サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証

 

ラリーマンよサイドビジネスをせよ!という事で、かなり偉そうなタイトルになっていますが、僕は日本の全てのサラリーマンがサイドビジネスを行っていった方がいいと思っています。

 

スポンサードリンク



 

もっと言うと、サラリーマンが生き残るには、サイドビジネスしか手段は残されていないとすら思っています。その根拠を熱く力説していきたいと思います。

 

サラリーマンの運命

 

 

宇田川です!

 

今回は、サラリーマンの方は悪いことは言わないから、絶対に今すぐサイドビジネスをしていった方がいいですよ!と言った内容の記事になります。

 

今この記事を読んでいるあなたは、こんな記事を読むくらいなので、少なくともサイドビジネスに興味を持っている方だと思います。

 

すでに何らかのサイドビジネスをしている方もいるかもしれませんし、サイドビジネスをはじめようかどうか悩んでいる方もいるかもしれません。

 

もしもあなたが何らかのサイドビジネスをしているなら、その選択は正解です。あなたはかなりセンスのある方だと思います。

 

サイドビジネスをはじめようかどうか悩んでいる方も正解です。あなたもかなりのセンスをお持ちです。後は、自分にピッタリのサイドビジネスを選び、出来るだけ早いうちに取り組んでいきましょう。

 

サイドビジネスには、メリットしか存在していません。まず、1つとして、お金が稼げる点です。サイドビジネスをする目的は、ほとんどがお金でしょう。

 

次が、リスクがない点です。初期投資がかかるサイドビジネスもありますが、無料で始められるサイドビジネスも沢山存在しています。つまり、最悪稼げないだけで、一切怖い事は無いのです。どんどんやればいいんです。

 

次がスキルが身につくという点です。スキルは武器になります。普通にスキルを活かして稼ぐのもあり。あるいは、コンサルといった形で、スキルを売る事で、さらなる利益を出す手段もあります。

 

とにかく、多くの人は気付いていませんが、日本は今かなり危険な状態です。その状態を出来るだけ伝わるように今回の記事では書いていくつもりです。

 

その危機が理解出来れば、サラリーマンが生き残る手段はサイドビジネス以外にないという事が、ヤバいくらいに理解できてしまうでしょう。

 

それでは、その4つの根拠を書いていきたいと思います。

 

会社の給料だけではどうやったって無理

 

サラリーマンがサイドビジネスをしていった方がいい理由の1つ目は、「会社の給料だけではどうやったって無理」です。あなたの給料がいくらかはもちろん問いません。

 

ですが、サラリーマンの平均年収は400万円ちょっとというデータがあります。年収400万円・・・果たしてこれでやっていけますか?

 

家賃、マイホームのローン、食費、光熱費、携帯、パソコン・・・生きるために必要なあらゆる額を引いていくともはやカツカツではないでしょうか?

 

さらに、サラリーマンの出費の2トップは、教育費と親の介護費です。1人の子供が幼稚園から大学卒業までにかかる金額は、約800万円です。言っておきますがこれ、学費だけですからね。

 

進学のコースで若干値段は変わってきますが、当然そこに塾費用、部活動の費用、通学費、教材、習い事などの費用がプラスされるわけです。

 

そして、もっと大きいのが親の介護費用です。日本は高齢化社会を迎えるにあたり、受給できる介護保険料が年々減少の方法にあります。

 

払う介護保険料は増え続ける一方で、使える額は減少の一方を辿るのです。人口の中での高齢者の割合は増える一方なので、この方向性は当然の事でしょう。

 

では、介護費は一体どれ位の値段がかかるのでしょうか?だいたい平均で月7~25万円ほどと言われています。言っておきますがこれ、介護保険料を差し引かれたうえでの値段ですからね。毎月、家賃代から下手したら月の収入分が親の介護にもって行かれてしまうという事です。

 

この厳しい現実を見据えたうえで、果たして会社の給料のみで生きていくことが出来るでしょうか?

 

僕は、サラリーマンは今すぐサイドビジネスをはじめて行くべきだと思います。愛する家族を守るためにも。

 

スポンサードリンク



 

仕事はどんどん減少の方向にある

 

サラリーマンがサイドビジネスを今すぐ始めた方がいい根拠の2つ目は、「仕事はどんどん減少の方向にある」という事実です。

 

あなたは知っていますか?どんどん仕事が消えていくという運命を。恐るべき話をしたいと思います。オックスオード大学は、これから10~20年以内にやく半数の仕事がなくなるという発表をしています。

 

半分ですよ?これから10~20年先には、あなたの仕事が無くなっている確率は、50パーセントなのです。単純計算で。

 

なぜこのような未来が待っているかというと、技術革新の進歩がはなはだしいからです。つまり、これから10~20年後には、今の仕事の半分をロボットがこなしているであろう、という事なのです。

 

では、どんな仕事が消えてなくなるのでしょうか?オックスオード大学は、次のような仕事が消えていくだろうと、予想しています。

 

10~20年で無くなる仕事

銀行の融資担当者 スポーツの審判 不動産ブローカー レストランの案内係 動物のブリーダー テレフォンオペレーター レジ係 娯楽施設の案内員チケット切り カジノのデイラー ネイリスト・・・

 

まだまだたくさんあります。

 

ですが、サイドビジネスを学び、ビジネススキル、ビジネスマインドを身に着けることで、社会がどんな変化を迎えようと、社会の変化に合わせ、人々の需要にそったビジネスをいくらでも作り出すことが出来るのです。

 

つまり、ビジネススキルさえあれば、社会がどんな変化を迎えようと臨機応変に対応し、生き残ることが可能なのです。そういった意味で、サラリーマンは今すぐ何らかのサイドビジネスをはじめて行くべきだと思うんです。

 

多くの企業は実は今超困っている

 

今すぐサラリーマンはサイドビジネスを始めた方がいい理由の3つ目は、「多くの企業は実は今超困っている」です。じゃあ、何に困ってるんだ?って話になりますよね。

 

それは、商品が売れなくて困っている。あるいは、どんな商品が当たるか分からなくて困っているんです。なぜこんな事態になっているか、分かりやすく説明していきたいと思います。

 

現代は、多様化の時代と言われています。娯楽の多様化。商品の多様化。趣味の多様化。ありとあらゆることが多様化してきています。

 

この多様化が、企業を困らせているのです。一昔前は、この様な時代ではありませんでした。ほとんどの家族が当たり前の様に、食卓でテレビを観、読売ジャイアンツを応援するという時代だったのです。

 

つまり、娯楽と言えば限られていたのです。また、宣伝媒体も当然テレビだったので、テレビのCMで流す商品が売れるという時代だったのです。

 

つまり、テレビにより国民のほとんどをコントロールし、売りたい商品を売ることが出来たのです。ですが、今はどうでしょう?若者のテレビ離れが進んでいます。

 

テレビを見ないで何をするかというと、当然インターネットです。ネットは情報の嵐です。娯楽も多様な種類があふれています。

 

この様な時代に一気に変化したことで、大企業の上層部というのは、超困っているのです。実は。当然そんなことは末端のサラリーマンには伝わりませんから、ほとんどの企業で働いているサラリーマンは、自分の会社がこんなに困っているなんて知る由もないでしょう。

 

ですが、蓋を開けるとそういう事なんです。これからは、企業の時代ではなく、個人の時代です。それは働き方のスタンスとしても、言えることです。

 

大企業に就職して一生お世話になる時代なんて、時代背景を見ればとうの昔に終わってるんです。それよりも、個人でよりコアな客層を対象にニッチビジネスを展開した方が、何百倍も時流に合っているのです。

 

時流に合っているという事は、稼げると言いう事です。大きな視点から見た上でも、サラリーマンはサイドビジネスを展開していった方が、稼げるという事が言えるのです。

 

独立が狙える

 

今すぐサラリーマンはサイドビジネスを始めた方がいい理由の4つ目は、「独立が狙える」です。これまでかなりネガティブな根拠ばかりでした。

 

今まで紹介した3つの根拠を総合して考えれば、当然、「独立」に行きつくわけです。そうです。サラリーマンは今すぐサイドビジネスをはじめて行くべきですが、サイドビジネスでの収入が潤い始めたタイミングを見計らって、独立すべきなのです。

 

つまり、起業家になるという事です。僕の友人の起業家の方は、本当に幸せそうな方ばかりです。その様な方が増えていけば、当然、世の中は急速に良くなっていくでしょう。

 

そもそも、サラリーマンという職業はストレスが多すぎるのです。参考までに、起業家になればどのような生活が待っているか、簡単に書いておきたいと思います。

 

収入は、軽くサラリーマン時代の10倍になります。こういうと、「嘘だろ?」とか、「盛ってるだろ?」とか思われるかもしれませんが、僕の知り合いの起業家の方々は、本当に軽くその位の収入がある方ばかりなのです。

 

仕事量は、今までの10分の1になります。起業家の方は、とにかく働きません。今は、集客とセールスをネットで自動化できる時代です。

 

こうなると、あまり働く必要が無くなるのです。空いた時間で何をしているかというと、趣味に費やしたり、旅行したり、興味のある分野の勉強をしたり、スポーツをしたりしています。

 

言っておきますが、これまで書いてきた起業家というのは、個人起業家の方ですからね。さらに、パソコン一台で仕事をしている方がほとんどなので、通勤の必要もありませんし。会社や事務所で仕事をこなす必要もありません。

 

手に入るものは、精神的自由、肉体的自由、金銭的自由、時間的自由。手放すものは、ストレス、満員電車での通勤、ギスギスした人間関係、サービス残業、クレーム処理です。

 

これが、サイドビジネスから脱サラをすることで得られる現実です。

 

もちろん、これらを手にするには正しい努力が必要です。ですが、逆に言えば、正しい努力さえすれば、誰にでも可能な現実なのです。

 

ぜひ、サラリーマンのあなたは、サイドビジネスから独立を目指してみてはいかがでしょうか?本気でその気があるならば、下記の記事をぜひお読みください。サイドビジネスを始める上での基本が書かれています⇒

 

🔴>>「サイドビジネスで在宅副業するなら!【発想しだいで何でも在宅副業になる件】」

🔴>>「サイドビジネスの無限アイディア算出法【年収1億の思考法】」

🔴>>「安全なサイドビジネスの条件!4つのポイント」

 

まとめ

 

今回は、「サラリーマンよサイドビジネスをせよ!4つの根拠からサイドビジネスをしなければならない理由を検証」ということで、サラリーマンはサイドビジネスをした方がいい根拠を書いてきました。

 

くどいようですが、サラリーマンの方はサイドビジネスをやった方が、本当にいいと思います。さらに、サイドビジネスで終わらせることなく、独立を目指してください。

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読み下さり、ありがとうございます(^^)

 

スポンサードリンク