サラリーマンの副業でも融資は可能!?徹底検証!

 

回は、サラリーマンの副業でも融資を受けることは出来るのか、徹底検証していきたいと思います。副業をしているサラリーマンの方で、融資を受けたいと思っている方は、多いのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク



 

しかし、サラリーマンの副業と言った位置づけで果たして融資はしてもらえるのか、疑問に思うところなのではないでしょうか?実は、専門家の間でも、意見が分かれているのです。

 

サラリーマンの副業でも融資は受けられる?

 

 

宇田川です。

 

今回は、サラリーマンの副業でも融資を受けることは出来るのかどうか、徹底検証していきたいと思います。しかし、先に結論を行ってしまうと、サラリーマンの副業と言った位置づけでも、融資に成功している方がいるのです。

 

なので、サラリーマンの副業でも融資を受けることは可能という事が出来ます。しかし、副業をしているサラリーマンであればどんな人でも可能なのか?また、副業がどんな副業であっても可能なのか?と言うと、当然そうはいきません。

 

副業でなくて本業で事業を行っている方であっても、融資の審査に落とされる事があることを考えると、ましてや副業と言った位置づけでは当然と言えば当然と言えるでしょう。

 

実は、専門家の中でも、副業で融資を受けることは不可能であると言い切っている人もいるくらいなのです。やはり、融資をする側からすると、果たして副業でうまくいくのか?と言った疑問を拭い去るのが、なかなか大変な様です。

 

しかし、実際にサラリーマンが副業で融資を受けているケースが存在する以上、不可能ではないという事です。それにしても、一筋縄ではいかないのは確かでしょう。

 

では、サラリーマンが副業の融資を受けるにはどのような点に注意していけば良いのでしょうか?詳しくまとめていきたいと思います。

 

返金出来る見込みがあるかどうか

 

サラリーマンが副業の融資を受けられるかどうかのポイントの一点目は、返金に見込みがあるかどうかです。ポイントと言うよりも、これが全てともいえるでしょう。

 

当然、日本金融政策公庫にしろ、信用金庫などの銀行系にしろ、返金の見込みのない事業者に融資する程お人よしではありません。

 

融資の審査の際は、きちんと返済の見込みがあるかどうかをチェックされます。その際、事業方針説明書類、決算書類一式、今後の資金繰り計画などなど、複数の書類が必要になります。

 

なので、副業と言っても様々な種類があるりますが、当然、お小遣い稼ぎと言った程度の副業では不可能です。最低でも事業所得を得ているか、法人化していて、これらの複数の書類を作成できるレベルでないと厳しいでしょう。

 

また、書類作成にいたっては、素人ではなかなか難しいので、必ず専門家を通して行う必要があります。専門家は、税理士さんや融資コンサルなど、様々な人たちがいますが、おすすめは税理士さんに協力してもらう事です。

 

融資コンサルの場合は、審査を通すのは上手ですが、費用がかなりかさんでしまうので、税理士さんに相談するのが良いでしょう。

 

将来的に本業になりうるかどうか

 

次に、融資先が副業の審査でチェックするポイントは、将来的に本業になりうるかどうか?と言った部分です。融資する側からすると、当然事業に融資する訳なので、運営者の中心が事業であるという事が重要になります。

 

なので、サラリーマンが副業の融資を受ける際は、今はまだ事業が軌道に乗っていないのでサラリーマンの副業と言った位置づけですが、軌道に乗ったタイミングでサラリーマンを辞めて本業に移行していくといった姿勢が重要になってきます。

 

副業と言うとどうしても片手間であり、仮に副業でコケても本業があるから安心と言った位置づけに見られてしまうのです。それでは融資する側からすると、「本当に真剣に事業を行っていく気があるのだろうか?」と疑問に感じてしまうのです。

 

なので、いかに、サラリーマンは今は仕方なく行っている状態であり、速く脱サラして事業を中心にしていきたい、その為に融資が必要であるといった部分を強調するのがポイントと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク



 

自分が中心となり事業を行っているかどうか

 

次に、融資先がチェックするポイントは、事業の中心人物があなたかどうか?です。当然、サラリーマンの副業としての事業であるならば、中心はあなたであるはずです。

 

しかし、中には事業を丸投げしていて資金の調達のみ行うという方が融資を申し込んだりするケースもあるのです。その様なケースでは、融資を受けることは出来ないというのがセオリーになっています。

 

なので、事業をしっかりと自分が中心となって行っていっているかどうか?が、融資を受ける際のポイントとなります。

 

投資目的ではないか

 

次に融資先がチェックするポイントは、融資の使い道が投資目的ではないかどうか?です。副業と一言で言っても、①ビジネス②アルバイト③投資、の3種類が存在します。

 

融資が可能な副業は、この中で①のビジネスのみです。当然アルバイトで融資が必要と言ったケースは、ナンセンスなので除外されます。

 

では、投資では融資は受けられないのか?と言うと、投資目的での融資は不可能です。これは少し考えれば当たり前と言えば当たり前です。

 

投資と言うのは、手元にある資源を使い資産を増やしていく方法なのです。投資に関しては詳しくは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンが副業で投資をしていく際必ず知っておかなければならない予備知識」

 

これはどういうことかと言うと、融資先からすれば融資することが投資なのです。なので、融資された側がその資金を基に投資するという事は、二重の投資になるのです。

 

簡単に言うと、融資先からすると投資金を融資する程お人好しではないという事です。なので、融資を受ける際はきちんとしたビジネスを行っていることが条件です。

 

ビジネスと言うのは商品があり、お客様がいて、セールスが行われてるかどうかです。当然、きちんとしたビジネスが行われていないと、融資に必要な書類をそろえることも不可能でしょう。

 

サラリーマンが副業で融資を受ける具体的な準備について

 

ここまでサラリーマンが副業の融資を受けるポイントを書いてきました。サラリーマンが副業で融資を受けるには、副業と言っても法人化しているか、法人化できるくらいのレベルが最低でも必要という事です。

 

副業の法人化に関しては、下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンが副業を法人化するメリット、デメリット、タイミングについて解説!」

 

では、具体的に条件がそろった段階でいざ融資を受けるとなると、どの様なプロセスが必要になってくるのでしょうか?簡単いまとめてみたいと思います。

 

融資先を決める

 

まず、どこから融資を受けるか?を考える必要があります。融資先には、日本金融政策公庫(いわゆるこっきん)や、信用金庫などの銀行系、あるいは、極めて異例なケースですがアマゾンでセドリを行っている方なんかは、アマゾンの融資を受けることも出来ます。

 

融資先によって特徴やメリットデメリットが異なりますので、自分の事業にぴったりの融資先を選ぶことが大切になってきます。

 

まずは説明を受けてみる

 

副業の融資を受けたいけれど、必要書類や審査のポイントが分からないという場合は、調べるよりも融資先に説明を受けに出向いてみるのが一番手っ取り早いでしょう。

 

問い合わせてアポを取ればOKしてくれるはずです。そこで担当者に気になる疑問を全てぶつけてみましょう。

 

全て一人でやらない

 

融資を受けるには様々な書類が絡んできて、素人がこれらの書類をすべてそろえるのは、なかなか多変でしょう。なので、すでに書いた通り、税理士さんを間に挟むというのがおすすめです。

 

とにかく、全てを一人でやろうとしないというのがポイントになってきます。

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンの副業でも融資は可能!?徹底検証!」という事で、果たしてサラリーマンの副業でも融資を受けることが出来るのかどうか、検証してきました。

 

結論は、不可能では無いけれども、融資のケースとしては異例なケースであり、なかなか一筋縄ではいかないという事です。

 

僕の意見としては、副業に融資を受けるのはかなりリスキーだと思うので、資金が必要のない副業でコツコツと稼いでいくのが良いと思います。

 

資金がかからないビジネスはネットビジネスです。さらに、ネットビジネスはレバレッジと言った魔法が使えるので、うまくいけば融資を受けなくても融資の資金分くらいはひと月で稼げます。

 

ネットビジネスに関しては下記の記事を参照ください⇒

 

>>「全てのサラリーマンは今すぐ副業でネットビジネスをしていくべき!その6つの理由とは!」

 

今回の記事は以上になります。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込み下さい⇒

 

 

スポンサードリンク