サイドビジネスでWEBライターをはじめたい!初心者必見の気になる点をまとめてみました!

 

イドビジネスでWEBライターを始めていきたい!そんな方を対象に、収入、クライアントの探し方、WEBライターの注意点など、痒い所に手が届く様な情報をまとめてみました。

 

スポンサードリンク



 

WEBライターは昨今、かなり人気の高いサイドビジネスです。さらに、WEBメディアが衰退するという事は考えられないので、将来性もかなり見込みがあると考えられます。

 

サイドビジネスでのWEBライターのメリット

 

 

まず、サイドビジネスでのWEBライターにはどんなメリットがあるか、まとめてみました。

 

1.時間と場所を選ばない

 

サイドビジネスでのWEBライターのメリットの1つ目は、「時間と場所を選ばない」です。WEBライターは、基本的にパソコン1つとネット環境さえあれば始めることが出来ます。

 

現在会社勤めをされている方なら痛いほど気持ちが分かると思いますが、満員電車での通勤、時間の縛り、人間関係の縛りと言った、様々なストレスと無縁で仕事ができるのです。

 

家で仕事をするのもよし、公園やお気に入りのカフェで仕事をするのも良し、その気になれば世界中を旅行しながらパソコン1台で仕事をすることも可能でしょう(これはもちろん専業ライターになる必要がありますが)。

 

2.「好き」が仕事になる

 

サイドビジネスでのWEBライターのメリットの2つ目は、「好きが仕事になる」です。文章を書くのが好きでない人が「ライターになりたい」なんて思わないと思うので、恐らくあなたは文章を書くのが好きな方だと思います。

 

そこで少し考えて頂きたいのですが、「好き」を仕事にしている方というのが、果たして世の中にどれくらいいるでしょうか?好きでもない仕事を、「お金の為」「家族の為」という理由で、我慢して働いている方の方が、多いのではないでしょうか?

 

WEBライターは、「好き」を仕事に出来る、多くの方から羨ましがられるサイドビジネスなのです。

 

3.誰でも簡単に参入できる

 

サイドビジネスでのWEBライターのメリットの3つ目は、「誰でも簡単に参入できる」です。WEBライターには、資格は特に必要ありません。

 

また、難しい試験や面接も、相当特殊な場合でもない限り必要ありません。つまり、誰でも簡単に始めることが出来るのです。

 

後程詳しく説明しますが、「誰でも簡単に参入できる=稼げる」ではありませんので、ここはご納得下さい。

 

WEBライターにはどのような種類の仕事があるか

 

一言でWEBライターと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか?その種類をあらかじめ把握しておくことで、自分に向いたライターの仕事をピンポイントで見つけやすくなるので、ぜひチェックしておきましょう。

 

WEBライティングの種類

 

1.コラム・エッセイ

 

コラム・エッセイとは、あるテーマに対し、自分の経験や意見を述べる様な文章を書くことです。読者に共感や、行動を促すのが主な目的になります。

 

2.取材・イベントレポ

 

取材・イベントレポとは、インタビューや体験取材を基に書く文章の事です。自分の意見や考えを書くのではなく、あくまで取材対象を引き立てる文章を書くことが求められます。

 

3.ニュース記事

 

WEB上のニュース記事を書くのが仕事になります。自分の意見や考えは入れずに、事実をありのままに分かりやすく書くスキルが必要になります。

 

4.PR記事

 

物や場所をPRする記事を書きます。多くの場合、メーカーや企業が発表する商品や、イベントなどでのPR記事になります。いかに商品や場所の魅力を伝え、多くの方を行動に移させることが出来るかがポイントになります。

 

5.企業サイトの記事

 

例えば、企業がもっているブログの記事などの執筆になります。商品やサービスの販売や、ブランディング目的での記事が大半です。SEOで上位に持って行けるようなコンテンツが求められます。

 

6.セールスライティング・広告記事

 

商品やサービスを販売するページを作成する仕事になります。商品やサービスの魅力を伝え、多くの読者を購入にいたらせることが出来るようなコピーライティング力が必要になります。

 

7.アフィリエイト記事

 

アフィリエイトの記事を作成します。これも、多くの読者に商品やサービスの魅力を伝え、購買にいたらせることの出来るような文章力が求められます。

 

スポンサードリンク



 

サイドビジネスでWEBライティングをはじめる際の注意点

 

次に、サイドビジネスでWEBライターをしていく際の注意点をまとめてみたいと思います。

 

1.他人の文章という心構え

 

サイドビジネスにせよ、WEBライターをしていく際には、他人の文章を書いているという心構えが必要になります。例えば、自分のブログ記事でしたら、どんな風に書こうと、自分の自由です。

 

しかし、いうまでもないと思いますが、他人の文章を書く以上自分のブログを書くのとは訳が違うという事をあらかじめ覚悟しておく必要があるでしょう。

 

2.締め切りを守る

 

サイドビジネスでWEBライターをしていく際の注意点の2つ目は、「締め切りを守る」です。WEBライターの仕事には、週間少年ジャンプなどのマンガと同じく、〆切が存在します。

 

サイドビジネスにせよ、お金を頂く以上はプロです。例えば、週刊少年ジャンプの人気作者がしょっちゅう〆切オーバーしていたら、読者はがっかりしてしまうでしょう。

 

サイドビジネスにせよ、WEBライターとして他人の文章を書いていく以上、同じような心構えが必要になります。

 

3.クライアントの注文通りの文章を書く

 

これは、1の心構えと被る部分もありますが、サイドビジネスにせよライターの仕事をしていく以上、クライアントの注文通りの文章を書く必要があります。

 

例えば、あなたがハンドメイドのバッグを事細かに注文したとして、いざ出来上がって蓋を開けてみたら、全く注文と違った品だったら、お金を払いたくはなくなるでしょう。

 

全く同じことがWEBライターにも言えます。文体、内容、まとめ方、などなど、細かくクライアントに確認し、その通りの文章を仕上げるスキルが必要になります。

 

気になるWEBライターの収益は?

 

「WEBライターは儲からない」という話を聞いたことはあるでしょうか?これは、WEB上で密かに噂になっている話題になります。

 

せっかくサイドビジネスで始めていくのに、儲からないのでは、やる気がうせてしまいますよね?果たして「WEBライターは儲からない」の噂は本当なのでしょうか?

 

参考までに、クライドソーシングサイトなどを見てみると、一文字の単価は多くて1円ほどというのが相場になっています。仮に一文字1円と仮定して、一日1万文字毎日書けば、月30万円の収益になる計算になります。

 

一日一万文字を毎日書いて月30万円をどうとらえるかは、あなた次第でしょう。ですが、これはあくまで参考に過ぎません。単価は、あなたのライティングスキルとクライアントによって変わってきます。

 

大切なのは、いかにあなたのライティングスキルを最大限引き出せるようなクライアントに出会えるか?です。後程紹介しますが、専業ライターの方で稼いでいる方になると、月100万以上の方もいますので、WEBライターで稼げるかどうかは本人次第と言えるでしょう。

 

サイドビジネスでのWEBライターの始め方

 

では、実際にWEBライターを始めていくステップを紹介していきたいと思います。

 

Step1:WEBライター募集サイトに会員登録する

 

WEBライター募集サイトというものが存在します。クライアントとライターを橋渡しするサイトになります。まずは、これらのサイトに登録するところから始まります。

 

WEBライター募集サイト一覧

 

Step2:クライアントを見つける

 

次に、これらのWEBライター募集サイトから、自分にぴったりの案件を見つけましょう。案件の種類はそれこそ千差万別です。最初の頃は、タスク(単発の小記事、アンケートなどの案件)から始めるといいでしょう

 

タスクなどで雰囲気をつかんでいくとともに、WEBライターの仕事に慣れてきたら、自分の大まかな方向性を決めていくといいでしょう。

 

方向性というのは、例えば「コラム専門で書く」とか、「子育ての記事を専門に書く」等です。当然ですが、どんなライターでも得意不得意はあるものです。

 

大切なのは、不得意な案件を無理してこなそうとせず、自分の得意な分野に参入するという事です。不得意な分野の執筆というのは、調べるだけで膨大な時間を費やしてしまいますし、小手先の文章を書いても、クライアントにはすぐにバレてしまいます。

 

また、一度縁の出来たクライアントとは、長期間に渡る付き合いになる可能性もありますので、丁寧に誠心誠意仕事をこなすようにしましょう。

 

クライアントと信頼関係の構築に成功すれば、あなただけにダイレクトにおいしい案件を積極的に回してくれるようになるかもしれません。

 

Step3:クライアントに指示に従い、執筆あるいは審査を受ける

 

タスク以外のちゃんとしたライティングの案件では、審査がある場合がほとんどです。当然、単価が高いなどのおいしい案件には応募が殺到するので、倍率も高くなります。

 

審査で求められるものは、ライター歴、過去執筆した記事や業績、テスト記事の執筆などです。これらの審査に見事通れば、晴れてライターとしての仕事が待っています。

 

サイドビジネスでWEBライターで成功するポイント

 

クライアントのリアルな話では、使えるライターと使えないライターははっきりと分かれているそうです。使えないライターの特徴は、「そもそも文章が破綻している」「知らないことを無理して書こうとしている」「どこかでパクってきたネタをまとめているだけ」などなどとの事。

 

サイドビジネスのWEBライターで成功して稼いでいくためには、「使えるライターになる事」が最も重要な事です。使えるライターになるポイントは、クライアント選び、参入分野選びをしっかり行う事です。

 

ぜひ好きなライターという仕事で成功していきましょう。稼いでいる人になると、WEBライターの収入で月収100万を超える人もいるくらいなので、サイドビジネスと言った枠のみでなく、独立も十分に狙えます。

 

まとめ

 

今回は、「サイドビジネスでWEBライターをはじめたい!初心者必見の気になる点をまとめてみました!」という事で、これからサイドビジネスでWEBライターを始めていきたいという方が、気になる点をまとめてみました。

 

ぜひ参照して下さい。今の時代、サラリーマンの方も主婦の方も、独身女性の方も、サイドビジネスをしていく必要性に迫られています。もうちょっとすると、本業ではリアルに食べていけない時代になるかも知れません。

 

詳しくは下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

ライター以外にも、稼げるサイドビジネスは沢山存在します。ライター以外に稼げるサイドビジネスは、下記の記事を参照下さい⇒

 

>>「無料ではじめられる副業とサイドビジネス5選!一切資金がいらない秘密とは!?」

>>「本当に儲かるサイドビジネス5選!と、こっそりシェアする裏技」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読み下さりありがとうございます(^^)

 

スポンサードリンク