サラリーマンの副業!日雇いのメリットと働き方を紹介!

 

回は、サラリーマンの副業の日雇いについて、そのメリットや働き方を紹介していきたいと思います。日雇いとは、文字通り一日のみの雇用の事です。

 

スポンサードリンク



 

通常の副業アルバイトと比べても、日雇いはサラリーマンが副業として行うのに最適な条件などが数多く存在します。それらを述べるとともに、実際の日雇いの働き方や、どんな仕事が多いか?等についても紹介していきたいと思います。

 

全てのサラリーマンが副業の必要性にかられている事実について

 

 

宇田川です。

 

今回は、サラリーマンの副業の日雇いについての情報発信をしていきたいと思います。おそらく、この記事を見ている方は、日雇いの仕事を検討していて、その実情を知りたいと思っているサラリーマンの方が多いのではないかと思います。

 

何を隠そう、僕も学生の頃はグッ〇ウィルなどの日雇いバイトでよくお世話になっていたので、その体験などもふまえながら上手く紹介していけたらと思います。

 

ですが、日雇いの説明に移る前に、サラリーマンが副業をしていく必要性について再確認させて頂きたいく思います。

 

僕は、全てのサラリーマンは今すぐ何らかの副業をしていくべきだと思っています。

 

その一番の理由は、給料の問題でしょう。ここ数年の間でサラリーマンの給料は見事に下がり続け、今や年収400万円ちょっとと言われています。

 

もちろん、平均がこの金額なので、それよりも多い人もいれば少ない人もいるでしょう。もしも年収400万円も無いようで、家族や育ち盛りの子供や介護が必要な両親をかかえているようでしたら、それこそ今すぐ、副業をして副収入を得ていく必要があるでしょう。

 

しかし、サラリーマンが副業をしていく必要性は収入のみの問題ではない事をご存知でしょうか?かつてないほどに社会状況の変化がはなはだしく、多くの企業もその流れについていけず、大変困っているという事実があります。

 

簡単に言うと、企業すらかつてないほど不安定な状況を迎えていて、いつさらなる減給が待っているか、移動やリストラなど深刻な状況におかれるかもわからない状況なのです。

 

その辺の詳しい、今すぐすべてのサラリーマンが副業を始めていく必要性は、下記の記事でご確認下さい⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

サラリーマンの副業3種類について

 

ところで、あなたは当たり前の様に副業として日雇いを選んだかもしれませんが、サラリーマンの副業は大きく分けて3種類存在するのをご存じでしょうか?

 

➀ビジネス

➁アルバイト

➂投資

 

この3つになります。ビジネスとは、会社に雇用されるといった従業員体型をとらず、自分で価値提供を行う事により収益をあげていく手段です。

 

多くの場合は、インターネットを駆使したインターネットビジネスになります。僕は個人的にはサラリーマンの副業の中では、このビジネスを最も推薦します。

 

とにかくビジネスはメリットが多すぎるのです。また、努力次第で本業の何倍ものちょつと想像できない位の額を稼ぎ出すことも出来ます。その詳しい内容は下記の記事を参照下さい⇒

 

>>「全てのサラリーマンは今すぐ副業でネットビジネスをしていくべき!その6つの理由とは!」

 

投資とは、自分の資産を価値の上がり続ける別のものに変え、将来的に資産価値を増やしていく方法です。ですが、投資は損するリスクもあるため、僕はあまりお勧めはしていません。投資に関しては下記の記事を読んで頂ければ、全体像を把握して頂けるかと思います⇒

 

>>「サラリーマンが副業で投資をしていく際必ず知っておかなければならない予備知識」

 

そして最後がアルバイトになります。アルバイトは、今更説明の必要は無いと思いますが、休日などを利用して本業以外に別の会社でお世話になり収益を得ていく方法です。

 

アルバイトで副業をしていく際の注意点やサラリーマンの副業としておすすめのアルバイトは、下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンの副業アルバイト!月10万+の5選!」

 

今回紹介する日雇いは、お分かりの通りこの3種類の中のアルバイトに該当します。では、通常のアルバイトと日雇いにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

普通のアルバイトをしていくべきか日雇いのアルバイトをしていくべきか、迷っているサラリーマンの方は、その違いでそれぞれのメリットデメリットを把握して頂き、判断の基準にして頂ければと思います。

 

スポンサードリンク



 

日雇いと普通のアルバイトの違い

 

例えば、仮にコンビニでアルバイトをしていくとします。仮にサラリーマンの方でしたら、週1か2が限界でしょう。通常でしたら、何曜日の何時から何時までと、働く曜日と時間を固定され、働いた分だけ時給が貰えるといった形になるでしょう。

 

しかし、日雇いはすでに書いた通り一日のみの雇用です。仮に、毎週日曜日に日雇いをしていくとすると、今週の日曜日は朝8時から夕方18時まで引っ越しの日雇い、次の週は昼から夕方までイベントの日雇い、次の週は家族で遊びに行くから働かない、最後の週は夜から朝方にかけて交通整備の日雇い・・・

 

こんな感じで、仕事も働く場所も時間もその日1日のみとなるのです。コンビニなどで固定されたアルバイトを行っていくのとでは大違いですよね。

 

これが、イメージ的な日雇いと通常バイトの違いになります。では、もう少し踏み込んで日雇いバイトのメリットを書いていきたいと思います。

 

1:様々な仕事が体験できる

 

サラリーマンが副業で日雇いをすると、それこそ様々な仕事を浅く広く体験できます。後程紹介しますが、日雇いのバイトには様々な種類が存在するのです。

 

社会勉強にもなり、日雇いで得た経験が本業にも活かせるかもしれません。

 

2:ライフスタイルに合わせて仕事を自由に選択できる

 

日雇いの最大級のメリットは何といってもこれでしょう。例えば、応募したい日雇いの仕事はいつまでに応募すればいいのか?

 

これは、多くの方が気になる疑問ではないかと思います。通常は、3日ほど前、場合によっては当日応募して働けるなんてケースもあるんです。

 

それだけ自分のペースに合わせて働いていけるという事です。例えば、急な休みが突如取れてせっかくならバイトしてお小遣いを稼ぎたいと思ったとします。

 

これが通常アルバイトでしたら、普通はシフト性なのでいきなり入らせて下さいといつても難しいケースが多いでしょう。ですが、日雇いであればうまくいけば当日だろうと仕事に入ることが出来るのです。

 

逆に、急な風邪を引いてしまった、急に予定が入ってしまった。なんてケースでも、アルバイトの場合は休みの電話を入れるのにもなかなか勇気がいるでしょうが、日雇いの場合は応募してしまった場合でも、そこまで気にかけずに休むことが出来ます。

 

3:出会いが多い

 

通常のアルバイトでしたら従業員が固定されているので、その中での人間関係になるでしょう。意気投合する社員がいれば楽しく仕事ができる反面、嫌な人と一緒の時は何とも憂鬱になるでしょう。

 

しかし、日雇いはその日限りです。嫌な人間とは距離を置けばいいですし、意気投合した人であれば連作先を交換して長く付き合っていく事も出来ます。

 

僕も日雇いで意気投合した人と連絡先を交換して、よく遊びに行った思い出があります。

 

日雇いのはじめ方

 

なんとなく日雇いの副業のイメージがつきましたでしょうか?いい忘れましたが、日雇いで稼げる額はもちろん仕事にもよりますが、だいたい一日で8千円から1万円5千円位のケースが多いです。

 

なので、週1日働けばだいたいですが、5万円くらいの副収入にはなるでしょう。サラリーマンにとってはいいお小遣いと言えるでしょう。

 

では、実際に日雇いのバイトをしていくにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか?そのステップを紹介していきたいと思います。

 

日雇いの仕事は専用の募集サイトがあるので、そのサイトに登録を済ませ、勤務地や仕事内容や賃金から自分にぴったりの仕事を探していきましょう。

 

日雇いサイト一覧

🔴バイトル

🔴ショットワークス

🔴タウンワーク

🔴フロムエー

 

日雇いではどんな仕事があるの?

 

日雇いの仕事ではどんな仕事が紹介されているのかも、気になるところでしょう。当然様々なケースがありますが、その中でもポピュラーなものをいくつか紹介したいと思います。

 

1:イベントスタッフ

 

コンサートやキャンペーンなどで、お客様を案内したり機材を運んだりの仕事です。普段は見ることの出来ないアーティストをま近くで見れたりもするおいしい日雇いです。

 

2:引っ越し

 

日雇いの定番と言えばこれでしょう。僕も若いころよく引っ越しの日雇いをしていました。主な仕事内容は、引っ越しの家具などをトラックに積み込む仕事になります。

 

体力が必要になりますが、普段運動不足気味のサラリーマンにとっては、運動も出来てお金も稼げる一石二鳥の日雇いになるかも知れません。

 

3:コンビニやスーパーの棚卸

 

売り場にある商品と、倉庫にある商品の数を数える仕事になります。スーパーの場合は、深夜の仕事になるケースもあります。

 

4:ティッシュ、チラシ配り

 

誰でも一度は貰ったことのある例のあれです(笑)もはや説明は不要でしょう。駅で嫌と言う程見かけるあれを自分が行うという事です。

 

5:ポスティング

 

住宅やマンションのポストにひたすらチラシを入れていく仕事になります。孤独でなかなか根気のいる作業になります。この仕事もとにかく歩くので、普段運動不足気味のサラリーマンにとっては最適かもしれません。

 

6:交通量調査

 

これも誰もが一度は見かけたことがあるでしょう。道端で椅子に座ってひたすらカウンターをカチカチとする例のあれです(笑)

 

僕も高校生の頃一度やったことがありますが、ちょうど春先で場所ものどかなところで、交通量も少なくかなり楽して楽しく稼げたのを覚えています。

 

日雇いは会社にばれる!?

 

ここまで読まれてぜひ自分も日雇いの副業をしてみたい。この様に思われた方もいるでしょう。ですが、「実はうちの会社は副業禁止なんだよね」と言う方も、中にはいるでしょう。

 

本業にばれずに副業をしていく方法はないだろうか?こんな風に思われる方もいるかもしれません。実は、バレないで副業をしていく方法と言うのは存在します。

 

そもそも会社の副業禁止規定は違法なのです。詳しくは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンの副業禁止規定は違法!?じゃあバレても大丈夫か?」

 

しかし、会社にばれるかどうかは日雇いの仕事でどのような所得税の取得方法をとるかによります。僕が調べた限りでは、自分で源泉徴収するケースが多いようなので、このケースでは、自分で住民税の納付をするように設定すれば、会社にばれることはありません。

 

何を言っているか分からないという方は、一度下記の記事を参照ください⇒

 

>>「ばれないサイドビジネスを!サイドビジネスが会社にばれる3つのケースと対処法!」

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンの副業!日雇いのメリットと働き方を紹介!」という事で、日雇いの副業に関して痒い所に手が届く様な情報を書いてきました。

 

ぜひ参照して下さい。もう一度言いますが、今サラリーマンは副業をしていく必要性にかられています。まだ下記の記事を読まれてない方は、ぜひ一読下さい⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

日雇い以外のサラリーマンにおすすめの副業は下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンにおすすめの副業!大人気5選+ユニークな副業」

 

今回の記事は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込み下さい⇒

 

 

スポンサードリンク