サラリーマンの副業!確定申告で会社にばれない様にする裏技を公開!

 

回は、「サラリーマンの副業!確定申告で会社にばれない様にする裏技を公開!」という事で、副業をしているサラリーマンが確定申告の際、会社に副業がばれてしまうのを防ぐ裏技を紹介していきたいと思います。この方法を使えば、会社に副業がばれるのを限りなく抑えることが出来ます。

 

スポンサードリンク



 

さらに、万が一ばれてしまったとしましょう。ですが、会社側が納得せざるを得ない言い訳も存在するのです。その言い訳をしたからと言って、会社に居づらくなったりすることは一切ありません。どうぞご期待ください!

 

副業禁止の会社で副業がばれてしまうと・・・

 

 

宇田川です!

 

今回は、副業をしているサラリーマンが確定申告をした際、副業が会社にばれない様にする裏技を紹介していきます。副業が会社にばれてしまうと何かと厄介ですよね?

 

副業OKの会社でしたら、もちろん堂々と副業をしていけば良いでしょう。ですが、そんな会社ばかりではないはず。この記事を見ているくらいなので、あなたの会社も副業禁止なのではないでしょうか?

 

副業禁止の会社で副業をしていることがばれてしまうと、最悪クビになる会社もあると聞きます。クビにならないまでも何らかのペナルティを喰らうと厄介ですよね?

 

ペナルティが無かったにせよ、同僚からは白い目で見られたり、上司からはやる気がないと思われたり、飲み会にも参加しずらくなったり、定時に上がるだけで「〇〇さんは副業があるからね」と嫌味を言われたり・・・

 

とにかく、副業が会社にばれていいことはないです。なので、副業禁止の会社で副業をこっそり行っている方は、何としてもばれないようにすることを心がけましょう。

 

ちなみに、副業禁止の会社で副業が運悪くバレてしまったとしても、会社に何らかの罰則を受けることはあっても、国の法律でさばかれることは皆無です。

 

もちろん、副業がそもそも違法であったり、あなたが副業をすることで会社に莫大な損失を与えた場合は話しは別です。しかし、法の専門家で、この様に言っている方もいます。

 

「会社が副業禁止を謳って終業時間以外の社員の自由な時間を縛る事の方が法律違反に該当しかねない事である」と。

 

なので、ぜひ副業をすることを恐れたり、副業をすることで会社に引け目を感じたりする事は、してほしくないのです。あなたも理由があって副業をしているはず。

 

生活が苦しかったり、夢があったり、守りたい家族がいて、その為に副業をしているはず。その思いは決して間違っていません。そもそも会社の給料が低い事が問題なんです。

 

なので、胸を張ってどんどん副業で稼いでいきましょう!もちろん会社にばれないように!

 

サラリーマンの副業で確定申告は必要!?

 

サラリーマンの副業が確定申告により会社になれるのを防ぐ裏技の前に、そもそも、サラリーマンの副業に確定申告は必要なのか?また、確定申告が必要な条件とかは存在するのか?と言った基本的なところを少し紹介していきたいと思います。

 

この辺はすでにご存知の方も多いでしょう、こんな記事を見るくらいなので。すでに知っている方は、飛ばして頂いて目次欄から裏技のみ見て頂いても大丈夫です。

 

では、サラリーマンの副業に確定申告は必要か?また、条件はあるのか?についてですが、副業による所得が年収20万円を超えると必要になってきます。

 

なので、平均的に月2~3万くらい副業で稼いでいるようなら、確定申告は必要になってくるという事です。ここで重要なのが、収入ではなく所得が20万という部分です。収入と所得の違いは重要です。

 

必ず下記の記事で収入と所得の違いを確認しておくようにして下さい⇒

 

>>「サイドビジネスの確定申告の経費について!小学生でもわかるように解説!」

 

また、そもそも確定申告って何?どうやるの?と言う方は、下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サイドビジネスに確定申告は必要!?【超絶わかりやすく解説!】」

 

スポンサードリンク



 

なぜ副業の確定申告をすると会社に副業ばれてしまうのか?

 

では、次に、なぜサラリーマンが副業の確定申告を行うと、会社に副業がばれてしまうのか?と言った、確定申告から副業が会社にばれる仕組みを解説していきたいと思います。

 

この仕組みを理解することにより、今回紹介する裏技を借りに使わなかったとしても、自分で応用を効かせて確定申告から副業が会社にばれない様に、何らかの手を打てるようになりますので、ぜひ仕組みを理解しておいてください。

 

まず、結論から言うと、確定申告をしたからと言って、確定申告そのものが会社に副業がばれることに直結する訳ではないのです。

 

実は、サラリーマンの副業が会社にばれるのは確定申告ではなく住民税の通知からです。住民税は通常であれば会社の給料から引かれる、特別徴収という形になっているはずです。

 

そして、住民税の金額と言うのは、所得によって決定されるのです。所得が多ければ多いほど住民税も多く払はなければなりません。

 

そこで、会社側が「おかしいな?」となるのです。例えば、あなたの月収が40万円だったとします。そこで、同じ40万円の給料をもらっているその他の社員に比べて、あなただけ明らかに住民税の額が上がっていると、「あれ?」となるのです。

 

ここから、会社に副収入を疑われ、「おまえちょっとなんか副業やってるだろ?」と呼び出しがかかるのが一般的です。怖いですね(笑)

 

確定申告をしても副業が会社にばれない様にする裏技

 

では、住民税の通知から副業が会社にばれるのを防ぐにはどうすれば良いのか?ここからが本題になります。実は、これは簡単に解決できるのです。

 

そもそも、住民税の通知から副業がばれてしまうと言うのが仕組みなので、住民税の通知が会社に行かないよにすればいいのです。

 

そんなことできるのか?と思われるかもしれませんが、可能です。住民税の支払い方法は、自分で選択できるようになっています。

 

通常であれば、会社の給料から天引きされる特別徴収なのですが、自分で住民税を払う様にすれば、会社に住民税の通知が行かなくなり、副業もばれない様に出来ます。

 

では、どうすれば住民税を自分で納付する様に出来るのか?それは、確定申告書類に住民税の徴収方法の選択という欄があるのです、そこを特別徴収ではなく、自分で納付という方にチェックすればいいのです。

 

下記を参照ください⇒

 

出典:お金の法則

 

まとめると、副業の確定申告をする際、確定申告書の住民税の徴収方法の選択の項目を、「自分で納付」と言う欄にチェックを入れることで、住民税の通知が会社に行ってしまう事を防ぐことが出来ます。

 

それだけで、晴れて確定申告から副業が会社のばれない様にすることが出来ます。めでたしめでたし・・・

 

しかし、実はこの方法は完ぺきではないのです。70%くらいはこの方法で確定申告から副業がばれるのを防ぐことが出来るのですが、お住まいの市区町村によっては、自分で納付を選択しても住民税の通知が会社に行ってしまう場合があるのです。

 

なので、より会社に副業がばれないようにリスクを下げるのであれば、確定申告をする際、自分で納付にチェックするのはもちろんの事、職員さんに事情を説明して、会社に通知が行かない様に念を押しておきましょう。

 

さらに完璧にするために・・・仮に副業がばれても良いように予防網をはっておこう

 

ここまですれば、85%は確定申告から会社に副業がばれてしまうのを防ぐことが出来るでしょう。ですが、職員に念を押したにも関わらず、通知を送られてしまったり、何らかの形で住民税の額を会社が把握してしまう可能性もあり得ます。

 

そうなった時のことを考えて、会社に副業がばれても良いように、あらかじめ準備しておきましょう。「じゃあ開き直れって事ですか?」この様に思われるかもしれません。

 

もちろん違います。実は、簡単な方法で万が一会社に副業がばれてしまっても、会社側が温かい笑顔で副業を黙認してくれる方法が存在するのです。

 

そんな方法存在するのか?と思われるかもしれませんが、簡単です。副業を行っているという位置づけではなく、「思わぬ副収入が入ってしまった」という事にしておけばいいのです。

 

例えば、住民税が明らかに増えていることから、上司に呼び出しを喰らって問い詰められているシチュエーションを想像して下さい。

 

【上司】

「おまえ、明らかに住民税の納付額が増えてるけど、どういうことだ?なにか副業でもしてるんじゃないのか」

 

【あなた】

「よく気付きましたね~まいったな~。実はですね、親戚が引っ越しをする際に不要になった家具や家電を大量に貰ったんですよ~、断ったんですけど、どうして持ってけっていうものですからね。

でも、そんな家具や家電なんていらないんで、オークションに出品したんですよ。そしたら思いのほか高額で売れてしまいましてね。嬉しい副収入が入ってしまったんです~。

で、その額がかなりの高額だったもので、後で税務署に目をつけられても困るなーと思って、年の為確定申告をしたんです。住民税が上がってるのはきっとそのためですね~」

 

これでどうでしょう?これなら上司も、「なんだそっか~、今度みんなに飯でもおごれよ!」とならざるを得ないでしょう。

 

ここまですれば、確定申告から副業がばれない様にする準備はばっちりです。もう一度まとめると、第一に、副業の確定申告をする際は、住民税を自分で納付にチェックしましょう。

 

さらに念を押して、職員に会社に通知を送らない様に念を押しておきましょう。さらに、万が一住民税の額を会社が知ることになっても、「思わぬ副収入から確定申告した」という言い訳を考えておきましょう。

 

確定申告以外に副業が会社にばれるパターン

 

今回は、サラリーマンが副業の確定申告をする際、住民税の通知から副業がばれない様にする裏技を紹介してきました。ですが、副業が会社にばれるパターンは、確定申告のみではありません。

 

副業が会社にばれるパターンは大きく分けて3つであり、確定申告からバレるパターンはそのうちの1つに過ぎません。では、他の2つのパターンにはどんなものがあるのか?

 

また、確定申告以外の2つのパターンにおいても、副業がばれないようにするにはどうすれば良いのか?は、下記の記事を読んでご確認下さい⇒

 

>>「ばれないサイドビジネスを!サイドビジネスが会社にばれる3つのケースと対処法!」

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンの副業!確定申告で会社にばれない様にする裏技を公開!」という事で、サラリーマンが副業の確定申告をする際、会社にばれるのを防ぐ方法を紹介してきました。

 

今の時代、深刻な事態から多くのサラリーマンは副業をする必要性にかられています。その深刻な事態については下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

しかし、副業が会社にばれてしまうと何かと厄介です。冒頭で書いた通り、副業自体何も悪くありませんし、国の法律で禁止されている訳でもないですし、むしろ積極的にやっていくべきです。

 

しかし、会社にばれると何かと厄介なので、守りを最大にし、ばれない様に気をつけましょう!今回の記事は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございます(^^)

 

 

スポンサードリンク