プログラマー向けサイドビジネス4選!プログラマー必見!

 

回は、プログラマー向けのサイドビジネスを紹介していきたいと思います。現在サラリーマンとしてプログラマーの仕事をしているけど、副収入が欲しいという方はぜひ参考にして下さい。

 

スポンサードリンク



 

ここ数年でインターネットが急速に普及したことから、プログラミングやSEなどのIT関連のサイドビジネスの需要も同時に伸びています。では、プログラマー向けのサイドビジネスにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

プログラマーがサイドビジネスをする理由

 

 

宇田川です!

 

今回は、プログラマー向けのサイドビジネスを紹介していきたいと思います。プログラマーの平均年収は、350万~500万と言われています。

 

サラリーマンの平均年収が400万ちょっとと言われているので、平均的なサラリーマンとあまり変わらない収入と言えるでしょう。

 

子供の教育費や、両親の介護を視野に入れた時、この収入では決して余裕のある暮らしができるとは言えないのではないでしょうか?

 

収入に限らず、企業や社会状況の変化から、サラリーマンは今すぐ何らかのサイドビジネスをしていくべきだと、僕は思っています。そしてそれは、プログラマーにしてもその限りではありません。

 

その辺の申告な社会状況や企業の変化について詳しく知りたい方は、下記の記事を一読してみて下さい⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

しかし、副収入が得られるといったメリット以外にも、サイドビジネスをしていくメリットは存在します。例えば、技術が身につく、人脈を作ることが出来る、独立の準備ができるなどなどです。

 

特に、プログラマーの中には、独立を目標にしている方が数多く存在します。また、独立した多くのプログラマーは、独立したことにより年収を伸ばしている方がほとんどです。

 

「独立したら年収が2倍になった」という声も数多く存在します。何にせよ、結果をだすためには動機と目標を明確にしておくことが絶対条件です。

 

これから本題のプログラマー向けのサイドビジネスを具体的に紹介していきますが、それ以前のステップとして、「なぜ自分はサイドいビジネスをするのか?サイドビジネスをしてどうなりたいのか?」をぜひ明確にしてみてはいかがでしょうか?

 

プログラマー向けサイドビジネス1:クラウドソーシング

 

プログラマー向けのサイドビジネスの1つ目は、「クラウドソーシング」です。クラウドソーシングと言うのは、技術の提供側と受注側をマッチさせるためのサイトです。

 

簡単に言うと、クラウドソーシングのサイトには、データ入力やライティングなど様々な案件をクライアントが募集しているのです。もちろん、プログラミングの案件も数多く存在しています。

 

僕は個人的には、プログラマー向けのサイドビジネスで最も初心者向けで簡単に始められるサイドビジネスは、クラウドソーシングだと思います。

 

すなわち、クラウドソーシングのサイトにいくつか登録し、自分にぴったりの案件を見つけて応募すると言うのがこれに当たります。

 

クラウドソーシングの利点は、案件がいくつも存在しているという点です。プログラマーと一言で言っても、WEBプログラマー、ゲームプログラマー、ソフトウェア開発など様々です。

 

つまり、自分のプログラミングスキルにぴったりのマッチした案件を数百数千とある案件の中から探すことが出来るのです。

 

クラウドソーシングのサイトは下記のようなものがメジャーです⇒

 

🔴ランサーズ-Lancers-

🔴クラウドワークス-Crowd Works-

🔴シュフティ

 

クラウドソーシングのサイドビジネスで成功するコツは、誠心誠意丁寧に仕事をするの一言につきます。この様に言うと、当たり前に感じてしまうかもしれません。

 

ですが、〆切を守る、ちょっとしたことでも頻繁にクライアントに連絡をとり相談する、などなどの当たり前の事やちょっとした配慮が、このさきの人脈にもつながっていきます。

 

例えば、一生懸命仕事をこなしたクライアントはリピーターになってくれる可能性もありますし、さらにいい案件を紹介してくれるかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

プログラマー向けサイドビジネス2:休日のみ常駐で行うサイドビジネス

 

プログラマー向けのサイドビジネスの2つ目は、「休日のみ常駐で行うサイドビジネス」です。どういうことかと言うと、簡単に言うとアルバイトという事です。

 

クラウドソーシングが、完全に在宅でクライアントとのやり取りもWEB上で完結するのに対し、こちらの場合は通勤してクライアント先で仕事をこなす必要があります。

 

どうやってその様な案件を探せばいいかと言うと、専用のサイトが存在しています⇒

 

🔴PROsheet

 

こちらのサイトでは、高額案件も紹介されていて「週2日で月24万円も可能」とのこと。在宅でのサイドビジネスにこだわりのない方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

 

プログラマー向けサイドビジネス3:オンライン講師

 

プログラマー向けのサイドビジネスの3つ目は、「プログラミングのオンライン講師」です。こちらのサイドビジネスは、人に教えていくのが仕事になります。

 

教えるのが得意な人、教えることに挑戦したい人におすすめのサイドビジネスになります。実は、昨今IT人材不足がささやかれています。

 

なので、人材育成のために、ネット上でもプログラミングのオンライン講師が求められているのです。例えば、下記のようなサイトで募集がされています⇒

 

🔴CodeCamp

🔴TECHACADEMY

 

「今まで人に教えた経験がないのにちゃんと務まるか不安」この様に思われる方もいるかもしれません。しかし、上記のサイトで現在講師として活躍している方も、ほとんどは未経験からのスタートだったとの事。

 

講師経験の有無はあまり関係がないようです。また、初心者の講師向けのサポートもしっかりしているので、具体的にどのようにしていけば良いかもしっかりと指示してくれるようです。

 

プログラマー向けサイドビジネス4:プログラミングの情報発信

 

プログラマー向けのサイドビジネスの4つ目は、プログラミングの情報発信です。これは、ブログなどの自分の媒体を使い、広告収入やアフィリエイトで稼ぐといったサイドビジネスになります。

 

広告収入やアフィリエイトに関しては下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サイドビジネスでアフィリエイトってぶっちゃけどうなの?【稼げる?簡単?安全?】”徹底検証”」

 

広告収入にしろアフィリエイトにしろ、アクセスを集めることが条件になってきます。では、どの様にアクセスを集めればいいかと言うと、プログラミングの情報を喉から手が出るほど欲しがっている方が沢山存在するのです。

 

例えば、HTMLなど、プログラマーとして働いていれば当たり前の知識かも知れませんが、HTMLが分からずに悩んでいる方と言うのが数多く存在しています。

 

その様な方に対し、分かりやすくプログラミングのノウハウを公開してくことで、アクセスアップにつながっていくでしょう。

 

さらに、プログラマーが本職であれば、多くの人が挫折してしまうワードプレスの設定などもお手の物でしょうから、まさにブログはプログラマー向けのサイドビジネスと言えるのではないでしょうか?

 

しかし、もちろん文章で伝えるのがブログになるので、多少の文章能力が求められるのは事実です。とは言え、普通に伝わる文章が書ければ問題ないでしょう。

 

ブログの一番のメリットは、初期費用が掛からずほぼノーリスクではじめられる事と、一度ブログが育ってしまうと半不労所得になる点です。

 

つまり、寝ていようと遊んでいようと旅行に行ってようと、自動的に収入が発生し続けてしまうシステムが作れるのです。

 

まとめ

 

今回は、「プログラマー向けサイドビジネス4選!プログラマー必見!」という事で、プログラマー向けのサイドビジネスを紹介してきました。

 

しかし、中にはサイドビジネスが会社にばれてしまう事を恐れて、なかなかサイドビジネスに踏み込めない方もいるのではないでしょうか。

 

副業禁止の企業に勤めていて、サイドビジネスが会社にばれるとペナルティを喰らったり、居づらくなったりと何かと厄介ですよね?

 

ですが、安心して下さい。会社にばれずにサイドビジネスをしていく方法と言うのは存在しています。下記の記事でそのノウハウについて触れていますので、ぜひ参照して下さい⇒

 

>>「ばれないサイドビジネスを!サイドビジネスが会社にばれる3つのケースと対処法!」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読みいただきありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込みいただけます⇒

 

 

スポンサードリンク