優柔不断な自分の性格を逆手にとって120%活躍してしまう極意

 

さかあなたは「優柔不断な自分の性格をなおそう」なんて思ってないですよね?もしそうだとしたら大変申し訳ないのですが、今の時代、自分の性格の短所を克服していくという考え方は、もはや時代遅れなんです。

 

これから紹介していく方法は、あなたは一切努力することなく、優柔不断な自分の性格を逆手に取り、いわば視点を変える事のみにより、現実を180度ひっくり返し、最大限の活躍をしていくための極意です。

 

優柔不断な自分の性格がどうして嫌いでしょうか?

 

 

すでにお気づきの通り、この記事は、優柔不断な自分の性格に悩んでいるあなたにあてた記事になります。そんな優柔不断な自分の性格が邪魔をして、たとえばあなたが会社を辞める決断をしたいと思っていたとしても、いつまで経っても脱サラに踏み切ることが出来ないのではないでしょうか?

 

すでに書いた通り、この記事は、優柔不断なあなたの性格を克服させるための記事ではありません。性格を直すための努力は一切することなく、優柔不断な自分の性格を逆手に取り、今まで経験したことのない様な活躍をして頂くための記事です。

 

ですが、その為にはまず現状把握から入らなければなりません。ここでは、優柔不断な自分の性格が実社会にどのような不都合を生み出しているのか?上げていきたいと思います。

 

優柔不断な自分の性格により引き起こされる不都合➀決断が遅い

 

「決断が遅い」は、優柔不断な性格の代名詞とも呼べるのではないでしょうか?レストランに行けば「スパゲッティーがいかな?ピザがいいかな?うーん・・・」ユニクロにTシャツを買いに行けば、「緑がいいかな?青がいいかな?うーん・・・」

 

「いかげん早く決めてよ!!」そのセリフを、友人に、家族に、恋人に、あなたは耳にタコができるほど聞かされてるのではないでしょうか?

 

優柔不断な自分の性格により引き起こされる不都合➁過去をこれでもかという程振り返る

 

優柔不断な性格の2つ目として「過去を何度も振り返る」というものがあります。時間に時間を重ね、同行者をこれでもかという程イラつかせ、ようやく決断したはいいものの、「あーやっぱりこっちが良かったかな?いや、あっちにしとけばよかったかな?」と、いつまで経ってもグジグジと考え続けます。

 

同行者が疲弊するのはもちろんの事、優柔不断な性格のあなた自身が一番神経をすり減らしてしまいます。

 

優柔不断な自分の性格により引き起こされる不都合➂自主性がない

 

優柔不断な性格の特徴の3つ目は、「自主性がない」です。自主性がないというのはどういうことかというと、「どっちでもいい」が口癖という事です。

 

優柔不断な性格であるあなたは、「どっちでもいい」というセリフを一日に何回使うでしょうか?母親から「今日の朝ご飯はごはんにする?パンにする?」『どっちでもいい』。会社のOLから、「コーヒーにしますか?お茶にしますか?」『どっちでもいいです』。会社の上司から「今日飲みに行く?どうする?」『どっちでもいいです』・・・ゆうに100回は超えているのではないでしょうか?

 

優柔不断な自分の性格により引き起こされる不都合➃とにかく目立ちたがらない

 

優柔不断な性格の4つ目の特徴として、「とにかく目立ちたがらない」というものがあります。集団のなかではとにかく発言は控え、リーダーシップというものからは無縁でしょう。

 

それ故に自主性は限りなく低く、なんとなーくみんなの進む方向に流されていくという事が常ではないでしょうか?

 

優柔不断な自分の性格をどのように活かせば120%輝かすことが出来るのか?

 

あなたはこんな自分の優柔不断な性格に疲労しきり、「もういい加減優柔不断な性格を直したい!!」と空を仰いで叫ぶほど、自分の性格に悩んでいるかもしれません。

 

ですが、ポイントは実はそこではないんです。小見出しにすでに書いた通り、「どうすれば優柔不断な自分の性格を120%輝かすことが出来るのか?」という部分なんです。

 

これから具体的なメソッドの紹介に入っていきます。このメソッドは経営コンサルティングの世界では、「長所進展法」と呼ばれています。

 

この方法は使い方を間違えると、とても恐ろしいものになります。どれくらい恐ろしいかというと、パート職員さんたちからゴキブリ以下に嫌われていたある女性職員が、わずか3ヵ月にしてその現実を180度ひっくり返し、パート職員さんたちから、まるでマザーテレサのごとく感謝され崇め奉られるように現実を操った手法になります。

 

驚くべきことに、その女性職員は一切の努力をしていないのです。ただやったことは、自分の魅せ方を変え、パート職員さんたちの視点をずらしたという事のみです。その詳しいいきさつは下記の記事に書いてあります。ぜひ参照して下さい⇒

 

>>「自分の性格の短所を一瞬にして最強の武器に変えてしまうテクニック」

 

では、早速その恐るべき手法をステップバイステップで伝授したいと思います。心して読んで下さい。

 

ステップ1:自分の性格そのものの本質を理解する

 

>>「矛盾する自分の性格の不思議を解き明かせば120倍生きるのが楽になる」

 

ステップ1では、上記の記事を最低3回は読み返し、自分の性格というものの本質を理解して下さい。勝利をあげるには敵を知ることから始めなければなりません。

 

ここで言う敵は、優柔不断な自分の性格になります。この記事を読めば、あなたという人間の性格がどの様にして形成されたのか1から知る事が出来ます。

 

ステップ2:優柔不断な自分の性格を客観的に把握する

 

>>「自分の性格を客観的に把握するスキル【人生が7倍豊かになる極意】」

 

ステップ2では、上記の記事を最低3回読み返し、優柔不断な自分の性格を客観的に把握して下さい。この「客観的に」というところが最大のポイントになります。

 

大半の人は、自分で把握している自分の性格と、第三者からみたその人の性格には多かれ少なかれズレがある場合がほとんどです。ですが、自分の性格の魅力をさりげなく最大限アピールしていくためには、そのズレが少なくなればなるほど倍々的に効果が上がっていくんです。

 

その具体的なメソッドがこの記事には書いてあります。

 

ステップ3:優柔不断な自分の性格の短所をひっくり返し長所に変える

 

>>「自分の性格の短所を一瞬にして最強の武器に変えてしまうテクニック」

 

ステップ3では、いよいよ優柔不断な自分の性格が最大の武器に変わります。上記の記事を最低5回は読み返して、優柔不断な自分の性格の短所を、最先端軍事兵器にもまさる武器に変えていって下さい。

 

あなたの短所が最低であればあるほど、その短所が180度ひっくり返り、最低な分だけ最高なものになります。

 

ステップ4:ある可能性を考慮した場合

 

ステップ3までで、99%の優柔不断な自分の性格に悩む人は、完璧にこのメソッドを使いこなすことが出来ます。ですが、あなたが残り1%の人間である可能性も考慮して、この記事を読んで下さった優柔不断な性格に悩む人たちが100%このメソッドを使いこなせるようにしたいと思います。

 

もしもあなたの性格が下記のいずれかに当たるのであれば、これから紹介する記事を10回は熟読して下さい。1つも当てはまらない場合は、スルーして下さって結構です。

 

とにかくマイナス思考

☑人の親切には裏があるのではないか?と思ってしまう

☑人の不幸は蜜の味

☑とにかく他人を信用できない

☑一生懸命頑張ってる人が失敗すると手を叩いて喜ぶ

☑不平不満が口癖になっている

 

いかがでしょうか?もしも1つでも当てはまるなら、下記の記事を最低10回は熟読してして下さい。

 

>>「自分の性格の歪みを根絶させる方法」

 

優柔不断な自分の性格をさらに発展させて現実を生きていくために取り組むべき3つの事

 

ここまでではっきり言って優柔不断な性格のあなたの現実は180度変わるでしょう。ここからは、さらに未知なる次元の景色を堪能したい方の為に書いていきたいと思います。

 

ステップ3(人によってはステップ4)までを忠実に実行して頂くだけであなたの現実は驚くほど動くことでしょう。ですが、人間の欲は尽きない物です。そんな欲張りなあなたは次の3つの事に取り組むことで、さらなるステージに昇ることが可能となります。

 

➀自分軸をはっきりさせる

 

その1つ目は「自分軸をはっきりさせる」という事です。優柔不断な性格のかたは、とにかく自分軸が曖昧です。ですが、自分軸というものをアピールしていくだけで、第三者があなたを見る目が変わります。

 

「コーヒーが好きなのか?紅茶が好きなのか?」「ジャイアンツなのか?楽天なのか?」「ネクタイは赤なのか?青なのか?」そんな些細な事だけでいいんです。

 

➁責任感を持つ

 

優柔不断な性格の人は責任逃れをしがちです。責任を取りたくないがための優柔不断ともいえます。そんなあなたが責任を背負う姿勢を見せるだけで、周囲の視線は180度変わる事でしょう。

 

➂リーダーシップをとる

 

優柔不断な性格の人は「他人に指示を出す」「声をあげて大多数の人間をまとめ上げる」と言ったことから、とにかく逃げたがります。

 

普段はおとなしいあなたが、キリッとした表情で号令をかけたならば、女性職員たちは頬を赤らめてあなたにくぎ付けとなるかもしれませんよ。

 

まとめ

 

今回の記事は、「優柔不断な自分の性格を逆手にとって120%活躍してしまう極意」という事で、優柔不断な自分の性格に悩む方にあてたものになります。

 

脱サラにも決断はつきものです。あなたが会社を引退し、次のステージに進むためにも、ぜひ今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

優柔不断な自分の性格をこれ以上ないほど魅力たっぷりに一言で表す方法は、下記の記事を参照して下さい!!⇒

 

>>「自分の性格を一言で言うコツ(例文付き)【悪用厳禁!!コピーの禁断テクを使用したメソッド」

 

スポンサードリンク