サイドビジネスでデザインをしていきたいけど何をすればいいの?分かりやすく解説!

 

イドビジネスでデザインの仕事をしていきたい!だけど何をどうすれば良いか分からない!そんな方の為に、サイドビジネスでデザインをしていくにあたり、必要な事をまとめてみました。

 

スポンサードリンク



 

今回の記事では、デザインのスキルがある事を前提としています。デザインのスキルはあるけれどどうやって顧客を獲得したり、サービスを売り込んでいけば良いか分からないという方はぜひ参考にして下さい!

 

デザインのサイドビジネスとは

 

 

宇田川です!

 

今回は、サイドビジネスでデザインをしていきたいけど、どのようにしていったら分からないという方向けに、デザインをマネタイズしていくビジネス的なノウハウをまとめてみました。

 

そもそも、デザインとは何かというと、視覚的に物事を美しくするために色合い、形、レイアウトなどに工夫を凝らすことです。

 

かなりざっくりした言い方ですが、当然デザインと一言で言ってもそのジャンルは幅広く存在しています。この記事を見ているくらいなので、あなたはデザインスキルがある方だと思います。

 

当然、デザインの腕をサイドビジネスとしてマネタイズしていきたいと考えているのであれば、参入ジャンルが決まっていることと思いますが、もしも決まっていない様でしたら、参入ジャンルをまず決めることをおすすめします。

 

デザインの大まかなジャンルとしては、下記の様なものがあります。

 

グラフィックデザイナー

 

商品パッケイジ、ポスター、チラシなど印刷物のデザインを担当。

 

ウエブデザイナー

 

ウエブサイトの構成やデザイン、画像制作やコーディングを行います。

 

インダストリアルデザイナー

 

自動車や家電製品などの工業製品などを担当。

 

DPTデザイナー

 

文字や図、写真などをレイアウトしたデザインを担当。

 

ゲームグラフィックデザイナー

 

ゲームのキャラクターや背景、建物などをデザイン。

 

イラストレーター

 

本の表紙、絵本、広告、ポスターなどのイラストレーションを担当。

 

その他のデザイン

 

それ以外にも、ファッションデザイン、ジュエリーデザイン、空間デザインなどなど、デザインには様々なジャンルがあります。

 

スポンサードリンク



 

デザインのサイドビジネスの第一歩はクラウドソーシング

 

もしも、デザインのサイドビジネスをしていきたいけど、具体的にどのような活動をしていけば良いか分からないという様でしたら、クラウドソーシングに登録し、クライアントを見つけるのが手っ取り早い方法です。

 

クラウドソーシングとは、コンテンツを必要とする側と提供する側の橋渡しをするWEB上のサービスです。ここでのコンテンツとはもちろんあなたのデザインになります。

 

クラウドソーシングのサービスには様々な案件が募集されているので、自分にぴったりの案件を探し、応募してみましょう。

 

もしも、1つや2つうまくいかなくても、クラウドソーシングには星の数ほどの案件があるので、探す手間さえ惜しまなければ、必ずと言っていいほど、ピッタリの案件が見つかるはずです。

 

クラウドソーシング一覧

 

🔴ランサーズ

🔴クラウドワークス

🔴Crowd Gate

🔴シュフティ

🔴MUGENUP

 

デザインのSNSマーケティングについて

 

サイドビジネスにしろ、デザインのビジネスを自分で始めていくには、いくつかの超えなければならないハードルがあります。その一つが集客です。

 

集客とは、マーケティングとも言います。仮に、あなたがどんなに素晴らしいデザインのスキルがあろうとも、その事を知っている人が一人もいなければ、売れることはないのです。

 

仮に無人島でラーメン屋を営んでいたとしても、そのラーメン屋がどんなに美味しいラーメンを作っていようとも、お客さんが入ることはないのと一緒です。

 

仮に人通りの多い都心部でおいしいラーメン屋を営んでいたとしても、お店が民家と区別がつかなく、看板も出ていなければお店に人は入らないでしょう。

 

どうすれば自分のラーメンをより多くの人に知ってもらう事が出来るか?が、マーケティングです。それはデザインにおいても全く同じことが言えます。

 

では、どの様にすればより多くの人に自分のデザインを知ってもらう事が出来るのでしょうか?今の時代、最も効果が高いのが、SNSを使った方法です。

 

SNSはご存知の通り、ソーシャルネットサービスの事です。具体的には、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどです。

 

その様なSNSのツールが、デザインのマーケティングに使えるのです。具体的にどのように使うかというと、アカウントを取得し、フェイスブックやインスタグラムを使って、自分の商品をどんどん発表していけば良いのです。

 

SNSの利点は、自分からフォロアーを選び増やせることです。すなわち、自分のデザインを必要としてそうな人をピンポイントでフォローしていく事で、あなたの存在をその様な人たちに知ってもらう事に繋がります。

 

また、デザインのコネクションを多く持っている方とつながることにより、その人から派生してクライアントに繋がる事にもなりやすいでしょう。

 

デザインのサイドビジネスで成功する条件

 

デザインのサイドビジネスをしていくにあたり、成功しやすいいくつかの条件があります。それらについてまとめていきたいと思います。

 

コネクション

 

1つは、コネクションです。すなわち、あなたの事を積極的に紹介してくれる紹介者が多ければ多いほど仕事が舞い込むようになります。

 

サイドビジネスとして自分のデザインを売り込んでいくためには、コネクション作りというのが大きなポイントになるでしょう。

 

コネクションを作っていくためには、クライドソーシングのクライアントとのつながりを大切にする、SNSを強化する、パーティーや会合に積極的に参加するなどなどの方法が有効的です。

 

例えば、一人のクライアントからの些細な仕事だったとしても、誠心誠意仕事をこなし、納期はきちんと守り、お礼のメールなどを頻繁にすることで、その方から好感をもたれ、リピートに繋がったり、あるいはいい得意先を紹介してくれるかもしれません。

 

その様な些細な気配りや心配り、誠実さがのちのちコネクションに響いてくるのです。

 

魅力

 

次が魅力です。魅力というのは、作品の魅力でもあり、あなた自身の魅力でもあります。作品の魅力というのは言うまでもないでしょう。

 

斬新で、他に例がなく、素晴らしいデザインなら、より多くの方が求めるのは言うまでもない事だからです。そこはあなたの感性にかかっています。

 

次に、人間的魅力についてですが、これがあながちバカにできないんです。例えば、あなただったら、ものすごく嫌な顔も見たくない人から80円で大根を買うのと、とっても好感が持てて親切な人から同じ大根を100円で買うのとではどちらを選択するでしょうか?

 

恐らく、多くの方が後者を選ぶしょう。作品の魅力もさるとこながら、その作品を作っている人の魅力というのも思いのほか、影響してくるものなのです。

 

あなたも、商品の質よりも、「この人の作品だから」と、人で商品を購入した経験があるかもしれません。全く同じことが言えるのです。

 

なので、ぜひ自分の魅力、エッジというものを磨いていく様にしましょう。魅力は、どんな気持ちでデザインの仕事をしているか?や、作品に込めた思い、自分の過去の経験などを包み隠さず明らかにしていく事で、あなた自身の魅力につながっていきます。

 

マナー

 

最後の条件が、マナーになります。おそらく、入店した美容室の美容師が、ものすごくマナーが悪く終始ブスッとしていたのでは、もう2度とその店に行く気はしないでしょう。

 

全く同じことが、デザインのサイドビジネスにおいても言えるのです。最低限、納期を守る、頻繁にメールを送るなどのマナーが大切になります。

 

この辺は、コネクションにも関係してくることですが、誠心誠意仕事に取組み、クライアントには親切に接する心がけが大切になります。

 

まとめ

 

今回は、「サイドビジネスでデザインをしていきたいけど何をすればいいの?分かりやすく解説!」という事で、デザインのサイドビジネスをするにあたり、具体的な方法を紹介してきました。

 

ぜひ参考にして下さい(^^)今回の記事はこれで以上になります。最後までお読みいただきありがとうございます!

 

無料スカイプ相談は下記よりお申込みいただけます⇒

 

 

スポンサードリンク