サラリーマンの副業!副業で農業をしていきたいけど農業って実際どうなの?

 

回は、サラリーマンで副業で農業を始めていきたいと思っている方に向けて、実際副業で農業ってどうなの?と言った、痒い所に手が届く様な情報を書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

農業についての知識がないままで、農業に対する漠然とした憧れやイメージだけで副業として始めてしまうと、取り返しのつかない事にもなりかねません。もしも副業で農業を始めていきたいと思っているサラリーマンの方は、予備知識を得るつもりで、読んで頂ければと思います。

 

サラリーマンの副業で農業!?

 

 

宇田川です!

 

今回は、副業で農業を始めていきたいと思っているサラリーマンの方を対象に、農業についての痒い所に手が届く様な情報を書いていければと思います。

 

昨今、サラリーマンの副業人気が高まっている事実をご存知でしょうか?何らかの副業をしているサラリーマンは、5人に1人とも言われています。

 

その理由には、年々下がり続ける給料の問題や、複雑に変化し続ける企業や社会情勢の問題があります。簡単に言うと、給料は下がり続けるし、いつ自分の勤めている会社が不安定になり稼げなくなるかもわからない時代なのです。

 

その辺の詳しい所は、ぜひ下記の記事を一読して頂ければと思います⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

そんな中、にわかに注目を集めている副業があります。それが今回の趣旨である農業です。農業と聞くとどんなイメージがあるでしょうか?

 

自然と共にのんびりと仕事が出来る。サラリーマンをリタイアした後に妻と二人で優雅に農業がしたい。こんなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

 

ですが、そのイメージのみで突き進んでしまうと、「こんなはずではなかった」と後悔することにもなりかねません。当然、副業と言うからには最低限稼いでいく事が必要でしょう。

 

しかし、もしも稼ぐのが目的であるならば、アフィリエイトやせどりや週末を使ってのアルバイトをしていった方が、よっぽどどいっていいほど、確実に稼げます。

 

アフィリエイトについては⇒

>>「サラリーマンの副業はアフィリエイトが最強!についての検証」

 

転売に関しては⇒

>>「サラリーマンの副業!転売で儲ける仕組みと人気の秘密について!」

 

アルバイトに関しては⇒

>>「サラリーマンの副業アルバイト!月10万+の5選!」

 

をそれぞれ参照ください。副業で農業を始めていくとなると、のんびりとしたイメージとは裏腹に、デメリットの方が圧倒的におおいでしょう。

 

では、その全貌を徐々に明かしていきたいと思います。

 

副業の農業のメリット

 

まずは副業で農業をしていくメリットからまとめてみたいと思います。

 

1:自然と触れ合える

 

なんといっても最大はこれでしょう。普段ごみごみとした都会の中で、一日中パソコンに向かって仕事をしていたりすると、自然が恋しくなるもの。

 

僕は生まれは田舎で当たり前の様に自然に囲まれて育ちましたが、はじめて東京に出てきたとき、自然のありがたみと言うのを痛いほど痛感しました。

 

人間は自然と触れ合っていないと、ダメになるとすら僕は思っています。農業は自然と触れ合いながら仕事ができるといった、人間に本質的に必要な条件を満たした稀有な仕事です。これこそ最大級のメリットであると、僕自身は思います。

 

2:趣味が活かせる

 

次のメリットは、趣味が活かせることです。当然農業を副業にしたいと思うような方は、家庭菜園や植物に携わる趣味を持っている方が多いでしょう。

 

農業は趣味がそのまま副業になると言えるでしょう。もちろん、趣味とは違って副業とは言え仕事なので、好きな事のみ出来る訳ではない事は、言うまでもないしょう。

 

3:食費が節約できる

 

これは育てる野菜や時期にもよるでしょうが、作った野菜をそのまま食卓に並べられるので、食費が節約できるといったメリットがあります。

 

どんな化学調味料や農薬が使われているか分からない野菜よりも、自分で育てた野菜を食べる方が何倍も安心ですし、精魂込めて育てているだけあって、食べていても何とも言えない愛着がある事でしょう。

 

スポンサードリンク



 

副業の農業のデメリット

 

当然、サラリーマンが副業で農業をしていくにはメリットのみであるはずもはなく、むしろデメリットの方が多いというのは、すでに書いた通りです。

 

1:準備が大変

 

副業での農業のデメリットは、何といってもこれでしょう。農業を始めていくには、何といっても必要なものが多すぎます。

 

まず、一番初めに土地が必要です。副業で農業をする際は、レンタル農園のケースが圧倒的に多いのですが、近くにレンタルできる農園があるかどうかが第一の課題です。

 

田舎住まいの方でしたら、レンタル農園のみでなく近くの農家さんで使ってない土地を交渉で貸してもらえるかもしれませんが、問題は都心部に住まいの方です。

 

仮に自分の畑まで片道3時間かかるとしましょう。休日の度に往復6時間かけて農作物の世話をするのに通えますか?と言った問題がこれです。

 

さらには、肥料や機材も必要ですし、何より農業の知識が必要です。農業の知識を得て、土地を借りて、肥料や苗や機材を購入してとなると、莫大な時間と労力と資金が必要になるでしょう。

 

サラリーマンが副業で農業をしていく際は、何よりもここの部分の覚悟が必要になってきます。まず、よっぽどのパッションが無いと0から副業で農業を始めるのは難しいでしょう。

 

2:収入が安定しない

 

次に、農業の副業は収入が安定しないといったデメリットがあります。仮に農作物を育てるのに成功したとしても、出荷先がなければ残るのは大量の作物のみです。

 

実は、販売ルートの確保が農業をしていく際最も大変な課題なのです。専業農家ですら平均収入は年収200万円と言われているのです。

 

専業農家ですらこの状況なので、ましてや副業の農家でどのように販売ルートを確保し、収益をあげていけば良いのか?ここの課題が大きいでしょう。

 

一昔前では、地元の農協に加入し、出荷してもらうという方法が一般的でしたが、この方法ではほとんどと言っていいほど利益は出ないそうです。

 

それよりも粗利率を上げる方法は直販です。地元の道の駅などに交渉しておいてもらうのも良し(それでも利益はたかが知れているでしょうが)

 

後は、トラックにとれたての野菜を積んで直販と言う方法をとる方もいます。これをやるにしろ、副業の限られた時間の中で出来るでしょうか?

 

アルバイト雇うのもありですが、収入すら安定していないのに、アルバイトを雇う資金があるでしょうか。今、最もポピュラーな方法が、インターネットを使った直販です。

 

これであれば、お店を出すスペースも必要ありませんし、自分で作った野菜をブランド化もしていけるので、この方法が一番収益を上げやすい方法の様です。

 

収益の流れでもう一つ最も収益を上げやすい方法を紹介すると、それはイベントです。小学校の頃、芋ほり体験などのプチ農業体験を経験した方は多いのではないかと思います。

 

その様なイベントを企画し、参加者を集めて行っていくと言いうのが、実は最も収益を上げやすい方法だったりします。一人3000円のイベントに20人が集まってくれれば、それだけで60000円です。

 

まとめると、農業の副業は収益化がかなり大きなハードルになるという事です。売れて稼げなければ趣味と変わらない訳ですからね。

 

それ以上に、忘れてはならないのは、農業は自然と隣り合わせの仕事という事です。すでに書いた通り、これがメリットなのですが、一歩間違ると、最大級のデメリットにも変身するのです。

 

僕の知っている農家さんは、季節外れの強風に育てていたリンゴのほとんどを落とされてしまい、数百万円単位の損害を出した方がいます。

 

その様なリスクと常に隣り合わせであることを忘れてはいけないでしょう。

 

3:体力が必要

 

農業のデメリットの3つ目は、体力が必要な点です。体力が必要と聞くと、普段運動不足気味のサラリーマンの方などは、一石二鳥と感じるかもしれません。

 

ですが、農家の作業量と言うのははるかにそんなレベルを凌駕しています。僕も1か月ほどですが農業体験があるので分かるのですが、農家のやるべき仕事量と言うのは、ハンパありません。

 

もちろん、工夫や育てる野菜ややり方により、作業量は大幅に変わってくるでしょう。しかし、最低限やるべきことだけでも、土地の確保、土地の手入れ、耕し、種まき、苗を植える、水やり、雑草の駆除、害虫の駆除、収穫、手入れ、出荷作業などなど、読むだけでは実感はわかないかもしれませんが、実際畑を耕すだけでも、相当な作業量です。

 

これらの作業を果たして副業と言う片手間でこなしていけるでしょうか?もしも、副業で農業をしていくのであれば、本業と合わせても休日はない事を覚悟する必要があるでしょう。

 

副業で農業をしていく条件とは

 

この様に、副業で農業をしていくのには、自然と触れ合えるなどの魅力も沢山ありますが、それ以上に大変な事であることを覚えておく必要があるでしょう。

 

まず、副業で農業をしていくには、絶対的に好きであるといった条件が必要でしょう。さらには、農業にかける人並み外れたパッションも必要になります。

 

もしも農業に関する予備知識がない状態でどうしても農業の副業を始めていきたいと言ったサラリーマンの方に、おすすめの方法があります。

 

それは、体験から始めるといった方法です。これはすでに書きもしたが、僕も経験があります。すでにバリバリ農業で収益を得ている方のうちでアルバイトなり、ボランティアなりで農業に触れてみることで、肌で農業に触れることが出来、副業でやっていけるかどうかのイメージも付きやすいでしょう。

 

また、アドバイスももらえるかもしれません。むしろ、副業で農業が体験したいのであれば、最初から自分の畑を持つよりも、週末のみ農家のアルバイトをする方がよっぽどリスクなく安定して稼げるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンの副業!農業をしたいけど農業って実際どうなの?」と言う事で、副業で農業を始めていきたいといったサラリーマンの方に向けて、農業の副業について、なるべくリアリティが湧くように書いてきました。

 

ぜひ参照して下さい。すでに書きましたが、サラリーマンの方は、今すぐ何らかの副業を始めていく必要にかられています。まだ下記の記事を読まれてない方は、ぜひ一度読んでみて下さい⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

また、副業はもちろん農業のみではありません。とにかく稼ぎたいのであれば、すでに紹介したアフィリエイトやせどりが最もおすすめです。

 

それ以外の副業も下記の記事を参照してみて下さい⇒

 

>>「サラリーマンにおすすめの副業!大人気5選+ユニークな副業」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込み下さい⇒

 

 

スポンサードリンク