せどりとは何か?本当は稼げない!?初心者必見!!せどりの実態を徹底解説!!

 

どりとは何か?せどりって本当に稼げるの?せどりってなんか怪しそう。せどりをやったことがない人はネットでせどりについてあれこれ調べて情報収集してる最中かもしれません。

 

今回はそんなせどりについて、せどりとは何か?その実態を徹底解説していきたいと思います。せどり初心者の方はぜひ最後まで読んで、参考にしてみてください!

 

せどりとは何かの前に・・・

 

 

ノマドせどらーの宇田川です!

 

今回はせどりとは何か?を説明していきたいと思います。まず、この記事を読まれている方は、せどりに興味をもって、せどりとは何かをあれこれ調べている方なのではないかと思います。

 

せどりというのがビジネスであるということは、あなたは当然ご存知だと思います。問題は、「本当に稼げるのか?」「簡単に始めることはできるのか?」「リスクはあるのか」などなどではないでしょうか?

 

僕は2017年の9月に初めてせどりを始めました。この記事を書いている今が2018年の10月なので、まだせどりを始めてから一年ちょっとしかたっていません。

 

せどらーの中ではひよっこの方でしょう。しかし、今現在どれくらいせどりで稼いでいるかというと、平均して月70万円ほどです。

 

2018年の8月の利益がこんな感じです。

 

 

粗利の部分が利益です。なのでこの月は80万近くせどりで稼げた事になります。僕は専業せどらーですので、ほかの方がサラリーマンとしてあくせく働いている時間をせどりにかけることができます。

 

なので、せどらーとしては本当に自慢にもならないたいしたことない数字かもしれませんが、平均的なサラリーマンと比べると、はるかに高い収入なのではないかと思います。

 

僕には副業せどらーの知り合いもたくさんいるのですが、副業で稼いでいる人だと月55万くらい稼いでいる方がいます。

 

一日の大半を本業にあてているはずなので、「一体いつせどりの時間をとっているんだろう」と本当に頭が下がります。副業レベルで月30万なんて方は他にもざらにいます。

 

この数字は一切偽りではありません。こんな嘘ついて何のメリットもないですから(笑)ちなみに、僕が2017年の9月からせどりを始めたことはすでに書いた通りですが、初月から20万稼ぐことができました。

 

そこから右から上がりに収入が上がっていき、今では月70万ほどです。なので、せどりは稼げるだけではなく、即効性もあるということです。

 

アフィリエイトのように、3か月みっちり作業したにもかかわらず全然収益に結びつかない、と言ったことはまずありません。

 

アフィリエイトを否定している訳ではないですよ。アフィリエイトにはアフィリエイトのいい部分がたくさんありますので。

 

せどりとは何か?その根本を解説

 

数字の話が先走ってしまいましたが、「とにかくせどりは稼ぐことが出来てそれも即金性のあるビジネスだ」と言うことがご理解いただけたのではないかと思います。

 

では、せどりとはそもそも何なのか?どんなビジネスなのか?をここからは解説していきたいと思います。しかし、単純明快です。

 

「安く買って高く売る」

 

ただそれだけの話だからです。例えば、イトーヨーカドーで¥1500で売られていた商品がアマゾンで¥3000で売れるとしたら、イトーヨーカドーでその商品を仕入れてアマゾンで売れば¥1500儲かりますよね。

 

ただそれだけの話です。実際はアマゾンに手数料がとられるので¥1500よりも利益は少なくなってしまうのですが、それは今は置いておきます。

 

実例を出して紹介した方が早いと思うので、つい最近仕入れた商品を引き合いに出して、実際どんな風にせどりで稼げるのか、見ていきましょう。

 

例えば、下記の商品。

 

 

アマゾンで¥13480で売られています。しかし、西松屋や赤ちゃん本舗という店舗では、定価の¥3979で売られているのです。

 

単純計算で西松屋で仕入れてアマゾンで売れば、¥9501の儲けになります。しかし、アマゾンで商品を販売する場合は手数料がかかるため、実際は下記のようになります。

 

 

¥6481の利益です。アマゾン販売にも、アマゾン専用倉庫を使うFBAと使わない自己発送があり、この利益はほとんどの方が利用しているFBAを使った場合の利益です。

 

その辺はややこしいので別の記事でしっかり解説していきたいと思います。とにかく、西松屋でこの商品を仕入れてアマゾンで売れば、¥6481の利益になるということです。

 

僕はこの商品は8つしか仕入れることができませんでした。なので、¥51848の利益でしたが、同じチームの仲間は20個くらい仕入れることができたので、¥129620の利益です。

 

そんなうまい話があるのか?これだけで稼げるならみんな稼げるじゃないか?

 

それがあるんです(笑)だからこうしてせどりで稼げている人間が存在しているのです。みんな知らないだけ。ただ知らないだけ。それだけなんです。

 

この商品は人気があったにもかかわらず、製造中止になったため、店舗でどんどん手に入りにくくなっていき、ネット(アマゾン)に需要が集中したために、アマゾンの相場がどんどん上がっていったのです。

 

僕や仲間のせどらーは、実店舗に少なくなった在庫をおさえたのです。まだどこかの店舗に残っているかもしれませんので、見かけたらぜひアマゾンで売りさばいてください(笑)

 

せどりとは何?せどりの種類と方法。店舗せどりと電脳せどり

 

せどりとは何か?本当に単純明快ですが、これだけなんです。

 

①価格差のある商品を見つける

②安く買える方で商品を仕入れる

③高く売れる方で商品を売る

 

しかし、これは本当に極論なので、もう少し詳しくせどりとは何か?について解説していきたいと思います。せどりには大きく分けて、①店舗せどり②電脳せどり、の二種類があります。

 

せどりとは何?店舗せどりについて

 

ではまず、店舗せどりについて解説していきたいと思います。店舗せどりとは、実店舗で商品を仕入れてアマゾンやヤフオクやフリマサイトなどで売る手法のことです。

 

上記の例で出した商品も、西松屋で仕入れているので、店舗せどりになります。よくせどりで下記のような画像を目にすることがあると思いますが、言うまでもなく店舗せどりの画像です。

 

 

これは僕が2017年の10月に今の師匠に初めて店舗せどりの同行をしてもらった時の画像です。この時は2日間で見込み利益にして¥10万ほど仕入れることができました。

 

仕入れができる店舗は星の数ほど存在します。ハードオフやオフハウスなどのリサイクルショップ、ヤマダ電機やコジマ電気といった家電量販店、イオン、ツタヤ、ゲオ、オートバックス、etc。上げたらキリがありません。

 

せどりとは何?電脳せどりについて

 

一方、電脳せどりですが、電脳せどりは何かというと、ネットで仕入れてネットで売るせどりのことです。例えばですが、メルカリで仕入れてアマゾンで売る。逆にアマゾンで仕入れてメルカリで売る。などです。

 

ネットも販売箇所によって値段が違うので、この様なことが可能になります。アマゾンせどり(アマゾンで商品を売るせどり)が主流なので、販売個所はアマゾンの場合が多いです。

 

しかし、仕入れが出来るショップはそれこそ星の数ほど存在します。ヤフオク、メルカリ、ヤフーショップ、楽天市場、etc。

 

店舗せどりも電脳せどりもそれぞれ一長一短があります。

 

■店舗せどりのメリット

①すぐに仕入れ商品が手に入る
②利益率が高い商品が手に入る
③地域性があるので飽和しにくい

■店舗せどりのデメリット

①車がないと厳しい
②移動時間がかかる
③ガソリン代や高速代などの経費がかかる

 

■電脳せどりのメリット

①パソコン一つで仕入れることができる
②経費が少なくて済む

■電脳せどりのデメリット

①一般的に利益率が低い
②飽和しやすい(ライバルが集中するため)
③商品が届くまで時間がかかる

 

せどりとは何?Amazonせどりについて

 

特にAmazonを販売経路にしたせどりをAmazonせどりと言います。販売経路というのは、Amazonで売るということです。

 

店舗で仕入れようと、電脳で仕入れようと、Amazonで仕入れた商品を売っていたら、Amazonせどりと言えます。

 

ちなみに、僕の手法はAmazonせどりになります。Amazon以外で仕入れた商品を販売したのはほんの数回しかありません。それは、先ほど紹介したコミュニティメンバーも同じです。

 

つまり、僕が先ほど言った「即金性があり稼げるビジネスであるせどり」とは、Amazonせどりを指していると思っていただければ間違いありません。

 

下記の記事でAmazonせどりに関するより深い内容を紹介していますので、ぜひ参照してください→

 

>>Amazonせどりとは何か?初心者必見!!Amazonせどりを徹底解説!!

 

せどりとは何?せどりは簡単?むずかしい?

 

ここまで読まれたはせどりとは何か?について、何となくおおよそは理解していただけたのではないかと思います。そこで、次にあなたが思うことはこうじゃないでしょうか?

 

「せどりとは何か?はなんとなくわかった。しかし、果たして自分にもできるだろうか?

 

いかにせどりが稼げるビジネスで即金性があるビジネスだったとしても、むちゃくちゃ難しくて、ある一部の人にしか出来ないって言うんじゃ困りますよね?

 

そこで、せどりの難易度について少し書いていきたいと思います。果たしてせどりはどれくらい難しいのだろうか?僕は「レジ打ち」くらい難しいと思っています。

 

はい、レジ打ちくらいです(笑)つまり、コンビニや喫茶店でアルバイトができるレベルの人なら誰でもできると思います。

 

その証拠に、僕の今入っているせどりコミュニティの人で、せどりで一銭も稼げなかったという人は、ただの一人もいないからです。

 

今現在ではなく、過去において恐らく一人もいなかったと思います。辞めていった人も含めて恐らく過去100人位はコミュニティにいたと思います。

 

その中の一人として稼げない人はいなかったと思います。年齢も性別も学歴も趣味も皆さんそれぞれですが、例外なくみんな稼げています。

 

中には、せどりをはじめるまでパソコンすら触ったことがない、なんて人も同じチームでいました。そんな本当にゼロからスタートした人でさえ、初月から20万稼ぎ、その次の月には50万稼いだなんて人もいました。

 

中には少ない額しか稼げていない人もいますが、せどりで稼げるか稼げないかの違いは、「やるかやらないか」ただそれだけの違いです。

 

せどりであまり稼げてない人というのは、せどりにあてる時間が極端に少ない。ただそれだけの話です。

 

もしかしたら「せどりをやってみたけど全然稼げなかった」なんて情報をネットなどで見たことがある人もいるかもしれません。そんな人は、「間違ったやり方をしていた」ただそれだけの話です。

 

はっきり言います。せどりは誰でも稼げます。今このサイトを閲覧できる人間としての最低限の能力が備わっている人であれば、間違いありません。

 

せどりとは何?せどりをする上で必要なものとは?

 

せどりとは何か?

 

それは、誰でも簡単に時間さえかければそれなりの金額を稼ぐことのできる、即金性のあるビジネスです。ここまで読まれた方は、この様に理解されたのではないかと思います。

 

次に、せどりを実際に始めるには何が必要なのか?について少し書いていきたいと思います。

 

①パソコン

 

まず、最低限必要なものはパソコンになります。メルカリで販売する場合はスマホのみで行けるかもしれませんが、せどりといえば、多くの場合アマゾンせどり(アマゾンで販売するせどり)を指します。

 

その場合、最低限としてパソコンは必要になってきます。

 

②ネット環境

 

次にネット環境です。アマゾンを使うということは、ネットを使うということです。ヤフオクやメルカリでも同じです。

 

いう必要すらない当たり前のことかもしれませんが、ネット環境は当然のごとく必要になります。

 

③資金(クレジット枠)

 

そして何より、一番と言っていいくらい大切になってくるのが、この資金です。せどりというビジネスは、物販ビジネスです。つまり、先に商品を購入する必要があるということです。

 

※無在庫転売と言って空で商品を販売しておいて売れてから商品を購入する手法もあるにはありますが、これは特殊なケースです。

 

資金と言っても、現金である必要はありません。お金に余裕がある人というのは少ないでしょう。お金に余裕がある人ならそもそもこんなサイトは見ないでしょうから。。。

 

現金ではなく何なのか?クレジットカードでいいのです。つまり、クレジット枠です。ほとんどの場合、商品の仕入れはクレジットカードになります。

 

詳しくは別の記事に譲りたいと思いますが、せどりは資金がなくても、クレジット枠さえあれば出来るビジネスです。

 

ではいくらなのか?果たしていくらの資金があればせどりをやっていけるのか?

 

これは、一言では何とも言えません。なぜなら、人によってせどりで稼いでいきたい金額はまちまちだからです。月5万稼げればいいのか?月30万稼ぎたいのか?

 

これによっても資金額は変わってきます。当然、稼ぎたい額が多ければ多いほど資金も必要になります。また、取り扱うせどり手法によっても、必要資金が異なってきます。

 

それは、手法によって利益率も異なってくるからです。利益率とは、仕入れた額に対して何パーセント上乗せして商品を売ることができたか?といった値のことです。

 

簡単に言うと、¥1000仕入れで¥1500で売れる商品と、¥500仕入れで¥1500で売れる商品があったとします。

 

販売額は同じですが、利益は¥500と¥1000です。つまり、同じ額稼ごうと思ったら、2倍必要な資金が変わってくるのです。

 

せどり手法によってこの値はまちまちです。一般的には店舗せどりの方が電脳せどりと比べて利益率はいいです。なので、電脳せどりをメインで行っていく人は、店舗せどりを行う人よりも多めに資金が必要になってきます。

 

じゃあ、いくら資金が必要かは明確に示すことは出来ないのか?

 

そんなことはありません。次の計算式の額、資金を用意できればどんな手法を用いたとしても、大抵の場合は事足りるのではないかと思います。

 

月に稼ぎたい利益×10×2

 

です。つまり、月10万円稼ぎたいとすると、

 

10×10×2=200万円です。

 

月20万円稼ぎたいとすると、

 

20×10×2=400万円です。

 

もう一度言いますが、これは現金で持っている必要はなく、クレジット枠です。なぜこのような計算式になるか?については、下記の記事で詳しく説明してます→

 

>>せどりに資金はいくら必要か?初心者必見!!¥0でもせどりが出来る秘密を公開!!

 

せどりにおいて資金は命と言っても過言ではありませんので、ぜひ一読しといて頂けらばと思います。

 

④スマホ(店舗仕入れ)

 

今時スマホを持っていない人はあまりいないと思いますが、せどりをやるうえでスマホも重要になってきます。

 

と言っても、スマホが必要なのは多くの場合店舗仕入れです。店舗仕入れではスマホのアプリを用いて、仕入れできる商品を判断していきます。

 

電脳せどりの場合も、スマホがあれば、電車での移動中などにちょちょいとリサーチして利益の出る商品を仕入れることができます。

 

なので、店舗せどりをやる場合は必須ですが、電脳せどりをやっていく場合もあるに越したことはないでしょう。

 

⑤車(店舗せどり)

 

店舗せどりをやるなら車は必須になってきます。よく、「店舗せどりをやりたいのですが、車がなくてもできますか?」という質問を受けます。

 

答えとしては、車がなくても出来ないことはないです。実際僕もせどりを始めたばかりのころは車を所有していなくて、バイクで商品を仕入れたりしてました。

 

しかし、車があるのとないのとでは天と地ほどの違いです。実際バイクでは、ゲームソフトや化粧品などと、仕入れられる商品がかなり限定されてしまします。

 

店舗せどりをやるのであれば、車は絶対にあった方がいいといえます。それも、できる限り荷物がたくさん載る車のがベストです。

 

荷物があまり乗らない車だと、下手したら1,2件店舗を回っただけで。車がパンパンになってしまうでしょう。

 

⑥その他雑貨

 

①~⑤があれば、何不自由なく仕入れは出来るでしょう。それ以外に必要なものとして、商品を梱包して送る際、必要な資材が必要になって来ます。

 

例えば、下記のようなものです。

 

段ボール、新聞紙、ラベルシール、プリンタ、コピー用紙、oppテープ、ハサミ、のり、opp袋、ジッポオイル、etc

 

まあ、この辺は本格的にせどりを始める時に用意すればいいかと思います。

 

せどりとは何?せどりで失敗しないために超重要な事

 

せどりとは何か?何度も言いますが、それは、誰もが簡単にできて、ある程度の資金を稼ぐことのできる夢のようなビジネスです。

 

しかし、こんな簡単なビジネスでありながら、中には取り返しのつかない失敗をしてしまう方もいるようです。僕の周りではこのような失敗をした人は見たことがありません。

 

そんな失敗をしてしまわないためにも、これから次に書くことはよーく肝に銘じておいていただきたいと思います。

 

では、その失敗とは何か?それはずばり、仕入れた商品が売れなくてクレジットの引き落としに現金が足りなくなることです。

 

売れる見込みのある商品しか仕入れてはいけない

 

仮の話ですが、手持ちの現金(貯金)が20万円だったとします。そして鼻息荒く「せどりで稼ぐぞ~」と言って、クレジット枠パンパンの150万円を仕入れにつぎ込んだとします。

 

ですが、クレジットの引き落としまでに仕入れた商品が一つも売れなかったらどうでしょう?20万円しか手持ちがないにもかかわらず、150万円のクレジットの返済をしなければならないのです。

 

これは極端な例ですが、この様なケースでせどりからの撤退をやむなくされてしまった方も、中にはいるようです。

 

せどりで一番重要なことを今から言います。それは、

 

キャッシュフロー(資金繰り)

 

です。

 

キャッシュフローとは、

 

①商品を仕入れる→②商品が売れる→③商品の売り上げ額から仕入れ額が引き落とされる→④利益が残る

 

この一連の流れが滞りなく流れている状態です。これが健全なせどりの状態です。つまり、最低でも仕入れからクレジットの引き落としに間に合うように仕入れた商品が売れてくれなければ困るわけです。

 

キャッシュフローはせどりをやるうえで超重要になってきますので、ぜひ下記の記事も参照して下さい→

 

>>せどりはキャッシュフロー(資金繰り)をミスると即「詰み」!!初心者必見!!

 

もちろん、資金に余裕のある人であれば、正確にこのサイクルを守る必要はありません。ですが、これからせどりを始めようとする人であれば、せどりに慣れるまでは必ず守るようにするべきだと僕は思います。

 

クレジットというのは大抵が月末締めの翌月25日引き落としとかです。なので、仮に9/1に商品を仕入れたのであれば、10/24までに売れる必要があるので、約55日の間に売れる必要があります。

 

9/30に商品を仕入れたのであれば、10/24まで24日しかありません。このように月初と月末でキャッシュフローを調整する必要もある訳です。

 

しかし、ここまで読まれたあなたはこう思うかもしれません。

 

仕入れた商品がどれくらいの期間で売れるかなんて分かりっこないじゃん?

 

と。

 

それが、わかるのです。モノレートというツールを使えば。

 

モノレート→https://mnrate.com/

 

詳しくはモノレートの記事に譲りたいと思いますが、モノレートでは、相場の動き、商品の回転(月何個売れてるか)、出品者の数、などなどを知ることが出来ます。

 

なので、商品を仕入れる際はこのモノレートをよーくみて、回転、相場、出品者数、などなどをチェックして、ほぼ確実にクレジットの引き落としに間に合うように売れるだろう、と判断できる商品を仕入れるわけです。

 

間違っても、利益が出るからと言って、売れない商品を仕入れてはいけません。

 

ここら辺の部分がせどりをやるうえでの胆になってくる訳です。モノレートの情報は正しく読み解けばほぼ正確です。

 

だからこそ、僕も含めた多くのせどらーが今までやってこれているといえるでしょう。こういうと難しく聞こえるかもしれませんが、すでに書いた通り、せどりの難易度は「レジ打ち」レベルですので、安心してください(笑)

 

せどりとは何か?実際にせどりをやってみよう!!

 

せどりとは何か?ここまで読んでくださった方は、何となく理解していただけたのではないでしょうか?しかし、百聞は一見にしかず。

 

情報を手にしただけと、実際にやってみるのとでは、天と地ほどの違いがあります。なので、もしもあなたにその気があるならば、下記に説明する方法で、実際にせどりを体験してみてください。

 

アマゾン販売はアカウントを作るのにそこそこ労力がいるので、ここではメルカリを使います。メルカリはスマホさえあれば誰でも簡単にできます。

 

メルカリアカウントをお持ちでない方は、まずはメルカリのアカウントを作ってください。

 

メルカリに登録したら、「大麦若葉青汁」と検索して下さい。すると下記の商品がヒットするかと思います。

 

 

今現段階では、¥2800~¥3300で売れています。

 

同じ商品がもしも、この相場よりも安く売られていたら、そこから商品を仕入れて、メルカリで販売すれば利益を出すことが出来るわけです。

 

次にグーグル検索で「青汁」と打ち込んでください。

 

すると一番上に同じ商品が出てきます。

 

 

よく見ると、初回のみ¥980+税、¥1058で購入できることが分かります。

 

二つの商品が本当に同一かをよーく確認して、確認が取れたら、¥1058で購入してメルカリで販売すれば¥2000ほどの利益を得ることが出来るわけです。

 

ぜひやってみてください^^

 

まとめ

 

今回は、せどりとは何か?について解説してきました。最後に重要な事を一つお伝えしたいと思います。もしもあなたが本気でせどりで収益を得ていきたいと考えるのであれば、必ず最初は誰かに習う様にしてください。

 

「自己流は事故る」とよく言いますが、これは真実です。僕が初月から¥20の利益をたたき出すことが出来、今では安定して¥70万くらいはせどりで稼げているのも、僕所属するコミュニティの人達全員が例外なく稼げているのも、実力のある指導者からの指導があるからです。

 

僕よりも優れたせどらーは数多くいるでしょう。しかし、もしも僕の主催する「¥0せどり同行ツアー」に申し込んでいただければ、ノーリスクで僕のせどりのノウハウをあますところなくお伝えさせていただきます。

 

もしもいきなり申し込むのが不安な方はどんな質問も受け付けていますので、まずは気になる点をご質問いただければと思います。

 

また、無料の電話相談も行っていますので、直接電話(スカイプもしくはライン電話)で聞いていただくのもありです。

 

もちろん、僕よりもはるかに優れた指導者に教わるのもいいでしょう。しかし、この手の詐欺は沢山いますので、ぜひ慎重に先生を選んでください。

 

 

 

それでは(^^)/

 

スポンサードリンク