サイドビジネスで養殖ってどうなの?初心者が知らなければならないリアルな話

 

回は、サイドビジネスで養殖を始めていこうと思っている方に向けた記事になります。もしかしたら、「養殖のサイドビジネスで月額〇〇万稼いでる」なんてニュースをみて、「俺にも出来そうだ」と簡単に考えている方もいるかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

ですが、サイドビジネスで養殖は、そんなに甘くはありません。特に、生き物を育てた事のない方はここら辺のところは良く分からないかもしれませんが、なるべくリアルに伝わるように書いていきたいと思います。

 

サイドビジネスで養殖ってどういうこと?

 

 

宇田川です!

 

今回は、サイドビジネスでの養殖について書いていきたいと思います。養殖と聞いて、あなたはどんな印象を持つでしょうか?

 

よく、ウナギの養殖とか言いますよね。もちろん、ウナギとなってくると大規模設備が必要になってくるので、サイドビジネスの領域では不可能でしょう。

 

もちろんウナギの例を出したのは、それをサイドビジネスでやれと言っている訳でなく、1つの養殖のイメージとして取り上げたわけです。

 

養殖というのは、生き物を育てて繁殖させて増やすという事です。なので、サイドビジネスで養殖をしていくという事は、何らかの生き物を飼い、繁殖させていって販売していくという事になります。

 

よく養殖のサイドビジネスで聞くのが、クワガタとかカブトムシの養殖ではないでしょうか?クワガタとかカブトムシを繁殖させて増やして売ればいい。

 

この様に聞くと、誰にでもできるお手軽なサイドビジネスに聞こえてしまうかもしれません。では、実際のところはどうなのでしょうか?

 

サイドビジネスの養殖で注意すべき点

 

では、サイドビジネスの養殖で注意すべき点を書いていきたいと思います。いくつかあるのですが、その前に一番大切なことは、モノではなく命を扱っているという事だと僕は思います。

 

命という事は、死ぬリスクがあるという事です。と言うよりも、生き物は思っているよりもすぐに簡単に死にます。人間で考えると良く分かるかと思います。

 

摂氏50度の部屋にいたら熱中症で死にますよね。逆に寒すぎても凍死します。一週間水を飲まないだけでも死んでしまいます。

 

そしてそれは、サイドビジネスで養殖しようと考えている生きものにとっても同じことが言えるのです。それを踏まえたうえで、養殖で注意すべき点を書いていきたいと思います。

 

1.安定的に増やさなければならない

 

サイドビジネスで養殖をしていく際注意しなければならない点の1つ目は、安定的に増やしていかなければならないという点です。

 

どんな生き物にしろ、オスとメス一匹だけではいずれはどちらも死ぬのみです。オスとメスを掛け合わせて、増やしていかなければならないという点です。

 

やってみればわかると思いますが、オスとメスをかけあわせて安定的に増やすというのは、予想以上に難しい事です。

 

2.設備投資

 

サイドビジネスで養殖をしていく際注意しなければならない点の2つ目は、設備投資がかかるという点です。どんな生き物を養殖するか?によってもちろんここは変わってきます。

 

例えば、メダカの養殖でしたら、水槽、酸素、餌代などがかかるでしょう。カブトムシの養殖なんかでも、水槽(虫かご)は必要ですし、土なんかも必要になります。

 

さらに、一番の問題はスペースです。どれくらいの規模でやるかにもよりますが、例えば一人暮らしのワンルームとかではかなり難しいのではないでしょうか?

 

部屋に寝るスペースと大量の水槽と虫だけでは、恋人や友人が遊びに来た時に間違いなく引かれてしまうでしょう。

 

また、匂いや音が出ることもあらかじめ覚悟しておきましょう。匂いは生き物なので仕方のない事です。音は生き物にもよりますが、コオロギなどの養殖では覚悟が必要でしょう。

 

3.出庫先

 

サイドビジネスで養殖をしていく際注意しなければならない点の3つ目は、出庫先です。仮に養殖に成功したとしましょう。

 

ですが、買い手(出庫先)が見つからなくては、養殖で増えた大量の生き物たちは行き場がりません。死んで大量の死骸が出るまで、一緒に暮らすことになってしまいます。

 

4.手間暇

 

サイドビジネスで養殖をしていく際注意しなければならない点の4つ目は手間暇です。これはすでに書きましたが、生き物なので、手間暇をかけなければすぐに死んでしまいます。

 

例えば、旅行で3日間留守にしただけでも、部屋の温度が急激に上がって全滅という事にもなりかねません。こう考えると、下手に旅行にも行けなくなります。

 

温度、湿度、エサやりには細心の注意を払わなければならないという事です。

 

スポンサードリンク



 

サイドビジネスで養殖しやすい生き物とは

 

上記の注意点を踏まえたうえで、サイドビジネスで養殖をしていかなければならない訳ですが、養殖に向いている生き物、向いていない生き物がいます。

 

向いている生き物というのは次の2点の条件を満たしている生き物です。

 

育てやすい

需要がある

 

育てやすいというのは、割と簡単に繁殖することができて、世話もそれほど必要がないということです。とは言え、何度も言いますが、生き物なので、全く世話しないと言う訳にはいかないでしょう。

 

需要があるというのは、実際に売れやすいかどうかという事です。すでに書きましたが、せっかく養殖して増やしても、買い手が現れなければ、待っているのは大量の死骸の処理です。

 

これらを踏まえたうえで、どんな生き物がサイドビジネスでの養殖に向いているのでしょうか?サイドビジネスの養殖に向いている生き物は、下記のようなものです。

 

🔴カエル

🔴クワガタ

🔴コオロギ

🔴エビ

🔴カブトムシ

🔴ザリガニ

🔴熱帯魚、金魚

🔴ミルワーム

 

サイドビジネスで養殖をする際おすすめの方法

 

サイドビジネスでの養殖についていくつか書てきましたが、どちらかというと、ネガティブな事が多くなってしまいました。

 

生き物を育ててましてや増やしていくというのは、それだけ大変だという事です。そこで、サイドビジネスで養殖を行っていく際におすすめの方法があります。

 

すでにいくつもの生き物を育てて繁殖に成功している玄人のかたでしたら、何もいう事はありませんが、特に初心者の方におすすめする方法です。

 

それは、養殖しようと思っている生き物を試しに飼ってみるという事です。試しに飼うだけなので、もちろん繁殖に必要な設備は必要ありません。

 

飼ってみるだけで、養殖のイメージはかなり湧くはずです。思っていたよりも手間がかかる。すぐに死んでしまった。匂いが思ったよりもキツかったなど、実際に飼う事でリアルにわかる事もあるでしょう。

 

その上で、養殖できそうだと思ったらやっていけば良いと思います。

 

ぶっちゃけサイドビジネスで養殖ってどうなの?

 

これらを踏まえたうえで、ぶっちゃサイドビジネスで養殖ってどうなの?と言ったところを書いていきたいと思います。僕の私見ですが、サイドビジネスで養殖はかなりハードルが高いのではないかと思います。

 

それは、これまで書いてきたことを総合して頂ければわかるかと思います。例えば、あなたが田舎の農家で暮らしていて、思う存分スペースもあり、近くに親戚の方などの養殖に詳しい人もいるというのでしたら、ありだと思います。

 

都会のワンルーム暮らしとかでしたら、考え直した方がいいのではないかと思います。

 

かなりネガティブな意見になってしまいましたが、あくまで意見として参考にして頂ければと思います。とは言え、なんらかのサイドビジネスをしていくという選択肢は正解だと思っています。

 

というのも、社会状況的に、僕たちはサイドビジネスをする必要がある過ぎるほどあるからです。少し怖い話になりますが、興味がある方は下記の記事を読んで下さい⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

養殖以外にも儲かるサイドビジネスはいくらでもあります。何もよほど強いパッションがない限り、養殖にこだわる必要は無いと思います。

 

儲かるサイドビジネスは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「本当に儲かるサイドビジネス5選!と、こっそりシェアする裏技」

 

また、一切コスト0リスク0ではじめられるサイドビジネスも沢山あります。下記の記事を参照ください⇒

 

>>「無料ではじめられる副業とサイドビジネス5選!一切資金がいらない秘密とは!?」

 

まとめ

 

今回は、「サイドビジネスで養殖ってどうなの?初心者が知らなければならないリアルな話」と言うことで、サイドビジネスで養殖ってどうなの?と言ったリアルな意見を、私見たっぷりに書いてきました。

 

偉そうなことを言っておきながら、僕自身養殖の経験があるかというと、ありません。ですが、子供の頃から、ありとあらゆる生き物を飼ってきました。

 

その経験をふんだんに踏まえて、今回の記事を書かせて頂きました。ぜひ参照ください。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

スポンサードリンク