サラリーマンの副業!ウェブライターってぶちゃけどうなの?

 

回は、サラリーマンの副業のウェブライターについて書いていきたいと思います。一昔前では、ライター業は一部の限られた人しかできませんでした。

 

スポンサードリンク



 

ですが、昨今のウェブメディアの発展から、ウェブライターというウェブ上のライティングをする副業の人気が伸びてきています。今回はそんなウェブライターの気になる収入や、仕事内容、始め方などをまとめてみました。

 

ウェブライターとは

 

 

宇田川です!

 

今回は、サラリーマンの副業のウェブライターについて書いていきたいと思います。ウェブライターとは、言葉の通りウェブ上のライティングをする仕事になります。

 

ウェブライティングにはそこまで難しいライティングスキルは求められないので、主婦やサラリーマンが副業として取り組んでいるかたも数多くいます。

 

ウエブライターと一言で言っても、その種類は数多く存在しています。例えば、コラムやエッセイ、取材やイベントレポ、ニュース記事、PR記事などなどです。

 

他にもアフィリエイト記事やセールスライティング、企業サイトの記事などもあります。求められるライティングの種類が豊富なので、自分に合った仕事を選ぶことが出来る点も魅力です。

 

ウェブライターのメリット

 

サラリーマンが副業でウェブライターをしていく事にはどんなメリットがあるのでしょうか?まとめてみたいと思います。

 

1:時価と場所に左右されない

 

ウェブライターの仕事は、基本的にはパソコン一台とネット環境があれば出来ます。つまり、パソコン一台とネット環境さえあれば、自宅で仕事をしようとホテルで仕事をしようと、カフェで仕事をしようと、自由なのです。

 

普段会社勤めをされている方からは想像もつかない世界かも知れませんが、満員電車からも人間関係からも時間の縛りからも解放された状態で仕事をしていく事が出来るのです。これがどれほど素晴らしい事か!

 

2:初期費用がかからない

 

すでに書いた通り、ウェブライターの仕事は、パソコン一台とネット環境があれば完結します。パソコンもネット環境も無い方はこれらをそろえる必要がありますが、この記事を見ている時点で、大半の方はクリアしているでしょう。

 

つまり、ウェブライターの仕事は、始めるのに初期費用はほとんどと言っていいくらいかからないのです。稼げるかどうかは頑張り次第ですが。

 

3:「好き」を仕事に出来る

 

ウェブライターのメリットの3つ目は、「好きを仕事に出来る」です。好きと言うのは、当然文章を書くのが好きという事です。

 

一昔前では、文書を書くのがいくら好きだったとしても、それを仕事に繋げられるのは一部の限られた人だけでした。ですが、今の時代は違います。

 

やる気次第で誰でもと言っていいほど、ウエブライターの仕事には取り組むことが出来るのです。

 

ウエブライターに向いている人

 

次に、ウェブライターに向いているのはどんな人か、まとめて行きたいと思います。

 

1:文章書くのが好きな人

 

これはもう言うまでもないでしょう。ウェブライターは文章を書く仕事になるので、文章を書くのが好きな人に向いています。逆に文章を書くのが嫌いな人にとっては限りなく苦痛になるので、別の副業を選んだ方が賢明でしょう。

 

スポンサードリンク



 

2:興味の幅が広い人

 

ウエブライターと一言でいっても、様々であることはすでに書いた通りです。すなわち、ジャンルが幅広いのです。という事は、様々なジャンルに精通している人の方が需要が高いという事です。

 

また、興味のない分野の文章を無理やり書いていく事も苦痛でしょうから、様々な分野に興味があるあるいは興味が持てる方に特にウェブライターの仕事は向いていると言えるでしょう。

 

3:場所と時間に縛られてくない方

 

すでに書いた通り、ウェブライターの仕事は場所と空間に左右されないので、パソコン一台で好きな時間に好きな場所で仕事をしていきたい方に向いているでしょう。

 

ウェブライターを副業として取り組んでいく上での注意点

 

次に、サラリーマンがウェブライターを副業として取り組んでいく上での注意点をまとめてみたいと思います。

 

1:締め切りがある

 

まず1つ目は締め切りがある点です。締め切りをしょっちゅう過ぎているようでは、ウェブライターとして信用を失ってしまうので、締め切りは必ず守るようにし、万が一遅れる場合は必ず連絡を入れるようにしましょう。

 

締め切りがあるのはどんな仕事でも一緒です。サラリーマンの方であれば、いついつまでに書類をそろえなければいけない、いついつまでに計画書を作らなければいけない等の締め切りはしょっちゅうでしょう。

 

言うまでも無いと思いますが、副業とは言えパソコン画面の向こう側にはクライアントがいる以上、普段仕事をしているのと同じ感覚で仕事に取り組む必要があるという事です。

 

2:自分の好きなように書ける訳ではない

 

ウェブライターは請負の仕事になります。つまり、クライアントがいるという事です。例えば、美容師さんがお客さんの注文通りの髪型にカットしなければならないのと一緒で、クライアントの注文通りの文章を仕上げなければなりません。

 

この辺は案件にもより、テーマに沿って完全に自分の好きなようにかける場合もあるのですが、基本的にはクライアントの注文通りの文章に仕上げるものと思っておいた方がいいでしょう。

 

ウェブライターの収入は?

 

次に、気になるウェブライターはどれくらい稼ぐことが出来るか?について書いていきたいと思います。ウェブライターの報酬は基本的には、一文字〇円と、一文字辺りで報酬が決められている場合がほとんどです。

 

低いものであれば、0.1円、高いものになれば20円など、案件により様々な値段設定がされています。なので、ウェブライターの副業で稼いでいくには、なるべく単価の高い案件を数多くこなす必要があります。

 

稼いでいる専業のウェブライターになると、月100万前後稼いでいる方もいますが、サラリーマンの副業ではまず不可能でしょう。

 

サラリーマンの副業の場合は、月1~2万が平均のようです。

 

ウェブライターのはじめ方

 

ウェブライターの副業を始めていくにはどのようにしていけば良いのでしょうか?ウェブライターの仕事は、クライドソーシングと言われるサイトで募集されています。

 

なので、ウェブライターの仕事を始めていきたいと思ったら、クラウドソーシングのサイトに登録し、自分にあった案件を探すのがスタートになります。

 

受けてみたいと思える様な案件を見つけたら、クライアントの指示にしたがって審査を受け、その審査に受かったら晴れて仕事のスタートになります。

 

当然人気の高い案件には応募が殺到するので、倍率も高くなります。ところで、クラウドソーシングとは何かというと、サイトを通して不特定多数の方に仕事を依頼でき、引き受けたい人が引き受けてくれるといったサービスになります。

 

下記が主要クライドソーシングのサイトになるので、ウェブライターの仕事を始めていきたいサラリーマンの方は、登録してみましょう。

 

🔴Shinobiライティング

🔴Buzzimp Press-バジンププレス-

🔴ブログ広告.com

🔴Repo-ルポ-

🔴ブログミ

🔴CROWD-クラウド-

🔴ランサーズ-Lancers-

🔴クラウドワークス-Crowd Works-

🔴シュフティ

🔴Craudia-クラウディア-

🔴WEB企画

🔴Job-Hub-ジョブハブ-

🔴SOHOじんざい市場

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンの副業!ウェブライターってぶちゃけどうなの?」という事で、サラリーマンの副業のウェブライターについてまとめてみました。

 

下記関連記事になります。合わせてお読みください⇒

 

>>「サイドビジネスでWEBライターをはじめたい!初心者必見の気になる点をまとめてみました!」

 

今、サラリーマンはウェブライターに限らず、何らかの副業を始めていく必要性に迫られています。その必要性については下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

今回の記事は以上になります。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込み下さい⇒

 

 

スポンサードリンク