サラリーマンがオーナーの副業で稼ぐ3つの方法

 

回は、サラリーマンがオーナーの副業で稼いでいく方法を紹介していきたいと思います。オーナーと言うと、サラリーマンからはかけ離れた世界に感じる方もいるかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

ですが、近年サラリーマンの副業としてオーナーで稼ぐ方が増えてきたいるのです。今回は、サラリーマンが副業としてでもオーナーで無理なく稼いでいける3つの方法を紹介していきたいと思います。

 

オーナーとは

 

 

宇田川です。

 

今回は、サラリーマンがオーナーとしての副業で稼いでいく方法を紹介していきたいと思います。オーナーと聞くと、あなたはどんなイメージを持たれるでしょうか?

 

「サラリーマンの自分には関係ない世界」「稼いでいる一部の人」この様なイメージを持たれる方も少なくないかもしれません。

 

ですが、すでに書いた通り、近年副業オーナーとして稼ぐサラリーマンの方が増えてきているのです。オーナーと言うのは、所有者という意味です。

 

ビジネスオーナーと言えば、ビジネスの所有者、不動産オーナーと言うと不動産の所有者という意味です。オーナーで稼ぐというのは果たしてどのような仕組みなのでしょうか?

 

4つの働き方

 

世の中には4種類の働き方があると言われています。➀サラリーマン➁自営業者➂ビジネスオーナー➃投資家。この3つです。

 

ここで、ビジネスオーナーと言う言葉が出てきます。➀のサラリーマンと言うのは、言うまでもなく会社勤めの事です。今この記事を見て下さっている方のほとんどはこのステージでしょう。

 

➁の自営業者と言うのは、自分で事業を行っている方です。家族で経営しているパン屋さんやクリーニング屋さんがこれに当たるでしょう。

 

世の中の9割の人は、➀と②の働き方のスタイルと言われています。サラリーマンと自営業者、ビジネスオーナーと投資家の間には、大きな壁があると追われています。

 

金持ち父さん貧乏父さんという本の著者で有名なロバートキヨサキさんは、自由な時間と自由なお金が得たければ、ビジネスオーナーになるか投資家になるしかないと述べています。

 

では。これらの2者の最大の違いとは何でしょうか?

 

自力か他力か

 

それは、一言で言うと「自力で稼ぐか他力で稼ぐかの違い」という事が出来ます。サラリーマンも自営業者も、自分で働いていることは言うまでもありません。

 

では、ビジネスオーナーと投資家は自分で働いていないのか?働いていないのです。働いていないというと語弊があるかもしれません。

 

お金を得るために一切何もしなくていいかと言うとそんなことは無いですが、お金を得る仕組みが全く違うのです。それは一言で言うと、「他力」なのです。

 

ビジネスオーナーと言うのは、ビジネスの所有者です。そのビジネスには当然社員がいて働いてくれます。もしも社員を管理したくなければ、管理者を雇うことも出来ます。

 

管理者がいて社員もいれば、そのビジネスが勝手に回るのは言うまでもないでしょう。ですが、ビジネスの所有者はビジネスオーナーになるので、ビジネスオーナーはそのビジエスに関しては何もしなくても収入が発生し続けるのです。

 

投資も、株式投資の場合などはある会社の株を購入しその会社のオーナーになるという事です。その会社が儲かれば、株の配当で働かなくても収益を得ることが出来るのです。

 

オーナーは半不労所得になる

 

スポンサードリンク



 

オーナーの大きな特徴はこの様に半不労所得を作れるという点です。半という字がつくのは、もちろん一切何もしないでお金のみを得ることは不可能だからです。

 

オーナーの仕事の最大のキモは、いかに自分がやる必要のない仕事を他人に振れるか?にかかっていると言えるでしょう。

 

オーナーと言うと、イメージ的に大規模なものを想像してしまう方も多いかもしれませんが、サラリーマンが副業として小規模でオーナーとして収益を得ていく方法も存在するのです。

 

むしろ、その様なオーナーのあり方の方がこの先主流になっていくと言えるでしょう。では、サラリーマンがオーナーとして稼いでいくにはどのような方法が存在するのでしょうか?

 

1:フランチャイズオーナー

 

サラリーマンがオーナーの副業として稼いでいく方法の1つとして挙げられるのが、フランチャイズオーナーです。フランチャイズというのは、大手の看板と手法をそっくりそのまま活用できるといったものです。

 

その代わり、儲けの何パーセントかを本社に納めなけらばなりません。代表的なフランチャイズを取り入れている事業は、コンビニや居酒屋や塾などです。

 

特に飲食店のフランチャイズオーナーとして稼ぐサラリーマンの方が、増えてきています。稼ぐ人になると、3店舗の飲食店のオーナーになり、年商2億円近くを売り上げている方もいます。

 

その詳しいノウハウについては、下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンの副業!飲食店経営の週末起業で大成功した事例を紹介!」

 

2:不動産オーナー

 

サラリーマンが副業でオーナーとして稼いでいく2つ目の方法として挙げられるのが、不動産オーナーです。不動産オーナーとは、アパートやマンションをローンで購入し、家賃収入で稼いでいく方法になります。

 

この様に言うと、「アパートやマンションなんて購入する資金なんてある訳ない」と思われる方も多いでしょう。もっともです。

 

一般的なサラリーマンでその様な資金を持っている方の方が異常と言えるでしょう。では。その様な異常な人間しか不動産オーナーははじめられないのかと言うと、そんなことはありません。

 

大半の方は、ローンを組んで不動産を購入しているのです。例えば、ローンの支払いが月々20万円だとしても、月々30万円の家賃収入があれば、10万円のプラスになります。

 

これが大まかな不動産オーナーの仕組みになります。詳しくは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンの副業!アパート経営ってぶっちゃけどうなの?」

 

3:自動販売機

 

次に、自動販売機を副業にする方法と言うのが存在します。多くの方は自動販売機オーナーと言うと耳慣れないかもしれません。

 

確かに、自動販売機で稼ぐノウハウは正確にはオーナーとは呼べないかもしれませんが、他力で自動的に稼げるという点ではまさにオーナーと言えるのです。

 

自動販売機を副業にするメリットとして、初期投資がほとんどと言っていいほどかからないという点があげられます。反面、フランチャイズや不動産は初期投資0は難しいでしょう。

 

では、どの様に自動販売機を副業として稼いでいけば良いのか?そのノウハウは下記の記事で詳しく述べていますので、参照ください⇒

 

>>「自動販売機のサイドビジネス!「儲かる?どうやるの?簡単?」徹底解説!」

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンがオーナーの副業で稼ぐ3つの方法」という事で、サラリーマンの方が副業としてオーナーで稼いでいく方法を紹介してきました。

 

いま、多くのサラリーマンの方は副業をしていく必要性に迫られています。その切実な理由に関しては下記の記事をぜひ参照ください⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

また、副業は始めていきたいけれど会社が副業禁止なのでどうして行けばいいかわからないという方もいるでしょう。実は会社の副業禁止規定は、違法なのです。

 

だからと言って副業をしていいと言う訳ではありませんが、会社にばれずに副業をしていく方法は存在します。そのノウハウは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンの副業禁止規定は違法!?じゃあバレても大丈夫か?」

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込み下さい⇒

 

 

スポンサードリンク