パチンコをサイドビジネスにするのに必要な事とは!?徹底検証してみた!

 

回は、パチンコをサイドビジネスにすることは果たして可能かどうか、徹底検証してみました。パチンコをサイドビジネスにするというのは、パチンコで継続的に勝ち続けていくという事です。

 

スポンサードリンク



 

パチプロという言葉が存在します。パチンコだけで生計を立てている人の事です。パチンコをサイドビジネスにするには、セミプロレベルまでパチンコの腕をあげる必要があるでしょう。

 

パチンコをサイドビジネスにすることについて

 

 

宇田川です!

 

今回は、パチンコをサイドビジネスとして確立するにはどうすれば良いか、検証していきたいと思います。冒頭でも述べましたが、パチンコをサイドビジネスにするという事は、継続的にパチンコで勝ちをあげていくという事です。

 

ですが、これは普通に打っていたのでは100%不可能な事です。神クラスでパチンコ運に恵まれている方であれば、普通に打って勝ちをあげていく事も可能かもしれません。

 

ですが、その様な異常な人間でない限り、「特別な事」をしていかない限り、パチンコをサイドビジネスにするのは不可能でしょう。

 

なぜかと言うと、パチンコ屋の視点で考えれば一発で分かります。パチンコ屋も商売なので、儲けを出さなければなりません。

 

すなわち、パチンコと言うのは、勝ち負けがフィフティフィフティの公平なギャンブルではないのです。お店側が勝つようにあらかじめ仕組まれているのです。

 

逆に言うと、パチンコを打つ側の人間は、高確率で負ける様にあらかじめ仕込まれているという事です。ですが、もちろん負けのみではありません。

 

たまにはお客さんを勝たせないと、パチンコと言う商売が成り立たない訳です。なので、恐らくですが、10回打てば2~3回は勝てる様に設定されています。

 

僕は若い頃パチンコ屋でアルバイトをしていたので、パチンコに関してはある程度分かる方だと思います。自分でも何度もパチンコを打ち、何度も損した経験もあります。

 

ですが、パチンコの釘やスロットの設定を担当していた訳ではないので、どのくらいの確率でお客さんが勝つように仕込んでいるのか、正確なところは分かりません。

 

ですが、普通にやれば負けるということです。では、パチンコはサイドビジネスとして成り立たないかと言うと、そんなことはありません。

 

現に、パチプロと言って、パチンコだけで生計を立てている人は存在しますし、僕のかつての友人にもパチプロはいました。

 

では、彼らはどのようにパチンコで勝ち続けているかと言うと、明らかに普通とは違った打ち方をしているのです。多くの方が遊び感覚でパチンコを打つからこそ、逆にパチプロが成り立つと言えるでしょう。

 

なので、結論から言うと、サイドビジネスとしてパチンコは成り立ちます。現に、サラリーマンの方でサイドビジネスと割り切って、パチンコで副収入を得ている方も存在します。

 

パチプロや、サイドビジネスでパチンコで稼ぐセミプロが他のお客さんと何が一番違うかと言うと、マインドが違うのではないかと、僕は感じています。

 

もちろん、パチンコで勝ち続けていくノウハウが必要なのは言うまでもありませんが、直にパチプロの方と接してきた経験を考慮すると、やはりマインドが違うのです。

 

では、パチンコで勝ち続けているパチプロやセミプロの方は、どの様なマインドを持っているのか?まとめてみたいと思います。

 

パチンコをサイドビジネスにするためのマインド

 

1.パチンコは収入の為と割り切る

 

サイドビジネスにせよ、プロにせよ、パチンコで収益を得ている方の一番の違いは、パチンコは収入の為と割り切っています。

 

では、その他大勢の方はどんなマインドでパチンコを打っているかと言うと、「今日は勝てたらいいなー」という娯楽マインドなんです。

 

娯楽マインドのままでは、100%と言っていいくらい、パチンコで収益を立てていく事は出来ません。ここの部分が一番の違いなんです。

 

仮にサラリーマンであれば、遅刻しない様に会社に行くことも、嫌な人間とコミュニケーションをとることも、決められた仕事をこなすことも当たり前の事でしょう。

 

ですが、パチンコは多くの方は娯楽感覚なので、気が向いた時に店に行き、気が向いた台をまわし、気が向いた時に止めて帰ります。

 

仕事に置き換えると、気が向いた時に出社して、気が合う人とだけ付き合い、好きな仕事だけこなし、疲れたら帰るといったことをしている様なものです。

 

これでは、パチンコにしろ収益を立てていく事は出来ません。サイドビジネスにしろプロにしろ、パチンコで生計を立てている人は、サラリーマンが仕事をこなすように、パチンコをとらえているのです。

 

スポンサードリンク



 

2.感覚ではなく論理で動く

 

サイドビジネスにしろプロにしろ、パチンコで収益を立てている人と言うのは、感覚では動きません。対して、その他大勢のパチンコ客と言うのは、感覚で動いています。

 

例えば、「このお店は勝てそう」「この台は出そう」「今が止め時」等々です。もちろん、パチンコを娯楽としている人にとってはこれが当たり前の感覚です。

 

しかし、サイドビジネスにしろプロにしろ、パチンコで収益を立てている方と言うのは、全く逆です。パチンコで収益を立てていくには、勝率20パーセントに、意図的に入っていく必要があるのです。

 

そこには感覚ではなく、論理性が必要なんです。「このお店はこれこれこういう理由があるから勝てる」「この台は、こういう理由があるから勝てる」「今はこういう時期だから止め時」などなど、ちゃんと、理論で動いているのです。

 

その様な必然的に勝てる理論をどれだけ身につけられるかが、サイドビジネスにしろ、プロにしろパチンコで生計を立てていくための生命線なのです。

 

3.苦痛を受け入れる

 

すでに書いた通り、サイドビジネスにしろプロにしろ、パチンコで生計を立てている方と言うのは、パチンコを仕事を割り切っています。

 

それはどういうことかと言うと、苦痛を受け入れているという事です。多くの人は、楽しみからパチンコをしていることでしょう。

 

もちろん、サイドビジネスにしろプロにしろ、多くの方はパチンコが好きな方がやっていることでしょう。ですが、楽しみだけではなく。苦痛も受け入れているというのが、大きな特徴です。

 

例えば、朝早くからお店に並ぶ。決められた時間、きっちり打つ。好きな台ではなく勝てる代で勝負するなどなどには、苦痛が伴う事もあります。

 

多くの方は、楽しみ目的でパチンコをやっているので、苦痛は無意識的に避け、快楽を求める行動をとります。だからこそ、サイドビジネスやパチプロが成り立つとも言えるでしょう。

 

仕事であれば、楽しい事ももちろんありますが、辛いのも当たり前です。その様な感覚になってこそ、サイドビジネスにしろプロにしろ、パチンコで生計がたてていけると言えるでしょう。

 

パチンコのサイドビジネスって実際どうなの?

 

ここまで読まれた方は、パチンコがサイドビジネスとして立派に成り立つことを理解されたかと思います。現に、パチプロもセミプロもいるので、事実が証明しています。

 

しかしながら、パチンコと聞くと多くの方が敬遠してしまうのではないでしょうか?その理由をまとめてみたいと思います。

 

1.社会的に認められにくい

 

その大きな理由が、「社会的に認められにくい」の一言に尽きるのではないでしょうか?例えば、結婚を前提に付き合っている彼女がいたとします。

 

その彼女の父親に、「仕事は何をやってるんだ?」と聞かれた時、「パチプロです」では、結婚は許可してもらえない確率が高いでしょう。

 

仮に、「商社に勤めています」「自分で事業を営んでいます」「学校の教員です」等では、相当ひねくれた父親出ない限り、納得してくれるのではないでしょうか。

 

パチンコは、それだけ社会的にイメージが良くないのです。「娯楽」「ギャンブル」と言ったイメージから、当たり前と言えば当たり前かもしれません。

 

ですが、パチンコを副収入に選ぶのであれば、その様な社会的なイメージは受け入れる必要があるのではないでしょうか。

 

2.リスクと費用がつきもの

 

また、パチンコにはリスクと費用がつきものです。少なくとも、数十万円の運資金は必要でしょう。さらに、それらの費用を投入したからと言って、必ず勝てるといった保証はどこにもありません。

 

サイドビジネスにしろプロにしろ、パチンコで収益を得ている方と、その他大勢の違いはすでに述べました。ですが、だからと言って勝てる保証はどこにもありません。

 

また、収入も安定しません。凄く勝てる日もあるかもしれませんし、勝てると思っていたら負けの日だってあるでしょう。

 

パチンコは、時給〇〇円と言った、収入が約束されているサイドビジネスとは違い、常にリスクと隣り合わせです。そこの部分を覚悟しておく必要があるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、「パチンコをサイドビジネスにするのに必要な事とは!?徹底検証してみた!」という事で、パチンコをサイドビジネスにするにはどうすれば良いのか、マインドを中心にまとめてみました。

 

パチンコをサイドビジネスにするには、やはりパチンコが好きで詳しいという条件が必要でしょう。パチンコのサイドビジネスには、「人間関係がなく一人で出来る」「好きな事で収益が得られる」と言ったメリットも存在します。

 

ですが、すでに書いてきた通り、「安定性」は高いとは言えないですし、資産にもなるかと言うと、あまり期待は出来ないでしょう。

 

今、サラリーマンの方はサイドビジネスをしていく必要性に迫られています。具体的な理由は下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

さらに、下記の様な、ノーリスクではじめられるサイドビジネスや高収入が見込めるサイドビジネスも存在していますので、こちらもぜひ参照ください⇒

 

>>「ノーリスクではじめられるサイドビジネス5選!やらなきゃ損!」

>>「本当に儲かるサイドビジネス5選!と、こっそりシェアする裏技」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読みいただきありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込みいただけます⇒

 

 

スポンサードリンク