ハンドメイドのサイドビジネスをはじめていきたい!失敗しないコツと手法とは!?

 

回は、ハンドメイドのサイドビジネスをはじめて行く際のコツとポイントを紹介していきたいと思います。ハンドメイド作品というのは、実は今の時代多くの方が求めているのです。後で詳しく説明しますが。

 

スポンサードリンク



 

つまり、サイドビジネスでハンドメイドを始めていくのは時流に乗ってると言えるでしょう。時流に乗っていることが成功のポイントなんです。とは言え、自分のハンドメイド作品を世に広めていくには、ちょっとしたコツやポイントがあるんです。

 

 

ハンドメイドを求める理由

 

 

宇田川です!

 

今回は、ハンドメイドをサイドビジネスで始めていく際のコツとか、ポイントと言ったものを紹介していきます。そもそもハンドメイドってなんでしょう?

 

「ハンド=手 メイド=作る」つまり、直訳すると手作り作品の事です。バカにするな!そんなこと誰でも知ってるわ!と言われてしまうかもしれませんが(笑)

 

ですが、このハンドメイド、今の時代多くの方が求めているのをご存知でしょうか?もしも、あなたが何らかのハンドメイドを始めていきたい。もしくは始めているというのでしたら、この事はかなりの朗報になるかと思います。

 

では、なぜ今の時代多くの方がハンドメイドを求めているか?と言った背景を説明していきます。現代は、多様化の時代と言われています。

 

趣味の多様化、娯楽の多様化、職業の多様化、ありとあらゆるものが多様化していっています。そしてその波は、当然バックや服やアクセサリーや小物類にも来ています。

 

今の時代、大手の工場が大量生産しているバッグや服や小物というのは、あまり流行らなくなってきているのです。それよりも、よりコアで魅力ある個人ブランドを多くの人が好む傾向にあります。

 

これが、ハンドメイドを多くの人が求めている時代背景です。つまり、サイドビジネスでハンドメイドをはじめて行こうと思っている、あるいはすでに始めているあなたは、かなり有利な立ち位置にいるのです。

 

どうやってハンドメイド作品を売ってったらいいの?

 

ハンドメイドでサイドビジネスをはじめて行きたいと思っている方の多くは職人気質なのではないかと思います。職人気質というのは、創るのは得意。でも売るのは下手。という気質のことです。

 

なんせ僕の父は陶芸家のバリバリの職人で、小さいころから父の背中を見て育っているので、よーく分かります。創るのが得意な人は、売るのが下手な方が多いのです。

 

もちろん全ての人がこうではないと思います。創るのも売るのも得意な人もいるでしょう。こんな方はまさに鬼に金棒なわけですが、そんな方は少ないのではないかと思います。

 

ハンドメイドでサイドビジネスをはじめて行きたいと思っている方の多くの方の疑問は、「自分の作品をどうやって売っていったらいいか分からない」ではないでしょうか?

 

テナントを借りてお店を出すにはそれなりにお金がかかるでしょう。渋谷駅近くの路上などで売っていくのももちろんありだとは思います。

 

ですが、それよりももっといい方法があります。それは、ネット上に自分のお店を持つことです。今はネット全盛期。便利な時代になりましたよね。

 

自分のハンドメイド作品を出品したり、独自のネットショップを出せるサイトが沢山あるのです。そこに自分のハンドメイド作品を出品しておけば、24時間自動でネットショップが働いてくれて、欲しい人が現れたら売れる仕組みが作れるのです。

 

参考までに、ネットショップをいくつか紹介しておきたいと思います。

 

🔴ミンネ

🔴クリーマ

🔴テトテ

🔴ベース

※ベースはネットショップを簡単に持つことの出来るサイトです。

 

スポンサードリンク



 

「売れなくてもいい!」というマインドの大切さ

 

ハンドメイドでサイドビジネスを展開していきたいと思っている方は、当然ですが作品作りが好きな方でしょう。その好きという気持ちが、この上なく大切なのです。

 

その作品が、帽子にしろ、バッグにしろ、服にしろ、アクセサリーにしろです。この「好き」の気持ちが「売れない」に変わった時、苦痛が待っています。

 

そうです。ハンドメイドでサイドビジネスを展開する際、絶対にやってはいけないことが、「売ることを目的とすること」なのです。

 

そもそもハンドメイド作品のサイドビジネスで成功している人は、1割もいないというデータがあります。成功と言ってしまうと、あいまいな表現ですが、20万円以上稼げている人も1割くらいだそうです。

 

つまり、売れなくて当たり前、成功しなくて当たり前なのです。特に最初のうちは。なので、ハンドメイド作品を売っていく事は、あくまで「好き」の延長。

 

自分の感性を思いっきり作品にぶつけていき、その作品で人を喜ばすことを考えていきましょう。あなたの完成に共感し、買ってくれる人がいたら、「こんな私の作品を買ってくれてありがと!」と心から思えばいいのです。

 

ハンドメイドで成功する最大のポイント

 

とは言え、ハンドメイドでサイドビジネスをしていくからには、多くの人に自分の作品を買ってもらって成功していきたいもの。それは当たり前の事でしょう。

 

すでに書いた、「好きが最大のポイント」という条件を満たした上で、多くの人に自分の作品を買ってもらい、ハンドメイドのサイドビジネスで成功していくコツは、ファンづくりです。

 

ハンドメイドで成功するかしないかの分かれ道は、ファンが出来るか出来ないかにかかっていると言えるでしょう。うちの父の作品も、リピーターの方(ファン)がほとんどです。

 

そして次のポイントは、続ける事です。一万時間の法則というものがあります。それは、どんなことでも一万時間続ければ超プロになれるという話しです。

 

一万時間は大げさですが、成功するポイントの2つ目は、継続の一言につきるでしょう。好きな事だからこそ、続けることは出来ると思います。ぜひ、どんなことがあっても継続していく事をマインドとして持ってください。

 

ファン作りのポイント3点

 

ハンドメイドのサイドビジネスで成功できるかどうかの分かれ道は、ファンが出来るかどうかというのはすでに書いた通りです。では、どうして行けばファンは出来るのでしょうか?

 

そのポイントを3点紹介したいと思います。

 

1:差別化

 

一つ目のポイントが「差別化」です。つまり、あなただけのオリジナリティです。多様化の時代であることは最初に書きましたが、だからこそ、強烈なオリジナリティが人を惹きつけるのです。

 

オリジナリティをさらに分解すると、次の3つになります。

 

新しさ

珍しさ

面白さ

 

つまり、これまでに例をみない新しい作品であり、珍しい作品であり、かつ面白(芸術的、カワイイなど)ければ、オリジナリティが最高に光るという事です。ここら辺はあなたの感性にかかっています。

 

この3つは、世阿弥という室町時代の能の役者がいった言葉です。人間が求める本質的な物は、千年経っても変わらないのですね。

 

2:写真、コピー

 

2つ目のポイントが写真とコピーです。ネット販売になるので、当然写真が一番の判断材料になることは言うまでもありません。どれだで魅力的な写真が撮れるか?が、最大のポイントです。

 

次にコピーです。コピーって何ぞや?って感じだと思いますが、コピーとはコピーライティングのことです。コピーライティングとは、人を動かす文章の事です。

 

つまり、作品の紹介欄にどれだけ多くの人が買いたくなるような、文章を書けるか?が、ポイントの2つ目という事です。

 

3:キャラクター

 

3つ目がキャラクターです。キャラクターとは、販売者のキャラ。つまり、あなたの事です。多くの方は、作品の質もさることながら、どんな人物が売ってるか?も購買にいたる大きなポイントになるのです。

 

作品を作っている販売者が魅力的であればあるほど、ファンになる確率はぐんと上がります。例えば、世界中を旅しているなどのライフスタイル。

 

ものすごく可愛くてスタイルがいいなどの、外見的魅力。どうして作品を作っているか?や作品を通して何を伝えていきたいか?などの背景。

 

こんなところを、際立たせていきましょう。そこからあなたのキャラが立っていき、魅力につながっていきます。

 

まとめ

 

今回は、「ハンドメイドのサイドビジネスをはじめていきたい!失敗しないコツと手法とは!?」という事で、ハンドメイドのサイドビジネスをやっていくにあたり、失敗しない最大のコツとポイントを紹介してきました。

 

何度も言っていますが、ハンドメイドのサイドビジネスには時代の後押しがあるので、かなりおすすめです。ハンドメイドに限らず、サイドビジネス自体、今の時代のピッタリなのです。

 

というよりも、すこし怖い話になりますが、今すぐサイドビジネスをはじめて行かないと、時代の変化に伴って超貧困になったり、ホームレスになったりする可能性すらあるのです。

 

そのヤバさや、サイドビジネスの必要性は下記の記事を参照ください⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

今回はこれで以上になります。最後までお読み下さりありがとうございます!またぜひ覗いてみて下さい(^^)/

 

スポンサードリンク