傲慢な自分の性格の短所を一瞬にして長所に変える秘密

 

 

なたは自分の性格を傲慢と言われたことはないでしょうか?傲慢な性格の人を好きになる人はまずいません。ですが、ある方法を使えば、自分の傲慢な性格を一切直すことなく、他人から莫大な信頼と感謝を集めることが可能となります。

スポンサードリンク



なぜなら、誰もあなたの性格が傲慢だという事に気が付かないからです。ごく自然にふるまってるだけでいいんです。それだけで面白いようにあなたの基に人が寄ってくることでしょう。

 

傲慢な自分の性格が嫌われる5つの理由

 

 

自分の傲慢な性格というのは上手く活用していけばこの上ない武器に変わります。例えば、あなたが会社を脱サラして独立したいと考えていたとすると、傲慢な性格が役に立つでしょう。

 

ですが、すでに書いた通り、傲慢な性格の人を好きになる人はまずいません。その理由を書いていきたいと思います。もしかしたらあなたはそんな心当たりがないかもしれません。ですが、他人からはこの様に見えているということです。

 

傲慢な自分の性格が好かれない理由➀上から目線

 

傲慢な性格の人は、とにかく上から目線です。上から目線で接してくる人の事を快く感じる人はいません。

 

傲慢な自分の性格が好かれない理由➁偉そう

 

傲慢な性格の持ち主は、何かにつけて偉そうです。何かにつけて自慢話が多かったり、命令口調であったり、人のダメ出しばかりします。

 

傲慢な自分の性格が好かれない理由➂自分の非を認めない

 

傲慢な性格の人は、明らかに自分が悪い場合でも自分の非をなかなか認めようとしません。とにかく、言い訳をしたり、他人に責任転換しようとしたりします。

 

傲慢な自分の性格が好かれない理由➃人をバカにする

 

傲慢な性格の人は、何かにつけて人をバカにします。バカにされて快く感じる人はいません。人をバカにする姿を見るのも心地よくないものです。

 

傲慢な自分の性格が好かれない理由⑤感謝しない

 

傲慢な性格の人は、人に感謝するという事をしません。明らかに助けてもらったのに、「ありがとう」の一言もなくさも当然という態度では人から敬遠されてしまいます。

 

これらの特徴を持っていながらなぜか好かれる人もいる

 

傲慢な人の特徴をあげてきました。傲慢な人というのは、上記の様な傾向を持ち合わせています。このような人というのは普通は嫌われます。

 

ですが、これらの特徴を持っていながら嫌われない人というのがまれに存在します。嫌われないどころか好かれたり、頼りにされたり、尊敬されたりすらします。

 

その代表格がホリエモンでしょう。テレビに出ている彼の発言や態度を見ると、常に上から目線だし、他人をバカにするようなこともします。自分の非も認めなそうですし、感謝もあまりしなそうに見えます。

 

ですが、一般的なホリエモンのイメージは、「傲慢な人」というよりも、「鬼才」「凄い人」「頭のいい人」なのではないでしょうか?もちろん、あれだけの成功をしたり世間を騒がせた人なので、そのイメージもあるでしょう。ですが、それだけではないんです。

 

今回の記事の最大のポイントは、「ただの嫌われ者である傲慢な人」と、「ホリエモンの様に傲慢でありながら違ったイメージを持たれてる人」の違いは何か?という探求なんです。

スポンサードリンク



傲慢な自分の性格を最大限の武器に変える具体的な5つのステップ

 

それでは、どうすれば自分の傲慢な性格を最大限の長所に変えていくことが出来るのか?ステップバイステップで書いていきたいと思います。そのステップは下記になります。

 

ステップ1:傲慢な自分の性格の成り立ちを知る

ステップ2:自分の性格の歪みを把握する

ステップ3:自分の性格を客観的に把握する

ステップ4:自分の性格を理解する

ステップ5:傲慢な自分の性格の短所を長所に変える

 

ステップ1:傲慢な自分の性格の成り立ちを知る

 

>>「矛盾する自分の性格の不思議を解き明かせば120倍生きるのが楽になる」

 

ステップ1では、上記の記事を3回ほど読み返し、自分の性格の成り立ちを理解して下さい。

 

傲慢な性格の人というのは、「常に他人より上でいたい」という気持ちが深層心理に隠されています。ですが、その深層心理に自分で気づいていない場合が程んどです。自分の性格の成り立ちを見つめ、まずは自分で気づいていない深層心理に気付くことがスタートになります。

 

ステップ2:自分の性格の歪みを把握する

 

>>「自分の性格の歪みを根絶させる方法」

 

ステップ2では、上記の記事を3回読み返し、自分の性格の歪みを把握してください。実はあまり知られていませんが、傲慢な性格の人が嫌われてしまう最大のポイントは、性格の歪みに隠されているんです。

 

傲慢かどうかというのはもはやあまり関係ありません。関係してくるのは性格の歪みです。なぜホリエモンが一見傲慢に見える性格でありながら、莫大な信頼と尊敬を得られているのか?それは、彼の性格には歪みがないからに他なりません。

 

ステップ3:自分の性格を客観的に把握する

 

>>「自分の性格を客観的に把握するスキル【人生が7倍豊かになる極意】」

 

ステップ3では、上記の記事を3回読み返し、自分の性格を客観的に把握して下さい。この「客観的に」がポイントになります。

 

他人から嫌われたり敬遠されたりしてしまう人の最大のポイントは、「自分で把握している自分の性格」と「他人から見た性格」がかけ離れている事なんです。

 

その差がなくなればなくなるほど、人間関係が円滑になり、他人から好かれ、信頼されるようになります。なので、自分の性格を客観的に把握するスキルはこの上なく大切なスキルです。

 

ステップ4:自分の性格を理解する

 

>>「自分の性格を理解すればするほど理想の現実が手に入る理由」

 

ステップ4では、上記の記事を3回読み返し、自分の性格をさらに深く理解して下さい。

 

幸せな成功者の特徴を1つだけ上げるとすると、それは、「とにかく自分の性格を自分で知る尽くしていること」です。

 

傲慢な性格というのは実はたいした問題ではないんです。どんな性格だろうと、自分の性格をいかに理解しているか?が、人間関係においても仕事においても、それらを円滑にする最大のポイントです。

 

ステップ5:傲慢な自分の性格の短所を長所に変える

 

>>「自分の性格の短所を一瞬にして最強の武器に変えてしまうテクニック」

 

ステップ5では、上記の記事を3回読み返し、自分の傲慢な性格を最大限の長所へと変換して下さい。

 

この方法ははっきり言って、あなたにキチガイレベルの変化をもたらせてしまいます。

 

具体的な証拠と共に、ステップバイステップで、長所を短所に変える方法を紹介してあります。こっそりとバレない様に使用して下さい。それだけで、一切努力することなく、周囲の評価をまるで催眠術にかけるかの如く一変させることが出来ます。

 

傲慢な自分の性格が最大の武器に変わるとあなたはこうなれます

 

それでは、上記に紹介した5つのステップを忠実に実行して頂くとあなたにどんな未来が待っているのか?書いていきたいと思います。

 

頼れるリーダー的存在

 

傲慢な性格の人というのは、リーダー的な資質をふんだんに持ち合わせています。すでに紹介したホリエモンにも言えることですが、中小企業の社長さんたちを見てみても、一見傲慢ともいえる特性を持ち合わせています。ですが、それは裏を返せば頼れるリーダーという事です。

 

常に自信み満ち満ちている

 

「傲慢」は人に敬遠されますが、「自信」は人を惹きつけます。いつでも自信たっぷりな人は、人に安心感を与えます。ですが、この2つの要素はさもすると諸刃の剣です。ぜひ「傲慢」を「自信」に変えて下さい。その具体的な方法は紹介した5つのステップの中に隠されています。

 

ズバズバとはっきりものをいう人

 

ズバズバ何でもはっきりと指摘する人は、他人から好かれます。なぜなら多くの人が怖がって本音をいう事を避けるからです。傲慢な性格な人は、この様な資質を持ち合わせています。そこをうまく活かしていけば「先生」と呼ばれ多くの人に信頼されるかもしれませんよ。

 

まとめ

 

今回の記事は、「傲慢な自分の性格の短所を一瞬にして長所に変える秘密」という事で、傲慢な性格をどうすれば最大の武器に変えることが出来るか?という事を書いてきました。

 

ポイントは、「傲慢な性格」にはないと言いう事です。どこにあるかというと、「自分の性格の歪みをなくすこと」そして「自分の性格をしっかりと把握し、客観的な視点とのズレをなくすこと」です。

 

その上で、短所を長所にひっくり返して使っていけばっちりです。(これを経営コンサルティングでは長所進展法と言います)ぜひ参考にして下さい!最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク