今年の目標は何としてもプライベートを充実させたい!そんな方にお勧めの思考法

 

回は、今年の目標を立てる際、プライベートが最高に充実する目標のたて方を紹介していきたいと思います。外国人から見ると、日本人はとにかくプライベートが少なすぎるらしいです。

 

スポンサードリンク



 

ですが、ちょっとした工夫を心がけるだけで、プライベートは驚くように充実させることが可能となります。工夫というよりも実際は、あることを知るだけでいいのですが・・・

 

プライベートがない日本人・・・

 

 

宇田川です。

 

今年の目標として、今年こそはプライベートを充実させたいと思っている方は多いのではないでしょうか?それだけ日本人はプライベートと言ったものと無縁なのです。

 

某大手企業は、社員14000人を対象に、退社してから出社するまで11時間以上の時間を空けることをガイドラインとして設定したそうです。

 

どういうことかというと、この企業では退社してから出社するまでの時間が11時間開かないことがざらであったという事です。

 

今年も来年も再来年もこんな毎日が続いたら、プライベートの時間のなさすぎに気が狂うか病気になるかしてしまうのではないでしょうか?

 

出社してから退社までの時間が11時間しかない・・・しかもこれには通勤時間は含まれていない訳ですから、片道1時間はかかるとしたら、残された時間はわずか9時間なわけです。

 

その9時間の間に、食事をとり、お風呂を済ませ、家族の時間を過ごし、睡眠をとらなければならない訳です。そこにはプライベートのプの字すら存在しないでしょう。

 

なぜ日本人がこんな奴隷の様な労働環境におかれているかというと、そこには明確な理由が存在します。「ある人達」の策略により、あえてそのような労働環境に意図的におかれているのです。

 

偶然ではないというところがミソです。ですが、その話は今回のテーマからはズレてしまうので、また機会があったらさせて頂きたく思います。

 

とにかく、恐らくは多くの方が今年の目標として掲げるであろうプライベートの充実は、この様な労働環境からすると当然だと思います。

 

ですが、多くの方が簡単に仕事を辞められる訳はないでしょう。ではどうすれば良いかというと、僕もあなたも自分自身を守るために、この様な過酷な条件の中何としてもプライベートの時間を勝ち取っていかなければならない訳です。

 

その為の知恵を少しだけですが、分かち合いさせて頂きたく思います。

 

プライベートとは何か?

 

今年の目標としてプライベートを充実させる方法に移っていくわけですが、まず一番初めにして頂きたいのが、自分にとってのプライベートという概念を明確にして頂きたいのです。

 

プライベートな時間にこそ、多くの方が魂の底から憩いを感じるものだと思いますが、プライベートという概念を自分の中で明確にしているかそうで無いかによって、プライベートな時間の充実度が変わってくるのです。

 

なので、今年の目標としてプライベートを充実させることをあげるならば、「今年の目標は一番初めに自分にとってのプライベートを明確にする」がいいかもしれません(笑)

 

プライベートの反対はパブリックになります。会社での時間にプライベートを感じている方は少ないでしょう。ですが、自分ひとりの時間のみがプライベートなのか、自分と家族と居る時間がプライベートなのか、あるいは、会社以外の友人と会う時間もプライベートなのか?

 

この様に問われていくと、明確にプライベートを分けるのはなかなか困難になってくるのではないでしょうか?大きな区分けとして、「何をしていようと自分の自由な時間を感じればプライベート」といった大きなくくりもありますが、それよりも、明確にプライベートを確立する考え方が存在します。

 

スポンサードリンク



 

プライベートから分人へ

 

小説家の平野敬一郎氏は、分人という考え方を提唱しています。この分人という概念こそ、プライベートを最高に充実させるための最高の引き金になるのです。

 

では、分人とは何かというと、個人がもっと細かく分かれたものです。「個人は個人分けようがないじゃないか」と思われるかもしれませんが、同じ個人でも、コミュニティや相手によって様々な働きをしているはずです。

 

例えば、両親と接するあなたと、恋人と接するあなたは、同じあなたには違いありませんが、同じようには接していないはずです。

 

同じく、会社でのあなた、家庭でのあなた、学生時代の友人と遊んでいるあなたは、全て違うあなたになっているはずです。この違いを表した言葉が、分人です。

 

どんな時でもプライベートを充実させる秘訣は分人を意識すること

 

「分人はなんとなく分かったでも、プライベートが充実することとどんな関係があるんだ?」この様に思われる方もいるかもしれません。実は関係大ありなんです。

 

まず、いったんプライベートの概念は忘れてください。そして、自分にはどれだけの分人が存在しているか?を明確にして頂きたく思います。

 

会社での自分、家での自分、友達と居る時の自分、趣味の仲間と居る時の自分・・・そして、どの自分が一番充実しているか?を考えてみて下さい。

 

人によっていろいろあると思います。「会社での自分は好きじゃないけど、友達と居る時の自分は好き」あるいは、「学生時代にいじめにあっていたとすると、そのころの自分は嫌いだけど会社のこの人と居る時の自分は好き」とか。その違いをよくかみしめてみて下さい。

 

今年の目標でプライベートを充実させるには・・・

 

これで準備は整ったので、今年の目標としてプライベートを最高に充実させる目標設定法を紹介していきたいと思います。

 

それは何かというと、今年の目標を自分の中に存在する分人ごとに立てていくという方法です。例えば、会社の中に分人の一人がいたとすると、その中での今年の目標はこう。

 

恋人と居るなかに1人の分人がなたならば、恋人との今年の目標はこう・・・といった感じです。どの分人がプライベートの自分なのかは分かりません。

 

ですが、こうすることで確実にプライベートは充実していきます。なぜならばプライベートの中に進むべき方向性が見えてくるからです。

 

プライベートの中に方向性が見えることで、例えそこにあてられる時間は少なかったとしても、精神的に共有する時間が増えるのです。

 

人間というのは、時空を超えることが出来ます。例えば、恋愛などではそれが顕著です。例え離れていたとしても、恋愛が成立するのは、そこには時空を超えた何かが存在するからです。

 

この方法により、プライベートの時空を形成することが出来るのです。どんなに忙しい毎日だったとしても、その時空が心の休息の場となるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「今年の目標は何としてもプライベートを充実させたい!そんな方にお勧めの思考法」という事で、今年の目標を立てるさい、プライベートが充実するようなアイディアを提唱させて頂きました。

 

すこし分かりにくかったかもしれませんが、これだけ忙しい毎日だと、自分の頭を使い工夫してプライベートを守っていく必要があるんです。

 

もちろん、労働時間を減らせればそれが一番です。そういった工夫もしていくべきでしょう。ですが、そんな簡単に労働時間は減らせるものではないでしょう。

 

だからこそ、同じ労働時間でありながらも、デキる限りプライベートを充実させられるような工夫こそ凝らすべきだと思うのです。ぜひ参考にして頂けたらと思います。

 

今年の目標を立てる際は下記の記事もぜひ参照して下さい⇒

 

>>「今年の目標の立て方!「特別な人だけ」がやっている最良の年にするための目標のたて方とは」

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク