えていきます。

 

そしてその貯蓄は、貯蓄と自己投資の2つに分けましょう。貯蓄はそのまま貯蓄の事ですが、自己投資とは内的資産への投資のことです。内的資産とは何かというと、価値を生み続けるスキルの事なんです。

 

僕が思う内的資産とは、ライティングスキル、コピーのスキル、パブリックスピーキング、ビジネスの知識、マーケティングのスキル、コミュニケーションスキル、心理学、などなどです。

 

これらのスキルは、価値を生み続けるものだからです。例えばコミュニケーションの能力1つあるだけでも、何10社の黒字ビジネスオーナーに気に入ってもらえて一緒にビジネスをさせて頂けるチャンス、なんてものも生まれるかもしれないんです。

 

第3ステージ:収入が支出を上回ってる状態

このステージは、どんどん貯金が増えていくステージです。

 

この状態で必要な事は、貯蓄を自己投資にふんだんに費やし、身に着けたスキルを使って収入を増やしていくという循環をつくる事です。

 

パブリックスピーキングを使えばセミナー業が出来ますし、マーケティングとコピーのスキルがあればコピーライターとしての収入源も得られます。

 

とにかく、

 

自己投資→スキルを身に着ける→そのスキルを使いお金を生み出す、

 

の循環をつくりましょう。そうすれば飛躍的に収入が増えていくはずです。

 

第4ステージ:資産運営の状態

 

この状態に突入し、はじめて経済的自由が手に入ると言っても過言ではありません。

 

このステージは、貯金を資産に変えて、自動で価値を増やし続けるステージです。

 

現金は資産とは違うんですか?という質問が良くあるのですが、厳密には違うという答えが正解の様です。

 

資産の定義とは価値が上がり続けるものの事です。現金がなぜ資産ではないかというと、世界経済の変動で円高になったり円安になったりするので、価値が上がり下がりして安定しないんですね。

 

ハイパーインフレが起こればいくら貯蓄があったとしても一瞬にして紙切れなんてことにもなりかねないんです。なので、大富豪の方は例外なくやっているのですが、現金を価値が上がり続ける別のものに変えるんです。

 

例えば、株、ゴールド、絵画、土地、などがそうです。このステージに入って初めて、経済的自由のステージと言えるんです。参考になったでしょうか?

 

偉そうなことを言ってますが、僕はまだまだです。やっと第3ステージの入り口にいるってところです(笑)目標がないバイト生活の状態から是非一緒に頑張っていきましょう!

 

まとめ

 

今回は、「目標がないバイト生活から経済的自由への道」という事で、以下の内容を紹介しました。

 

◆本来人間は自由なんですよって話。

◆自由な人生を謳歌するにはセルフイメージを操る必要があるんですよって話。

◆結果を手にするにはそれ相応の代価が必要なんですよって話。

◆目標がないバイト生活から、経済的自由までの4つのステージ。

 

言い忘れましたが、ここで紹介した内容は、本業にしろ副業にしろ”自分でビジネスをはじめましょう”って内容です。資産を増やすには当然ですが、お金が必要ですよね?

 

資産のない方がお金を”安全に”手に入れるためには2つの方法しか無いんです。安全じゃない方法っていうのはギャンブルや詐欺などの犯罪行為ですが、これはもちろん論外です。

 

2つとは何かというと、1つが会社の給料を上げるという方法。2つが、自分でビジネスを所有し、自分でお金を生み出すという方法です。

 

1つ目の会社の給料を上げる方法ですが、そもそも、給料のいい会社に就職してないとかなり厳しいですよね?業種にもよります。どんなに頑張ってもたかが知れてる業種では、そもそも不可能な方法なんです。

 

なので、1番確実な方法が、自分でビジネスを所有するという方法なんです。この具体的なやり方については、機会があれば別の記事で述べたいと思います。それでは最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

スポンサードリンク