がんになるのは生き方を変える為!?奇跡の事例とその検証!!

 

回は、「がんになるのは生き方を変える為」ではないかと言った、検証をしていきたいと思います。と言うのも、「生き方を変えたらがんが治った」と言った奇跡に思えるケースが数多く存在しているからです。

 

スポンサードリンク



 

それは、逆に言えば生き方を変える為にがんが存在している。がんになったら生き方を変えなければならないサインという事が出来ないでしょうか?この考えが決して極端でないことが、今回の記事を読んで頂ければお分かりいただけると思います。

 

がんとは何か?

 

 

宇田川です。

 

今回は、がんになるのは生き方を変える為ではないかと言った、検証をしていきたいと思います。その前に、がんとは何かと言った、基本的なところを書いていきたいと思います。

 

がんを知らない方はいないでしょう。後程詳しく述べますが、がんは日本人の死亡率のダントツトップです。おそらく、親戚をがんで亡くしている方もいるはずです。

 

しかしながら、がんって何?と言われた時、明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。がんは、悪性腫瘍、悪性新生物とも言われます。

 

ですが、これだけでは良く分からないでしょう。簡単に言うと、細胞が変異して正常なはたきを失っていく事ががんになるという事です。

 

これは人間社会に例えると良く分かると思います。例えば、超暴力的で殺人、放火、窃盗などの悪い事尽くしを働く人間がいたとします。

 

その様な人は、当然逮捕されて刑務所送りになるでしょう。ですが、その様な人の数が人口の5パーセント、10パーセント、20パーセントと増えていったらどうなるでしょう。

 

警察では対処できなくなり、ついには街そのものが滅んでしまうのではないでしょうか?これと全く同じような事が体でおこっていく事ががんです。

 

がんは日本人の死亡率トップ

 

ちなみにこのがんですが、今や立派な日本人の死亡率のトップを飾っています。なぜがんになる人がこんなにも増えたのでしょうか?

 

それは、食生活や生活習慣の変化によるものと、一般的には言われています。僕たちは日常的に発がん物質を意識せずとも口にし続けているのです。

 

例えば、100年前と比べると、食生活は革命的変化を遂げています。今ではコンビニで手軽に食べ物が買える時代です。おなかが空いたなと思えば、コンビニに駆け込めば食欲を満たせるのです。

 

しかし、これは自然界の摂理から行くとあり得ない事であることが分かると思います。食品はすぐに腐るように出来ているからです。

 

例えば、ある人はマクドナルドのハンバーガーをコートのポケットに入れたまま忘れていて、一年後にとりだしたら全くそのままの形で残っていたそうです。

 

それは防腐剤などの添加物がふんだんに使用されているからであり、コンビニやスーパーの食品にも同様の事が言えるのです。

 

その様な自然界の摂理に逆らう化学薬品が食品にはふんだんに含まれていて、それらの化学薬品などが発がん物質と言われているのです。

 

この見方は、一般的ななぜがんによる死亡率が急速に伸びているのか?の答えになるのですが、今回の趣旨の様に、医学の常識では考えられない、生き方を変えたら末期がんの患者すら治ったという事例が沢山存在しているのです。

 

その事から言えることは、がんになるのは生き方を変える為。そしてがんになる人が増えているという事は、生き方を変えるべき人が増えているため、とも言えるのではないかと思うのです。

 

事例を出しながら、その検証を行っていくのが今回の記事になるのですが、その前に、がんになったら通常はどのような治療が行われるのか、見ていきたいと思います。

 

がん治療の実態

 

がん患者に行われる治療は、3大療法と言われています。それが、抗がん剤、手術、放射線治療です。医者により、がんと診断された方は、当たり前の様にこれらの治療を受けます。

 

ですが、がんが生き方を変える事で治るのであれば、これらの治療は一体何のためにあるのでしょうか?もしも、生き方を変えるだけでがんが治るとしたら、これらの治療は全くの無駄とすら言えます。

 

ここで、恐ろしい話をしておきたいと思います。信じる信じないは別として、厚生労働省はがんの三大治療には全く効果がないと、正式に把握しているのだそうです。

 

ある人が電話で厚生労働省に電話でがんの三大治療について尋ねると、「全く効果ありません」と答えたと言います。もしも仮にこれが本当だったとします。

 

じゃあ、なぜ効果のない治療がなされるのでしょうか?がん患者は一人頭一千万円と言われているのをご存知でしょうか?医薬品業界には、巨大すぎる利権が潜んでいます。

 

医薬品業界を世界で一番最初に築いてきたのは、かのロックフェラーと言われています。ロックフェラーは、医薬品を浸透させるために、ハーブなどのそれまで行われていた伝統的な療法を猛攻撃しました。

 

伝統療法はインチキだ、医薬品こそ正しい。と言いながら、本人にはハーブの専門医を専属でつけていたそうです。これは有名な話です。

 

さらに、発がん物質をふんだんに含んだ食品業界を牛耳っているのも、医薬品業界を牛耳っているところと繋がっているのです。

 

あえて発がん物質をふんだんに含んだ食品を蔓延させ、がん患者を増やし、高額な治療費で儲ける・・・こんな仕組みが裏で出来上がっていると考えるのは、考えすぎでしょうか?

 

かなり話が脱線してしまいましたが、もしもがんを根本的に治す本質が、今の医薬品現場とは全くかけ離れたところにあるとすると、どうでしょうか?

 

ある医師は、がんは熱を加えるだけでなくなると言っています。それも40度の熱です。本当に40度の熱を加えるだけでがんが無くなるとしたら、驚きですよね。今の治療は一体何なんだって話になります。

 

しかし、それ以上に生き方を変える事こそ、がんの本質的な治療だったら・・・そんな事例は山ほど存在するそうですが、医学的にはあり得ない事なので取り上げられず、表舞台にも出回らないそうです。

 

スポンサードリンク



 

生き方を変えてがんが治った事例

 

では、判明されている生き方を変える事でがんが治った事例には、どんなものがあるのでしょうか?

 

1:Aさん42歳女性

 

Aさんは、余命三か月の進行がんと診断されました。Aさんはどうせ助かる見込みがないならと、一種の悟りの様な境地に達したのでしょう。

 

死を受け入れ開き直って、娘の事を想って家の整理整頓をはじめたそうです。それもあり得ない位隅から隅までピカピカにしていったと言います。

 

助からないならと、がんの治療は一切やめ掃除しかしていなかったそうです。しかし、何故か突然病状が改善。8年経った今でも何の異常も無いそうです。

 

2:Bさん70歳女性

 

Bさんはがんが足の骨に転移して歩行困難に陥っていたそうです。Bさんは、当初こそ何とかして歩けるようになりたいと、焦りを募っていたそうです。

 

しかし、同じ病室の若い乳がん患者をいつしか気に留めるようになり、気付いたら我も忘れて彼女の世話をやくようになっていったそうです。

 

Bさんは気付いた時には足の痛みが消失していたそうで、3か月後には完全に痛みが無くなり、特にこれと言った治療を施していないにもかかわらず、完治して歩いて退院していったそうです。

 

3:中村天風

 

中村天風と言う人をご存知でしょうか?日本の有名な起業家で、メンターのメンターと言われている人です。例えば、松下幸之助のメンターでもあったそうです。

 

中村天風さんはもともと、当時不治の病と言われた結核をヒマラヤに渡り、ヨガをマスターすることで克服した、一種の悟りを開いたぶっ飛んだ人なので、例としては当てはまらないかもしれません。

 

しかし、中村天風さんは生き方を変えるどころか、精神を集中することで一瞬でがんを治したことがあるようです。ある日声が出にくくなった天風さんは知人の医師から喉頭がんと言われたそうです。

 

それから全く声が出せずに困っていたそうですが、ある日講演に呼ばれ、壇上に招き入れられてしまったそうです。壇上から下を見ると、ひと声でも声を聞きたいと熱望する人たちで溢れかえっていて、何とかそれに応えたいと思ったそうです。

 

そこで、どうしたかと言うと、クンバハカ(ヨガの技で精神統一状態)になって叫び声をあげると、のどからドバっと血の塊が飛び出し、声が出せるようになったそうです。

 

それからがんはきれいさっぱり治ってしまったそうです。

 

生き方を変えることでがんが治ることの検証

 

上記の例は、生き方を変える事でがんが治ったケースです。なぜ生き方を変える事でがんが治るのでしょうか?これからじっくり検証していきたいと思います。

 

ポイントは、上記の例はがんを治したのは生き方を変えた事のみであり、医学的な治療は一切施していないという事です。という事は、人間には先天的にがんを治す力が備わっているという事です。

 

ここでもう一つ、壊滅的ながんを一切の医学的な療法を行わずに治した男の子の事例を紹介したいと思います。

 

この事例は、末期の脳腫瘍で、回復の見込みが極めて低いとされた九歳の少年が、イメー
ジによって「脳の腫瘍」が消えた話です。

少年の脳の悪性腫瘍は、神経を圧迫して左半身の麻痺を引き起こし、その上、腫瘍が深い
所にできていたため、手術もできない状態でした。そのとき少年が出会ったのがアメリカ・
カンザス州で、クリニックを開業する臨床心理学博士「パトリシア・ノリス」という医者でした。

ちょうどその頃、映画やゲームでは、「スターウォ―ズの戦い」がはやっていて、また少年が
スターウォーズの大ファンであることを知って、このイメージ療法を取り入れたのである。

博士は、「スターウォーズの戦い」を脳腫瘍との闘いに見立て、少年に脳腫瘍を退治するイ
メージの絵を描かせたのである。

それは、宇宙船が白血球と協力して、癌細胞を攻撃して
やっけていくというイメージでした。そして、イメージをふくらませるために、書いた絵は、回
を重ねるごとに具体的にしていった。

さらに、ノリス博士は闘いの様子をテープにおさめ、敵が簡単に倒せる相手ではないことも
少年に知らせ、集中力を高めていった。少年は毎日テープを聴いて、それは一日も欠かす
ことなく続けられたのである。

★そして1年後である。CTスキャンで調べてみると、脳の中
にあった腫瘍の影はすっかり消えていたのである。

ノリス博士は言う、「メージ療法は誰にでも効果があるわけではないが、イメージを高めて、
前向きの姿勢で生きていけば、驚くような効果が現れるということを、この事例は教えてく
れた」と。

プラス思考は、これほどまでに人間の体に大きな影響力を与えるのである。この
事例は奇跡のような話ですが、このような事例は数多く見られる。

出典:病気治癒と潜在意識の活用!

 

この事例はにわかには信じられないでしょうが、まぎれもない事実です。イメージだけで脳腫瘍を克服してしまったのです。さらに、人間のイメージには目標達成など、現実を操る力すらあると言われています。その力の使い方は下記の記事でお確かめください⇒

 

>>「イメージが目標達成に超効果的な理由と使い方」

 

なぜこのような事が起こり得るのか?実は、簡単な事なのです。人間の想念と言うのは、身体機能を操る力があるのです。その力を有効的に活用することで、がんや腫瘍すら自力で直せる力が人間には本来そなわっているという事です。

 

その力は簡単に実感することが出来ます。例えば、レモンを食べているところを想像するだけで、唾液が出てきたりしますよね?

 

あるいは、おなかが空いている時においしそうな料理番組を見るだけでお腹が鳴ったり唾液が出てきたりと言うのは、誰にでもある事だと思います。

 

これって不思議だと思いませんか?実際にレモンを食べている訳ではないのに、おいしそうな料理が目の前にある訳ではないのに、体はその様に反応するのです。

 

これは紛れもない事実です。そして、この人間に備わっている想念が体に影響を与えるという事実は、よくも悪くも働くのです。

 

いい例と言うのが、生き方を変えてがんを治した事例や、脳腫瘍をイメージだけで克服した少年の例であり、悪い例と言うのが、胃潰瘍などのストレスが原因で引き起こされる病気です。

 

生き方を変える事でがんが治った人たちは、生き方を変える事で想念やイメージに変化が生じ、それらの想念やイメージががんを治す働きを体に起こさせ、実際にがんを克服するに至ったという事です。

 

これは超重要な事です。人間には本来がんすら治す力が備わっているという事です。そしてその力を発揮するコツが生き方を変えることなのです。

 

2対8の法則で言うと生き方は8に相当

 

2対8の法則と言うのをご存知でしょうか?全体の8割の事象を2割が作っているといった法則です。例えば、会社の売り上げの8割は2割の人間で賄われています。

 

あるいは、ブログのアクセスも8割は2割の記事で集めています。この様な法則が世の中には働いていると言われているのですが、これをがんと生き方に当てはめたいと思います。

 

すると、次のような驚くべきことが言えるそうです。がんを治すのに必要な8割は生き方や想念に相当し、とんな治療を行うか?等の医学的措置は2割に相当するそうです。

 

もっと言うと、人間ががんになる原因の8割は生き方にあり、化学薬品などの影響は2割に相当するそうです。ビックリする事実ですが、なぜそんなことが言えるのか?と思われるでしょう。

 

実はこれは僕の思い付きではなく、Mr.Xと言う方が言っていることす。Mr.xは日本のネット企業の礎を築いた方とすら言われている人物です。Mr.xについては下記の記事でも紹介しています⇒

 

>>「最強!!サラリーマンが副業で不労所得をつくる4つの方法とは!?」

 

なぜネット起業家のMr.Xが出て来るかと言うと、彼は現在、難病の治療ビジネスを行っているのです。そして実際に、不治の病とか余命3ヵ月とかの人たちを、現代医学ではなく、ハーブなどを使った独自の療法で直しているのです。

 

その彼がこの様に言っているのです。実際に治療に難病の治療にたずさわり、現代医学では匙を投げられた人たちを現にすくっている方がこの様に言うのですから、信憑性は高いといえるでしょう。

 

生き方を変える為にがんは存在している

 

ここまでをまとめると、生き方を変える事でがんを治している方は事実存在しているという事です。なぜ生き方を変える事でがんが治るかと言うと、人間には本来身体を操る機能が備わっているからです。

 

そして、生き方を変えることでそのスイッチがオンになり、時には末期がんすら治してしまうという事です。そして、現代医学や療法は、がんを治すファクターの2割にしか相当しないという驚きの事実です。

 

8割は生き方や想念やイメージにガンを治すポイントがあるのです。抗がん剤や手術や放射線でがんが治っている方も沢山いるではないか?と思われるかもしれません。

 

しかし、がんを治す要素の8割が生き方を変える事にあるとすると、3大療法でがんが治った人たちも、実は3大療法の結果ではなく、何らかの形で生き方を変えるスイッチがオンになったからと言えないでしょうか?

 

現に、すでに書きましたが厚生労働省は3大治療は効果がないと言い切っているそうです。信じるか否かは人それぞれですが。

 

しかし、生き方を変える事でがんが治るのであれば、逆に言うとがんがこの世に存在しているのは、生き方を変える為とも言えるのではないでしょうか?

 

冒頭の方で、がんを犯罪者に例えて説明しましたが、犯罪者を減らすためには力で押さえつける警察を増やすのではなく、そもそも犯罪者が現れない様な、豊かな街づくりを目指すべきであり、それが生き方を変えるということなのではないかと思うのです。

 

では、どの様に生き方を変えるべきなのか?ここの部分が一番重要ですが、ぜひ下記の記事を参照頂きたく思います⇒

 

>>「タイムリープで人生をやり直したい!タイムリープを可能にする方法は存在した!」

 

まとめ

 

今回は、「がんになるのは生き方を変える為!?奇跡の事例とその検証!!」という事で、生き方を変えてがんが治った奇跡の様な事例と、なぜそのような事が起こるのか?といった検証をしてきました。

 

その結果は、奇跡でもなんでもなく、人間には本来がんすら治す力が当たり前の様に備わっているという事です。その力を発揮するポイントが生き方を変える事にあるという事です。

 

ぜひ参考にして頂ければと思います。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

 

スポンサードリンク