サイドビジネスでデータ入力の始め方!初心者必見!

 

回は、サイドビジネスでデータ入力をはじめていきたいといった方向けに、どうすれば始められるか、どの程度のスキルが必要か、どのくらい稼げるか、などなど、気になる点をまとめてみました。

 

スポンサードリンク



 

データ入力は、パソコンがある程度使える人であれば、ほぼほぼできる内容になります。リスクもありませんので、ぜひはじめていってはいかがでしょうか?

 

サイドビジネスでのデータ入力の仕事とは

 

 

宇田川です!

 

今回は、サイドビジネスでのデータ入力についてまとめてみました。まず最初に、データ入力ってどんな仕事をするのか?と気になっている方向けに、ざっくりと仕事内容を書いていきたいと思います。

 

サイドビジネスでデータ入力と言っても、アルバイトとして企業に就職してお世話になるパターンと、自分から依頼主を探し、自宅で仕事をするパターンの2つが存在します。

 

今回は、後者のパターン、自分で依頼主を探して自宅でパソコンを使ってデータ入力の仕事をこなしていくパターンについて紹介していきます。

 

アルバイトのケースですと、どうしても休日だけの勤務や終業後の勤務になってしまい、やっていくとなると条件的に現実的ではないでしょう。

 

データ入力と言っても、その仕事内容は様々です。「データ入力」以外に言葉が見つからない仕事をデータ入力と呼んでる場合もあります。

 

しかしながら、データ入力と言う言葉の通り、データをひたすら入力していくのが主な仕事になります。その中でも、大まかな仕事内容は次の様にわけれます。

 

データの組み換え作業(リライト)

 

基の文章の意味合いは変えずに、単語や言葉の言い回しを組みかえる仕事内容です。

 

作り替え作業

 

基になる資料のデータをエクセルやパワーポインタの形式に作り替える仕事です。

 

文字への変換作業(文字起こし)

 

インタビューや対談などの音声を文字の形に書き起こす作業です。

 

データ入力のメリット

 

大まかな仕事内容が分かったところで、次にサイドビジネスとしてデータ入力をしていくメリットをまとめていきたいと思います。

 

時間と空間に縛られず仕事ができる

 

データ入力のサイドビジネスのメリットのひとつ目は、「時間と空間に縛られず仕事ができる」です。多くの方は会社勤めをされていることと思います。

 

会社での仕事をこなすには、仕事にもよると思いますが、多くの場合は満員電車で遅刻しない様に通勤し、会議の時間も決まっていて、出張があり、苦手な人との人間関係がありと、縛りの連続ではないでしょうか?

 

データ入力の仕事は、パソコン一台さえあれば、時間にも空間にも人にも縛られずに仕事をしていく事が出来ます。自宅で好きな時間に仕事をするのも良し、公園やホテルで仕事をするのも良し、旅行先で仕事をすること出来るでしょう。

 

パソコンが扱える人であれば大抵の人が出来る

 

データ入力のサイドビジネスのメリットの2つ目は、「パソコンを扱える人であれば大抵の人が出来る」です。データ入力の仕事は、複雑な事や頭を使う事はほとんどありません。

 

パワーポインタ、ワード、エクセルなどの基本的なパソコンスキルさえあれば、手を動かせば大抵の方には出来るでしょう。

 

例えば、同じサイドビジネスと言っても、アフィリエイトなんかはそうはいきません。どうやったら自分のサイトに大量のアクセスを集めることが出来るか?や、どうすれば商品が売れるか?などのマーケティングやセールスのスキルや知識も必要になります。

 

データ入力は単純作業になるので、ビジネス的なスキルや知識、センスなどはほとんどと言っていいほど関係してきません。

 

事務処理力やPCスキルが身につく

 

データ入力のサイドビジネスのメリットの3つ目は、「事務処理力やPCスキルが身につく」です。データ入力はその仕事上、こなしていくうちにどうしてもPCスキルが身についてしまいます。

 

例えば、ブラインドタッチのスピードが上がる、エクセルやパワーポイントのスキルが向上するなど、PCスキルが知らず知らずのうちに向上してしまうでしょう。

 

スポンサードリンク



 

データ入力のデメリット

 

では、データ入力にはメリットしかないかと言うと、そんなことはありません。きちんと始める前にデメリットも把握しておき、自分に出来るかどうか検討しましょう。

 

単純作業

 

データ入力のサイドビジネスのデメリットのひとつ目は、「単純作業」です。先程メリットのところで、「パソコンを扱える人であれば大抵の人が出来る」と言ったものをあげました。

 

それは裏を返せば、単純作業という事です。同じ作業を淡々をひたすら繰り返さなければなりません。それも膨大に。その様な単純作業が苦手な方は、なかなか苦痛な仕事になってしまうかもしれません。

 

パソコンを長時間使う事になるので、目の疲れや肩こりなどは当然のごとく出てくるでしょう。

 

納期がある

 

データ入力のサイドビジネスのデメリットの2つ目は、「納期がある」です。データ入力の仕事はクライアントから委託されている仕事です。

 

そこには当然〆切が付きまといます。その〆切に追われるというのがデメリットと言えるでしょう。ですが、これは仕事であれば当たり前のことです。

 

例えば、本業の仕事であっても、いついつまでに資料を完成させなければならない等の期限があるでしょう。あくまでも仕事であって趣味ではないので、自分の好きなペースで出来るというのは甘い考えと言わざるを得ません。

 

納期があるのは当然という意識が必要です。

 

データ入力が向いている人

 

これらのデータ入力のサイドビジネスのメリットデメリットを把握したうえで、どの様な人にデータ入力のサイドビジネスが向いていると言えるのでしょうか?まとめてみたいと思います。

 

🔴一人で自分のペースで仕事がしたい方

🔴空き時間や隙間時間を利用して副収入が得たい方

🔴PCスキルを向上させたい方

🔴単純作業が苦にならない方

🔴頭を使いたくない方

 

上記のような方がデータ入力のサイドビジネスに向いて言えると言えるでしょう。

 

データ入力のサイドビジネスの気になる収益は?

 

データ入力の仕事はどれくらい儲けることが出来るのでしょうか?これは、収入はデータ入力に限らずどんなサイドビジネスでも大きく関わってくる要因です。

 

まあ、当たり前と言えば当たり前でしょう。多くの人がサイドビジネスをはじめて行く理由は本業以外に副収入を得たいからでしょうから。

 

データ入力の報酬は、文字数で決められているケースがほとんどです。だいたいの相場は、600字で200円くらいと言われています。

 

この相場を基に計算していけば、どのくらいの作業量でどのくらい儲けることが出来るのか、ざっくりした報酬の目安をたてることが出来ます。

 

データ入力の報酬は、依頼内容によって前後しますのであくまでだいたいの目安としてとらえて下さい。600字で200円という事は、一文字約0.3円という事になります。

 

という事は、一日100文字書いて30円。1000文字書いて300円。10000文字書いて3000円です。一日10000文字を毎日続ければ、月にして10万円弱の収入になるという事です。

 

この数字をどうとらえるかは、人それぞれでしょうが、時給換算するとだいたい800円前後と言われています。単純作業で誰にでもできて好きな時間で好きな場所で仕事が出来て時給800円であれば、まずますと言えるのではないでしょうか?

データ入力のサイドビジネスのはじめ方

 

では、実際にデータ入力のサイドビジネスを始めていくにはどのようにすればいいのか?書いていきたいと思います。データ入力の案件は、クラウドソーシングのサイトにごまんとのっています。

 

まずは、主要なクラウドソーシングサービスに登録し、じっくりと案件を探すところからがスタートになります。

 

主要なクラウドソーシングサービス

🔴ランサーズ

🔴@SOHO

🔴SOHOビレッジ

🔴ジョブチャンネル

 

まとめ

 

今回は、「サイドビジネスでデータ入力の始め方!初心者必見!」という事で、データ入力のサイドビジネスについて痒うところに手が届く様な情報をまとめるとともに、クラウドソーシングサイトをいくつか紹介していきました。

 

データ入力のサイドビジネスは下請けの仕事について学ぶことが出来ます。自分でビジネスを立ち上げ引っ張っていくとうよりも、誰かをサポートをしていきたいといった方におすすめです。

 

実は多くの方が気付いていませんが、大部分のサラリーマンや主婦の方々は、サイドビジネスをしていく必要性に迫られています。簡単に言うと、会社に依存していたのでは、いつ食べられなくなるか分からない時代なのです。

 

その辺の詳しい所は下記の記事にまとめていますので、ぜひ参照ください⇒

 

>>「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までありがとうございます(^^)

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込みいただけます⇒

 

 

スポンサードリンク