サイドビジネスで養蜂をはじめるには!気になる疑問に答えます!

 

イドビジネスで養蜂を始めていきたい!こんな風に思っている方に、サイドビジネスで養蜂をはじめるには何が必要か?養蜂という仕事の実情、どれくらい儲かるか?などなどについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク



 

養蜂と言うと、田舎というイメージが一般的にはあるかもしれませんが、最近は銀座などの都会で密かに養蜂を営む方も増えています。

 

養蜂とは

 

 

宇田川です。

 

サイドビジネスで養蜂をはじめていきたい。こんな風に思っている初心者の方を対象に、養蜂についての全体像が分かり、かつ痒い所に手が届くような情報をまとめてみました。

 

そもそも養蜂とは何でしょうか?養蜂というのは、蜂を養うという言葉通り、蜜蜂を飼育してハチミツやローヤルゼリーを収穫することにより、収益をえる仕事になります。

 

はたしてサイドビジネスの領域で可能なのか?という疑問もあるかと思いますが、養蜂を営んでいる方は、ほとんどの方がサイドビジネスの様です。

 

ただ、養蜂をされている方は、農家の方がほとんどの様なので、サイドビジネスと言っても本業の延長線上で趣味もかねて養蜂をしているといった方がほとんどです。

 

また、養蜂を営んでいる方は、60歳以上の方がほとんどというデータがある中、20代30代の若者世代の間でも、密かに人気を集めているようです。

 

その人気の秘密は、「自然と触れ合える」からとの事。都心で自然から離れて暮らしていると、自然が恋しくなる方もいるでしょう。

 

特に、生まれが田舎で幼少期を自然に囲まれて過ごした方にとっては、蜜蜂と戯れ、少しでも自然に近づくことで安らぎが得られるのでしょう。

 

養蜂に必要な準備と心構えについて

 

サイドビジネスでの養蜂が、他のサイドビジネスと大きく異なる点は生き物を対象としているという点です。生き物というのは、環境がとても大切になってきます。

 

これは人間で考えると良く分かると思います。例えば、僕達でしたら、50度の部屋に一日中いたら熱中症になってしまいますし、寒すぎても凍死してしまいます。一週間水を飲まないだけでも死んでしまうでしょう。

 

サイドビジネスにしろ、生き物を扱った仕事をするからには、この様な配慮が最も大切になってきます。

 

場所の確保

 

サイドビジネスで養蜂をしていくには、まず一番初めに考えなければならないのが「場所の確保」でしょう。養蜂には巣箱が必要になります。

 

巣箱は大体ピアノ椅子くらいの大きさをイメージして頂くと分かりやすいと思いますが、この巣箱を何処に設置するか?が、大きな問題になってきます。

 

巣箱は、直射日光の当たらない涼しい場所に設置します。直射日光の当たらない涼しい場所位でしたら、いくらでもあるかもしれませんが、その中には大量の蜜蜂が暮らすということを忘れてはいけません。

 

1つの巣箱には、女王蜂一匹と蜜蜂が20000から30000匹暮らしていると言われます。そこから出てくる問題は、当然ご近所トラブルに繋がる訳です。

 

対人関係の問題

 

例えば、自分の隣の家が蜂を飼育していて、しょっちゅう部屋の中に隣の蜂が入ってきて部屋の中がブンブンいっていて、挙句の果てに刺されでもしたらたまったものじゃないですよね?

 

サイドビジネスで養蜂をはじめていくという事は、ご近所の方々に対しその様なイメージを植え付けることをあらかじめ考慮しておく必要があるでしょう。

 

実際に養蜂をされている方の悩みの多くは、ご近所トラブルの様です。養蜂をされている方は、近隣の方から土地を借りて行っている方も多くいます。

 

最初の頃は笑顔で土地を貸してくれた親切な方でも、ブンブン蜜蜂が飛び回っていたり刺されたりと言ったトラブルから、結局は断られてしまうという方もいる様です。

 

なので、採取したハチミツやローヤルゼリーを無料でご近所に配るなどの配慮が必要になってくるかもしれません。

 

都心で養蜂は出来る?

 

すでに少し触れましたが、養蜂と言うと田舎というイメージが強いかと思いますが、都心で養蜂を行う方も増えているようです。

 

また、個人のサイドビジネスという領域のみでなく、企業が本格参入して都心のビルの屋上で養蜂を営むといったことも増えています。

 

都心は、農薬や害虫のリスクがなく、蜜蜂のエサとなる植物も豊富なので、逆にリスクなく養蜂を営むことが出来る様です。

 

スポンサードリンク



 

養蜂はどれくらいの収益になるか?

 

サイドビジネスで養蜂を行っていく場合、気になるのがやっぱり収益だと思います。養蜂の収益は、一群(1つの巣箱)でだいたい1万円くらいと言われています。

 

ここから考えると、サラリーマンの平均年収が大体420万円と言われているので、養蜂だけで同じくらいの収益を得ようと思ったら、400群くらいの巣箱が必要になります。

 

1つの群れには蜜蜂が約25000匹暮らしているので、一千万匹の蜜蜂を飼育してだいたいサラリーマンの平均収入くらいにはなるといったところでしょうか?

 

サイドビジネスで養蜂を行う人は、収入目当てというよりも、趣味ベースの方がほとんどの様です。もしも利益のために養蜂を営んでいこうと考えているのでしたら、他のサイドビジネスを行っていった方が、手間暇もかからず、稼ぐことは出来るでしょう。

 

参考までにサイドビジネスの種類は下記の記事を参照ください⇒

 

>>「無料ではじめられる副業とサイドビジネス5選!一切資金がいらない秘密とは!?」

>>「本当に儲かるサイドビジネス5選!と、こっそりシェアする裏技」

 

具体的な養蜂の始め方

 

サイドビジネスで養蜂をはじめていくには具体的にどのようなステップを踏んでいけばいいのでしょうか?

 

Step1:場所の確保

 

なんといっても最初は場所の確保に限るでしょう。どこの地域に住んでいるか?にもよりますが、場所が決まったらご近所にこれから養蜂をはじめていく旨を挨拶して伝えていく配慮も必要でしょう。

 

Step2:養蜂に必要な道具類の準備

 

場所が決まったら、次は養蜂に必要な道具を準備する必要があります。養蜂に必要な道具類は主に下記になります。

 

🔴巣箱

🔴燻煙器(くえんき)(蜜蜂を煙でおとなしくさせるのに使います)

🔴ハイブツール(巣箱を動かす時に使います)

🔴遠心分離機(ハチミツを採取するときに使います)

🔴蜜ブラシ

 

※初期投資にかかる費用は大体30万~50万円と言われています。

 

Step3:蜜蜂を飼う

 

場所が決まって必要な道具がそろったら、いよいよ養蜂の始まりです。とは言え、ほぼほったらかしでも蜜蜂が勝手に働いてくれるので、週一で巣箱の中の検診をするくらいで特にやることはありません。

 

犬や猫を飼うのとは違って毎日の手間暇は特に必要ないのです。養蜂は、手間のかからない仕事としても有名です。だからこそ、サイドビジネスで可能という事が出来るでしょう。

 

ある副業養蜂家の話しだと、作業時間は週に30分から2時間程度との事です。また、養蜂は自然を相手にした仕事になります。なので、四季の変化によっても蜜蜂の活動が変わってくるので、それに合わせた蜜蜂の世話が必要になります。

 

特に、春から夏にかけては養蜂の最大のイベントである採蜜が待っています。細密は、燻煙器で煙をたて、蜂をおとなしくさせて行います。

 

ぶっちゃけサイドビジネスで養蜂ってどうなの?

 

以上がサイドビジネスで養蜂を行う概要になります。これらを踏まえたうえで、ぶっちゃけ養蜂ってどうなの?と言ったところを私見たっぷりに書いていきたいと思います。

 

まず、サイドビジネスで養蜂を行う場合、大前提として虫が嫌いな人は出来ないでしょう。まあ、虫が嫌いな方はこんな記事は読まないと思うので、その条件はクリアされていると思います。

 

次に、サイドビジネスで養蜂を行う場合は、一番の目的を収入にしてはいけないと思います。あくまで自然と触れ合える趣味の延長として行っていく必要があるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「サイドビジネスで養蜂をはじめるには!気になる疑問に答えます!」という事で、サイドビジネスでの養蜂が気になっている方に向けて、なるべく痒い所に手が届く様な情報を配慮して書いてきました。

 

養蜂に限らず、サラリーマンの方にしろ主婦の方にしろ、社会状況の変化から、多くの人がサイドビジネスをする必要性に迫られています。

 

多くの方がこのような変化に気付いていないと思われますが、下記の記事を読んで頂ければ、一撃でサイドビジネスをはじめて行く必要性を理解して頂けると思います⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

今回はこれで以上になります。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

スポンサードリンク