サラリーマンの副業!飲食店経営の週末起業で大成功した事例を紹介!

 

回は、サラリーマンの副業の飲食店経営について書いていきたいと思います。「飲食店経営?副業の片手間でやっていけるのか?」多くの方がこの様に思うでしょう。

 

スポンサードリンク



 

実際僕もそのように思っていましたが、驚くべきことに、週末しか使わずに3社の飲食店経営を行い、2億円近くの売り上げを上げているサラリーマンも存在しするのです。今回は、その秘密を紐解くとともに、副業での飲食店経営の成功のポイントを考察してみたいと思います。

 

副業での飲食店経営とは

 

 

宇田川です!

 

今回は、サラリーマンの副業での飲食店経営についてです。飲食店経営と言うと、本業の片手間である副業という位置づけで、果たしてやっていけるのか?と、多くの方が思うと思います。

 

それは、飲食店経営でうまくいかなかった事例が、いろいろなところでいきかっているからでしょう。あなたもこんな話は、一度や二度は聞いたことがあるかもしれません。

 

サラリーマン時代にためた貯金をはたいて脱サラし、晴れて飲食店を開業したがうまくいかず、一年もたたないうちに大量の借金のみを残して潰してしまった・・・

 

こんな話はいたるところに溢れています。実際に、飲食店の半分は1年もたたないうちに潰れてしまい、2年以上続くところとなると、さらに絞られ70~80%程の飲食店は潰れてしまうといったデータもあります。

 

この様な事例やデータを見ると、飲食店経営は一世一代の大勝負みたいなイメージが、多くの方は固定されてしまうのではないかと思います。

 

脱サラして本腰を入れてもこの結果なので、ましてやサラリーマンをやりながらの副業でどうして可能なんだ?と、実際に僕も思っていました。

 

ですが、すでに紹介した通り、サラリーマンの副業と言ったスタンスで3店舗の飲食店を経営し、2億円近くの売り上げを上げている方も存在するのです。

 

その方のみではなく、他にも調べてみるとサラリーマンの副業としての飲食店経営での成功事例は存在します。また、まだそこまでの広がりは見せていませんが、今、副業として飲食店経営に手を染めるサラリーマンが増えてきているのです。

 

また、副業での飲食店経営を支援する企業も存在しています。まだそこまで広まっていない事から、サラリーマンの副業としての飲食店経営はある意味チャンスかもしれません。

 

では、サラリーマンの副業での飲食店経営で成功をおさめたIさんの事例を紹介するとともに、成功出来た秘訣を探っていきたいと思います。

 

副業での飲食店経営の成功事例:Iさんのケース

 

Iさんの奥さんはもともと会社を経営していたそうです。その関係である飲食店の経営を任されることになったそうです。Iさんはアルバイトでの飲食店の経験はあったものの、本業がサラリーマンなので何をどうしていいか全くわからなかったそうです。

 

そこで、フランチャイズという形で飲食店経営をしていく事にしたそうです。なんの飲食店にしたかと言うと、ラーメン屋にしたそうです。

 

はじめたばかりの頃はそこそこ順調だったものの、徐々に赤字が続くようになってしまい、店長や社員も定着せず経営の末期症状になってしまったとの事。

 

しかし、経営コンサルタントなどの外部の人間を入れ、店舗の改善に取り組んでいった結果、徐々に経営状況は改善されていき、コンスタントに毎月100万近くの純利益を出せる様にまでなったとの事。

 

最初の店舗を出してから1年後には2号店、2年目には3号店をオープンし、3店舗合わせて2億円近い売り上げが出せる様になったとの事。

 

Iさんはなぜこの様にサラリーマンでありながら、副業での飲食店経営と言った形で、成功をおさめることが出来たのでしょうか?その秘訣やポイントを探ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

1:フランチャイズと言った形式をとったこと

 

そのポイントの1つ目は、フランチャイズ契約をとったことにあるでしょう。フランチャイズ契約と言うのは、有名店舗の名前と中身を借り受ける契約の事です。詳しくは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サイドビジネスでフランチャイズってどうなの?「稼げる?安心?リスクは?」徹底公開!」

 

フランチャイズであれば、一定のロイヤリティを支払う事で、大手の手法を借り受けることが出来ます。さらに、人材確保や様々な支援も、本店が力を貸してくれます。

 

サラリーマンが副業で飲食店経営を行う際、フランチャイズ契約にするというのは大きなポイントであり、実際にサラリーマンの副業としての飲食店経営を支援している企業も、ノウハウとしてフランチャイズ契約を取り入れるようにしています。

 

2:必要最小限の仕事しかしない

 

Tさんがサラリーマンをしながら副業として飲食店経営で成功をつかみ取ることが出来たのは、「必要最小限の仕事しかしなかった」と言うのは、大きなポイントでしょう。

 

言うまでもありませんが、副業となると、飲食店経営にあてられる仕事は限られています。いかに飲食店経営の副業にかかる仕事において無駄を減らし、ピンポイントで必要最小限の仕事のみに集中できるかが、カギと言えるでしょう。

 

もっと言うと、飲食店経営での副業にかける仕事の取捨選択がポイントになります。当然、自分もホールに出て接客をしたりと言ったことは難しくなってくる訳です。

 

そこでの最大のポイントは、人材の確保です。いかに優秀な人材を確保できるか?が、自分の経営に費やす時間を最大限減らす上で大切なことはは言うまでもありません。

 

つまり、人を育ててどんどん自分がやる必要のない仕事を振っていくという事です。Iさん自身、飲食店経営で最も重要なのは、人に気持ちよく働いてもらうための人間力だと述べています。

 

つまり、従業員に気持ちよく働いてもらいるようなリーダーシップと人間的魅力という事です。また、Iさんはナンバー2の育成に力を注いできたようです。

 

自分の意図をいち早くくみ取り、動いてくれるナンバー2がいるかいないかでその後の経営が非常に楽になると語っています。

 

この人材確保という点をみても、フランチャイズ形式が向いていると言えるでしょう。

 

3:開業資金を極限まで減らす

 

飲食店経営と聞いて、多くの方が頭に思い浮かべるのが、開業資金ではないでしょうか?通常では飲食店を開業したいと思ったら、最低でも1千万は頭金として必要でしょう。

 

Iさんは、開業資金を出来るだけ減らすように工夫を心がけたようで、驚くべきことに、自己資金は0円ではじめたと言っています。

 

開業資金を減らすことが、サラリーマンが副業で飲食店経営をする際のポイントであることは間違いないと言えます。

 

では、具体的にIさんはどのようにしたのか?まず現金は国民金融公庫から借り入れ、施工や厨房器具などはリースにしたそうです。

 

借り入れやリースの仕組みをうまく使う事で、開業資金は極限まで減らせるようです。副業で飲食店経営を始めていきたいと思っているサラリーマンの方は、事前にこのような仕組みを良く調べることがポイントでしょう。

 

4:経営のプロを導入した

 

Iさんの店舗経営は、初回こそそこそこの売り上げをたたき出すことが出来たものの、月日と共に徐々に悪化していき、ついには赤字が続くようになってしまいました。

 

そこでIさんがとった行動は、自分で何とかすることではなくて、経営のプロである経営コンサルタントを導入し、業績悪化の原因究明や改善に取り組んだことです。

 

もしもIさんが自分1人で業績の立て直しを計っていたら、この様な結果にはなっていなかったと思います。ここで重要なのが、全て一人で解決しようとしないといったマインドでしょう。

 

このマインドは飲食店経営に限らず、あらゆるビジネスにおいても共通する成功のポイントと言われています。困った時、うまくいかなくなった時はその道のプロに相談するのが一番なのです。

 

まさにIさんはその様な行動をとったことで、経営悪化の原因究明や改善を迅速に行うことが出来、一年もたたないうちに業績を立て直し、継続して利益が出る状態に持って行けたと言えるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンの副業!飲食店経営の週末起業で大成功した事例を紹介!」という事で、サラリーマンの副業における飲食店経営について書いてきました。

 

実際にサラリーマンの副業の飲食店経営で成功したIさんの事例を紹介するとともに、なぜIさんは副業という位置づけでありながら、飲食店経営という、一見無理そうな副業で成功できたのか、そのポイントを考察してきました。

 

現在サラリーマンでありながら、副業で飲食店経営に興味がある、あるいは考えているといった方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

サラリーマンの副業での飲食店経営は、下記のサイトで支援を行っています。⇒

 

>>週末飲食オーナー倶楽部

 

現在、サラリーマンは、年々下がり続ける給料問題や先行き不透明な企業や社会状況から、副業をしていく必要性にかられています。その辺の状況は下記の記事でご確認下さい⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

副業は飲食店経営のみではありません、下記では様々な副業スタンスや具体的な副業を紹介しています⇒

 

>>「サラリーマンにおすすめの副業!大人気5選+ユニークな副業」

 

僕は個人的にはサラリーマンの副業はアフィリエイトが最強だと思っています。その根拠は下記の記事でお確かめください⇒

 

>>「サラリーマンの副業はアフィリエイトが最強!についての検証」

 

副業禁止の企業に勤めている方は、下記の記事をご覧ください。企業の副業禁止規定はおそるるに足りない事が分かると思います⇒

 

>>「サラリーマンの副業禁止規定は違法!?じゃあバレても大丈夫か?」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込み下さい⇒

 

 

スポンサードリンク