サラリーマンの副業!運転代行ってぶっちゃけどうなの?

 

回は、サラリーマンの副業の運転代行について、仕事内容やどれくらい稼げるか?や、はじめ方など、多くの人が気になる点をまとめてみました。

 

スポンサードリンク



 

運転代行は、サラリーマンの副業の定番中の定番と言ってもいいでしょう。サラリーマンの方の多くは、副業をする必要性に迫られています。まずは、運転代行から始めてみるのはいかがでしょうか?

 

運転代行とは?

 

 

宇田川です!

 

今回は、サラリーマンの副業の運転代行についてです。まずは、運転代行の仕事について、簡単に紹介していきたいと思います。

 

運転代行とは、その言葉の通り、運転を代行する仕事になります。お客さんは、飲酒など何らかの理由で自分の車を運転できなくなった方です。

 

その様なお客さんから運転代行の依頼が入ると、二人一組で社用車を使い、現場に出向きます。現地に着いたら、1人はお客さんの車を運転し、お客さんの希望の場所までお客さんの車を代わりに運転します。

 

この時お客さんは、助手席や後部座席など同じ車に同席します。もう一人は、社用車を運転しお客さんの車の後をついて目的地まで同行します。

 

この時社用車は運転メーターを作動させておきます。目的地に到着したら、メーター分の料金をお客さんからいただき、会社に戻るか、別のお客さんのところに向かいます。

 

運転代行のメリットとは!?

 

では、サラリーマンが副業で運転代行をしていく際のメリットをまとめてみたいと思います。

 

1:運転好きには持って来い

 

運転代行のメインの仕事は、車の運転です。逆に運転しかないと言っても過言ではないでしょう。なので、運転好きにはもってこいの仕事になります。

 

2:チップを貰えることがある

 

タクシーなどで、「お釣りはいらないよ」と言ってお札のみを渡しお釣りをもらわないお客さんがいることをご存知でしょうか?あなたもその様な事をしたことがあるかもしれませんし、ドラマのシーンなどで見た事があるかもしれません。

 

運転代行も全く一緒で、お客さんからチップを貰えることがあるのです。おいしいですよね!

 

3:ドライブ気分が味わえる

 

これは実際に運転代行の副業をしている方の話しですが、中には行ったことがないような遠方までの依頼があるらしく、ドライブ気分が味わえることもあるようです。

 

運転代行のデメリットとは!?

 

では逆に、サラリーマンの副業の運転代行にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

1:他人の車を運転しなければならない

 

一つ目は、他人の車を運転しなければならないという点です。他人の車は何かと運転しにくいですよね?まず、絶対に事故をおこしたり傷をつけてはいけないというプレッシャーがあります。

 

独特の癖がついていて運転しにくかったり、たばこ臭かったりすることもあるでしょう。

 

2:酔っ払いの相手をしなければならない

 

次に、「酔っ払いの相手をしなければならない」と言ったデメリットがあります。お客さんの9割は、お酒を飲んでいる人だと思っておいた方がいいでしょう。

 

酒癖の悪いお客さんに絡まれたりすることは、あらかじめ覚悟しておきましょう。

 

3:仕事時間は深夜

 

運転代行の仕事時間は、だいたい20時から明け方の3時から5時くらいまでが一般的です。つまり、深夜から明け方までの仕事になるのです。

 

さらに、運転の仕事という事を忘れてはいけません。実際に運転代行の副業をしているサラリーマンの方は、「眠気で何度も事故をおこしそうになった」と語っています。

 

本業とのバランスを程よく取りながら運転代行の副業をしていかないと、眠くて本業に支障をきたしたり、体調を崩したりと言ったこともあるでしょう。

 

スポンサードリンク



 

4:本業の会社にばれる

 

次に、運転代行の副業は本業の会社にばれてしまうといったデメリットがあります。副業の種類には、アルバイト、ビジネス、投資の3種類があります。

 

このうち、ビジネスと投資は、会社にばれずに行うことが出来るのですが、アルバイトの場合はほぼほぼばれてしまうのです。

 

詳しくは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンの副業アルバイト!月10万+の5選!」

 

運転代行の副業は当然アルバイトに該当するので、副業禁止の企業に勤めているサラリーマンの方は、会社に交渉してみる等の対処が必要になるでしょう。

 

運転代行に向いている人

 

次に、運転代行の副業に向いている人の特徴をまとめてみたいと思います。

 

1:運転が好き

 

これは言うまでもないでしょう。運転代行の仕事は何度も書いている通り、運転がメインの仕事になるので、運転好きのサラリーマンに向いています。

 

2:人当たりがいい

 

お客さんの車で現地に向かう際はお客さんを車に載せることになるので、お客さんとのコミュニケーションが出てきます。なので、人当たりがいい人に向いています。

 

酔っ払いの絡みをさりげなく受け流せたり、お客さんの愚痴に付き合ってあげたり・・・お客さんから気に入って頂けると、リピーターになってくれることもあるようです。

 

3:夜に強い

 

運転代行の仕事時間はすでに書いた通りです。深夜から明け方にかけての仕事になるので、夜に強い人に向いています。どうしても夜になると眠くなってしまう方は、事故のリスクもあるので、別の副業にしておいた方がいいでしょう。

 

運転代行の副業はどれくらい稼げる?

 

では次に気になる運転代行の給料について書いていきたいと思います。運転代行の時給は、¥1000~¥1500が相場と言われています。

 

運転代行に二種免許は必要?

 

よくある質問で、「運転代行をするのに二種免許は必要ですか?」と言うものがあります。結論から言うと、二種免許はなくても出来ます。

 

ただし、二種免許があると時給がプラス500円くらいになります。なので、なくても出来ますが持っているとより稼ぐ事が出来ます。

 

ちなみに、お客さんの車を運転するのは二種免許を持っている社員になります。なので、二種免許を持っている人の方がお客さんとのコミュニケーションが出てきたりと、仕事内容がグレードがアップします。

 

週どれくらい副業をするかにもよりますが、平均的には週1~2回働いて月6~8万くらい稼いでいるサラリーマンの方が多いようです。

 

運転代行の始め方

 

運転代行をはじめていくには、運転代行会社で採用される必要があります。アルバイト求人サイトで「運転代行」で検索すると沢山ヒットするので、自分にぴったりの会社を応募してみましょう。

 

ただし、運転代行の需要が多いのは都心部になります。地方ではそこまでの需要はないので、地方にお住まいの方は主要都市に出てくるなどの必要があるかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンの副業!運転代行ってぶっちゃけどうなの?」という事で、サラリーマンの副業の運転代行についてまとめてみました。

 

サラリーマンの方は今、年々下がり続ける給料の問題、複雑に変化する企業や社会状況などなど、今すぐに副業を始めていく必要性に迫られています。

 

それがどれくらい深刻かは、下記の記事でご確認下さい⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

先程、副業にはビジネス、アルバイト、投資の3種類があると述べましたが、僕が個人的におすすめするのはビジネスです。ビジネスの副業に関しては下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンにおすすめの副業!大人気5選+ユニークな副業」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読みくださりありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込み下さい⇒

 

 

 

スポンサードリンク