アメリカのサイドビジネスを日本に輸入!【アメリカのサイドビジネスが超有効な理由とは】

 

回は、アメリカのサイドビジネス事情を公開していきたいと思います。理由は、詳しく説明していきますが、アメリカで流行っているサイドビジネスというのは、日本でも流行る可能性が高いのです。

 

スポンサードリンク



 

いち早く、アメリカのサイドビジネスに目をつけ、日本に輸入していくことで、一攫千金も夢ではない・・・かもしれません!今回は、アメリカで流行っているサイドビジネスをさわりだけ紹介させて頂こうと思います。

 

なぜアメリカのサイドビジネスか?

 

 

宇田川です。

 

今回は、アメリカで流行っているサイドビジネスを紹介していきたいと思います。この様に聞くと、「日本に住んでるのに何でアメリカのサイドビジネス?」という疑問が当然のごとく出てくることでしょう。

 

OKです。そこのところから説明していきたいと思います。実は、アメリカで今現在流行っているサイドビジネスというのは、日本でも流行る可能性が高いのです。

 

アメリカは日本の5年は進んでいると言います。なので、現在アメリカで流行っているサイドビジネスが、5年後の日本で流行っている可能性は非常に高いのです。

 

もちろん、文化の違いなどがありますので、全てが全て当てはまる訳ではありません。ですが、今現在日本で流行っているサイドビジネスも、蓋を開けてみるとアメリカからやってきたというものが非常に多いのです。

 

例えば、情報ビジネスなんてのもその1つです。情報ビジネスというのは、通常は出回る事のない特殊な情報を、PDFや音声、動画の形で販売するものです。

 

ジャンルは、健康に関することやお金儲けの方法など、さまざまですが、特徴は書店で売られている本などとは違って、事細かにノウハウが綴られている点です。

 

また、長文のセールスレターも、今ではネット上で当たり前の様に蔓延していますが、このセールスレターもアメリカから輸入されたものです。

 

つまり、現在アメリカで流行っているサイドビジネスで、日本でも流行るであろうと予想されるサイドビジネスをいち早く日本に輸入することで、一攫千金も夢ではないという事です。

 

現に、長文のセールスレターを日本に輸入したと言われているMrX(仙人さん)と言われている人物は、一枚のセールスレターで億は稼ぐと言われていました。

 

MrX(仙人さん)の弟子には、有名なネット起業家の村上むねつぐさんや、伊勢隆一郎さんがいます。アメリカのサイドビジネスを日本に輸入することで、MrX(仙人さん)の様になれる可能性もはらんでいるという事です。

 

では、今現在アメリカではどのようなサイドビジネスが流行っているのでしょうか?いくつか紹介していきたいと思います。

 

ベビーシッター

 

アメリカで流行っているサイドビジネスの1つ目は、ベビーシッターです。日本でも流行るかどうかは何とも言えませんが、アメリカの映画には必ずと言っていいほど出てくる業種です。

 

日本では、法律や資格の関係が壁になりそうですが、今後どのように法律が変わるかもわかりません。ベビーシッターと似た職業で、日本で確実にはやる、いえ、現に流行っている職業があります。

 

それが、老人向けの在宅サービスです。老人向けの在宅サービスは、介護保険という法律で賄われているのが原則ですが、介護保険適用外で需要の高いサービスもあり、その様なサービスは完全自費で行われています。

 

例えば、見守りや庭の手入れなどのサービスです。高齢者向けのビジネスは今後とも間違いなく伸びていくので、ぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク



 

Airbnb

 

次にアメリカで流行っているサイドビジネスは、Airbnbです。Airbnbとは何かというと、簡単に言うと部屋を貸すサービスです。

 

このビジネスは、アメリカで流行っているとともに、日本でもすでに流行しつつあります。空いてる部屋がある方、また、祖父母がかつて住んでいて現在使い道のない空き家がある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

Airbnbをもう少し詳しく説明すると、Airbnbは、部屋を貸したい人と借りたい人がマッチングすることで成立するビジネスです。Airbnbというのは、この2者をマッチングさせるためのネット上のサービスなのです。

 

やり方をザックリ説明すると、部屋を貸したい側がAirbnbのサイト上に部屋の様子や値段など細かい情報を載せ、その情報を見た、宿泊希望者が現れ、お互い納得がいけば成立といった形です。

 

Airbnbはアメリカと日本のみではなく、タイ、シンガポール、マレーシアなど、世界的に主流になりつつあるサービスです。

 

>>Airbnb

 

自費出版

 

次に、アメリカで流行っているサイドビジネスは、自費出版です。「自費出版できるお金なんて持ってない」と、多くの方が思われるでしょう。

 

自費出版には、少なくとも数百万円かかるのが普通だからです。ですが、今はすでに電子書籍の時代です。書店で紙ベースの本を買わずに、タブレットなどを使ってダウンロードして本を読む方が圧倒的に増えてきています。

 

この電子書籍という形態でしたら、出版にお金はかかりません。つまり、0円で誰もが著者になれてしまうのです。一昔前では、出版できるのはごく一部の著名人という常識が当たり前でした。

 

ですが、その常識はもはや古いのです。今では、著名人と一般人の区別がなくなってきています。誰もが、多くの人に感銘を与えられる様な本を出版出来れば、ベストセラー作家になれる時代なのです。

 

それも一切の費用をかけずに、最低限パソコンとネット環境があれば誰にでも可能なのです。アメリカでは、出版ビジネスがすでに主流にあります。

 

そして、その波はすでに日本にも来ています。日本でも、アマゾンが行うダイレクトパブリッシングという、セルフ出版のサービスを使い、出版する方が増えています。

 

0円で出版出来ますので、ぜひあなたの本を出版してみてはいかがでしょうか?

 

>>アマゾンダイレクトパブリッシング

 

写真ビジネス

 

次にアメリカで流行っているサイドビジネスは、写真ビジネスです。写真ビジネスとは何かというと、自分の取った写真をインスタグラムなどを通して販売、あるいは、カメラマンとしてサービスを提供するサービスです。

 

プロに依頼すると高額の為、アマチュアカメラマンとして安価な値段でサービスを提供することで需要が生まれています。

 

あるいは、ルックスに自信のある方であれば、ファッションブランドと提携し、そのブランドの服を身に着けている写真をアップしていき、自分の写真を通して服を売る事で収益をいていく方法もあります。

 

すでに日本でも行っている方が増えてきています。インスタグラムが流行っていることから、かなり有効なサイドビジネスになりうるのではないでしょうか?

 

その他のアメリカで流行っているサイドビジネス

 

ざっとアメリカで現在はやっていて、日本にもその波がやって来そうなサービス、あるいはすでに主流になりつつあるサービスを紹介してきました。

 

もちろん、他にもまだまだアメリカで流行っているサイドビジネスはあります。例えば、下記の様なサイドビジネスです。

 

🔴ブログ

🔴eBay転売

🔴除雪ビジネス

🔴インストラクター

🔴フリーランスライター

🔴コンサルティング

🔴ハンドメイド

🔴WEB教育ビジネス

🔴マーケティング代行サービス

 

等々です。自分に向いていて気になるサービスがあれば、アメリカのノウハウを学んで、日本で行ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

今回は、「アメリカのサイドビジネスを日本に輸入!【アメリカのサイドビジネスが超有効な理由とは】」という事で、アメリカで流行っているサイドビジネスを紹介してきました。

 

復習になりますが、アメリカは日本の5年先を行っていると言われています。現在のアメリカの状況が、5年後、日本に同じ状況をもたらす可能性は非常に高いのです。

 

アメリカでは、現在格差がとんでもないほど広がっています。また、ホームレスが急増しているという事実もあります。この波が日本にやってこないとも言い切れないのです。

 

日本でも確実に格差は広がりつつあります。この事を考慮していくと、ますますサイドビジネスの必要性というのが現実感を持って増してくるのではないでしょうか?

 

無料で始められてリスクのないサイドビジネスも沢山ありますので、出来るだけ早いうちに始めるのが得策だと僕は思います。

 

関連記事は下記になります。ぜひ参照ください⇒

 

関連記事

 

🔴>>「サイドビジネスで在宅副業するなら!【発想しだいで何でも在宅副業になる件】」

🔴>>「サイドビジネスの無限アイディア算出法【年収1億の思考法】」

🔴>>「安全なサイドビジネスの条件!4つのポイント」

 

今回の記事はこれで以上になります。最後までお読み頂きありがとうございます(^^)

 

 

スポンサードリンク